使うべきではない『洗濯機』6選

洗濯機が壊れている時の症状とは?

ご家庭で使っている洗濯機の調子が悪いと感じていませんか。もしかすると、洗濯機が壊れる前兆かもしれません。洗濯機は壊れてしまうとトラブルを起こす恐れもあるため、早めの買い換えが重要です。今回は、洗濯機が壊れている時のサインを紹介します。

毎日使う『洗濯機』…なんだか最近調子が悪い?

洗濯機

毎日、多くの物を洗濯するために使用する洗濯機。世帯人数が多くなればなるほど、1日に1回ではなく、複数回、回さなければいけないこともありますよね。それくらい、洗濯機は家電の中でも重宝されている家電です。

しかし、何年か使っていると、徐々に洗濯機の調子が悪いと感じる事はありませんか。もしかすると、ご自宅の洗濯機はすでに寿命なのかもしれません。

洗濯機の寿命は回数で決まる!その回数は約2500回

洗濯機の寿命が何年くらいかご存知でしょうか。実は、洗濯機の寿命は使った回数によって、寿命年数が異なります。一般的に、洗濯機は、約2500回稼働すると寿命になると言われていて、この数字は、1日1回稼働することを目安とした場合、約6~8年とされています。

そのため、実際に洗濯機は約7~8年で不具合が生じたり、故障してしまったりすることが多く、このあたりの年数が買い換え時の目安となります。

しかし、丁寧に使っている場合や、1日2回など多めに回しているご家庭の場合は、長持ちしたり、反対に目安となる稼働数約2500回に早く達してしまうため、寿命が短くなったりします。

洗濯機がすぐ壊れる…原因は?

洗濯機が壊れる原因

一般的に、1日1回稼働させた洗濯機は、約6~8年で寿命を迎えます。しかし、1日1回しか回していないにもかかわらず、6年よりも早く不具合が頻繁に生じるようになった場合は、以下のようなNG行為を繰り返していることが問題です。

  • 入れている洗濯物の量が多すぎる
  • 洗剤を規定量以上入れている
  • 洗濯が終わっても元栓を開けっ放し

意外とやりがちな3つの行為ですが、どれも洗濯機に負荷をかけすぎてしまったり、カビを繁殖させて故障の原因を作ったりする行為です。こうした小さな原因が積み重なることで、寿命を縮めてしまう恐れがあるため、このような行為は見直しましょう。

洗濯機が壊れている時のサイン6選

では、洗濯機の買い換え時を知らせるサインには、どのような症状があげられるのでしょうか。すでに壊れている場合や、壊れる前兆などを紹介するので、以下のようなサインが現われている場合は、早急に買い換えを検討しましょう。

1.頻繁に稼働している最中に停止する

最近、洗濯機を稼働させると、稼働最中に停止してしまうことが頻繁にありませんか。単純に理由がわかるエラーであれば、操作方法通りに再稼働させることで洗濯ができますが、もしもエラー原因を改善したにもかかわらず、エラーが解消されていない場合は、故障の可能性があります。

すでに7~8年経過している洗濯機の場合は、新しい洗濯機への買い換えを検討し、まだ数年しか経っていないようであれば、メーカーに問い合わせ、確認してもらいましょう。

2.異音がする

「ガタガタッ」と大きな異音がする場合も要注意です。洗濯物の中に洗濯できない物(部品やおもちゃなど)が混ざっている場合もありますが、洗濯できない物が混ざっていない場合は、洗濯機内部の部品が外れてしまっているなど、不具合が生じている可能性が疑われます。

商品によってはメーカー側で修理してくれることもありますが、すでに年数が経っている洗濯機の場合、その部品の在庫が少ないことから、修理費が高額になることが多いです。そうなると、新しい洗濯機を購入してしまった方が良いこともあります。

3.焦げたような異臭を放つ

異臭を放つ

焦げたような異臭を放っている場合も、要注意です。内部で不具合が生じている可能性が考えられるため、危険です。すぐにメーカーに問い合わせし、適切な対応を尋ねましょう。また、焦げた臭いを発している洗濯機は、危険な状態なので、そのまま使い続けることは控えてください。

4.脱水ができなくなる

洗濯機の脱水機能が使用できないと、洗濯を終わらせることができません。一般的に、脱水ができないときの原因として、排水口や排水ホースが詰まっている可能性が考えられます。

また、大量の洗濯物を一度に洗濯し、洗濯機の中で重心が傾いてしまった場合も、エラーが生じて脱水できないこともあります。

こうした原因に心当たりがなく、脱水ができない場合は、故障の可能性が非常に高いです。まずはメーカーに問い合わせて見てもらい、故障している場合は買い換えましょう。

5.電源プラグやコード部分が熱くなっている

プラグが熱くなっている時は注意

洗濯機の電源プラグやコードを確認することはありますか。意外とあまり気にしない部分ではありますが、電源プラグやコードの部分が熱くなっている場合は、非常に危険です。

そのまま放置していると、コード部分から火花が飛び散るなどのトラブルが生じ、火災に発展する恐れもあります。「少しすれば直るだろう」と軽く見ず、できるだけ早めに買い換えを検討してください。

商品によっては、メーカーに電源プラグの部分を交換してくれることもあります。洗濯機の年数が経っていない場合は、メーカーに問い合わせて交換が可能かどうかを確認してみましょう。

6.水漏れが起こる

水漏れしている

洗濯機から水漏れが発生すると、非常に厄介です。自分では直すことが難しいため、すぐにメーカーに問い合わせて、修理してもらう必要があります。

しかし、こちらも洗濯機の商品によっては、年数が経過しているために部品が不足している可能性も考えられます。また、経年劣化が原因であることも多いため、その場合は新しい洗濯機に換えることも検討しましょう。

サインが現われたらすぐに修理依頼 or 買い換えて!

今回は、洗濯機の寿命や壊れている時のサインを紹介してきましたが、いかがでしたか。このようなサインが現われたら、故障している可能性が極めて高いので、修理依頼をするか、買い換えを検討しましょう。

洗濯機が壊れている時の症状とは?

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる