部屋の乾燥対策6選!簡単にできる加湿方法

冬になると気になるのが空気の乾燥です。エアコンを使うことで、室内はさらに乾燥しますよね。そして、部屋が乾燥することで、肌荒れなどさまざまなリスクが発生します。加湿器などで乾燥対策ができれば何よりですが、家じゅうの各部屋すべてに加湿器を置くことは難しいですよね。そこで、加湿器を使わなくても、簡易的に乾燥対策ができる方法をご紹介します。参考にしてみて下さい!

部屋の湿度の目安

部屋の湿度計

部屋の中の室内が快適になる湿度の目安は40~60%と言われています。湿度が高すぎたり、60%以上になったりすると、ダニやカビが繁殖しやすい環境になってしまうため、高すぎもいけませんが、空気の乾燥には様々なリスクがありますので注意しましょう。

乾燥することで起こるリスク

マスクを付けている女性

インフルエンザや風邪

部屋の空気が乾燥すればするほど、風邪やインフルエンザのウィルスは活発化します。さらに鼻や喉の粘膜の乾燥で、そこから体内にウィルスが侵入してしまいます。湿度40%をきると、ウィルス感染しやすくなると言われています。

肌トラブル

部屋の空気が乾燥することで、肌表面に含まれている水分がどんどん蒸発して、体内の水分が奪われます。そして肌のターンオーバーに必要な水分がなくなることで、肌荒れが起きて乾燥によりシミやシワの原因となります。

脱水症状

体の中には多くの水分が含まれていますが、汗をかかなくてもその水分は蒸発していきます。乾燥している空気によって、体内の水分が奪われ、寒い冬の季節でも脱水症状になることもあります。

火事が起きやすい

乾燥している状態とは、空気中の水分が少なることなので、火がつきやすくなっているため、火事が起きやすくなります。注意しましょう。

部屋が乾燥しているか確認する方法

水の入ったコップ

氷水を入れたガラスのコップを置きます。コップの周囲にすぐに水滴がつくようであれば、比較的過ごしやすい湿度ですが、2、3分しても水滴がつかないようであれば、部屋は乾燥していると考えられます。

顔や指先がカサカサしたり、突っ張るような感じになったり、髪をとかしたときにパチパチっと静電気を感じると、肌や髪だけでなく、部屋も乾燥しているというサインです。テレビやパソコンなどの電化製品にホコリがつきやすくなると、乾燥状態が考えられます。

部屋の乾燥対策6選

部屋干し

①濡れタオルや洗濯物を室内干しする

濡れたタオルや洗濯物を部屋に置いておくと、乾くときの水分蒸発によって、空気中の乾燥を簡易的に加湿できます。洗濯物を室内干しする場合は、日の当たる窓側に干したり、部屋干し用の抗菌洗剤を使用したりすると良いでしょう。濡れたタオルを干す場合は、水滴が落ちない程度にゆるめに絞ったタオルを、ハンガーなどを使って室内に干します。

②水を入れたコップや洗面器を部屋に置く

部屋全体の加湿には不十分ですが、人がいる近くに水の入ったコップや洗面器を置くと、簡易的な乾燥対策になります。水を入れた表面から、水分が空気中に放出されていくことで、加湿されるので、表面積が広ければより効果は期待できます。

③観葉植物を室内に置く

観葉植物を部屋に置くことで、根から吸い上げた水分が、葉の表面から空気に蒸発され、空気中の水分が多くなることで乾燥対策になります。葉の表面積が大きければ、その分、水分が空気中に放出されるため、大きめの葉の観葉植物を置くのがおすすめです。

④霧吹きで水をスプレーする

霧吹きで水やルームミストを部屋の中、全体にスプレーする方法は、手軽にできるのでおすすめです。精製水にラベンダーやミントなどの精油を加えても良いでしょう。カーテンやソファなど布製品にスプレーすることで、さらに加湿が期待できます。

⑤浴室の扉を開放しておく

浴槽に水をはった状態で、浴室の扉を開けっ放しにすることも乾燥対策となります。ただし、湿度が上がり過ぎて、カビの発生の原因となることもありますので、浴槽に水をはった状態での扉の開けっ放しは、時間を短めにしましょう。

⑥フローリングを水拭きする

フローリングを濡れた雑巾で水拭きすると、床に残った水分が蒸発して、乾燥対策となります。同時にホコリも取り除かれることで、ウィルス対策にも効果的です。

まとめ

湿度計

乾燥は肌荒れの原因や風邪やウィルスに感染しやすくなるので、健康のためにもしっかりと乾燥対策を行いたいですね。各部屋すべてに加湿器を置くことは、大変だったりするので、加湿器を使わない乾燥対策で、適度な加湿を保てるようにしてみましょう。ただし、加湿のやり過ぎはカビの発生原因にもなるので、その点だけは、気を付けながら行ってくださいね。

湿度計