網戸の交換費用はいくら?業者の依頼相場から、DIYした場合にかかる費用まで

網戸の網の交換

網戸を長年使っていると、どうしても網戸の網がたるんだり穴が開いたりしてしまいます。そのままの状態で夏を迎えると、すき間から小さな虫や蚊が入ってきて大変なことに。しかし、網戸の交換がしたくても、費用がどのくらいかかるのかピンときませんよね。そこで今回は、網戸の交換を業者に依頼した際の費用の相場やDIYの方法、DIYした場合にかかる費用などについて、詳しく解説します。

網戸の交換費用はいくら?

破れた網戸の網

網戸の網部分のみを交換する場合、かかる費用の目安は1,000~3,000円ほど。網だけでなくフレームごと交換するとなると、数万円程度かかると考えていいでしょう。

ただし交換方法や網のサイズ、素材によっては、交換費用が高くなります。網戸の交換にはどのような方法があるのか、詳しく見てみましょう。

網戸を交換する方法は2通り

網戸の交換をしたい場合、専門の業者に依頼するか、自分で張り替えるかの2通りから選ぶことができます。

自分で交換する場合は、部品や道具さえ揃えれば、修理費やそのほかの手数料がかからないためお得です。その代わり、DIYが苦手な方にとって、少々手間がかかることは心得ておきましょう。

《 ポイント 》

  • 網のみの交換費用は1,000~3,000円!
  • 網戸の交換方法は専門業者に依頼するかDIYするかの2通り

賃貸の場合は自分で取り換えられない場合もある

分譲マンションなら、網戸の交換をしたいときに業者に頼むのもDIYするのも自由です。

一方、賃貸マンションやアパート、一戸建ての賃貸住宅に住んでいる方は、網戸の交換をする前に管理会社か大家さんに問い合わせておくことが間違いありません。

ほとんどの賃貸物件の場合、網戸を補修するのは借主側の義務です。しかし、網戸交換の作業中に、壁や床などを破損する恐れもあります。

まれに、貸主側が網戸交換費用を負担してくれるケースもあるので、賃貸借契約書をチェックしてみてください。

また、入居した時点で網戸が破損している場合は、貸主側に補修する義務があります。後々のトラブルになりかねないので、なるべく早い段階で管理会社に報告しておきましょう。

《 ポイント 》

  • 賃貸物件に住んでいる方は、網戸の交換の前に管理会社か大家さんに連絡しよう

業者に依頼する場合にかかる費用の相場

網戸のサッシから外れた網

業者に依頼すれば、手を煩わせることなく完璧に網戸を交換することができます。業者に網戸交換を依頼した際の費用の相場についてまとめました。

大きさごとの張り替え費用

窓のサイズが大きいほど、修理費用は高くなります。網戸のサイズ別張り替え費用の目安は、以下のとおりです。

  • 小窓(サイズ/幅約45cm × 高さ約45cm):1,000~1,500円
  • 中窓(サイズ/幅約95cm × 高さ約140cm):2,500円前後
  • 掃き出し窓(サイズ/幅約95cm × 高さ約190cm):3,500円前後
  • 網戸ごと交換する場合:20,000~30,000円

網だけの交換なら、そこまで高い費用はかかりません。業者によって費用が多少変わるので、依頼する前に複数の業者から見積もりを取っておくといいでしょう。

《 ポイント 》

  • 網戸の張り替え費用は、サイズによって異なる
  • 小窓は1,000~1,500円、中窓は2,500円前後、大窓は3,500円前後

網戸の部品と交換費用

長年網戸を使い続けると、網以外の部分も劣化します。網戸の部品別の交換費用の目安は、以下のとおりです。

  • 戸車:5,000~20,000円
  • サッシ:数万円~25万円
  • モヘア:1mあたり約150円

サッシにはアルミ製や樹脂製、木製があり、グレードによって金額が変わるので、交換前に業者に細かく聞いておきましょう。

モヘアとは、網戸を閉めたときに窓との間にできる隙間を埋める、フワフワした部分です。この部分が劣化すると、網戸を閉めても虫が入ってきてしまいます。

気になる方は、一度モヘア部分を確認してみてください。

《 ポイント 》

  • 戸車は5,000~20,000円、サッシは数万円~25万円、モヘアは1mあたり150円ほど

ホームセンターで網戸の修理依頼ができるお店もある

ホームセンターのカインズホームやコメリに、網戸の張り替えを依頼することができます。カインズホームに網戸の網の張り替えを依頼した場合の費用を紹介するので、参考にしてみてください。

<店舗に持ち込んだ場合(税込)>

~90cm ~150cm
高さ ~90cm 2,980円 4,480円
~180cm 3,380円 5,080円
~240cm 4,080円 8,480円

<自宅まで引き取りに来てもらう場合(税込)>

~90cm ~150cm
高さ ~90cm 3,580円 5,380円
~180cm 3,980円 5,980円
~240cm 4,780円 9,980円

※ゴム交換費込み

参考:カインズホーム 公式サイト
http://www.cainz.co.jp/reform/interior/japanese_room/screendoor.html

網目は20メッシュか26メッシュ、網の色はブラックかグレーのいずれかを選べます。また、網戸4枚以上で5%割引、10枚以上で10%の割引が適用されるので、一度にまとめて依頼したほうがお得ですね。

自分の住む町のホームセンターに依頼する際は、事前に電話で問い合わせておきましょう。

《 ポイント 》

  • カインズホームやコメリで網戸の修理依頼ができる!

自分でDIYする場合にかかる費用の相場

網戸の網を張り替える女性

材料と道具さえあれば、網戸は自分でも張り替えることができます。業者に依頼した場合の修理費用がもったいない…という方は、DIYしてみてはいかがでしょうか。

網戸の交換をDIYした場合にかかる費用について、詳しく見てみましょう。

張り替えに必要なものと費用

張り替えに必要な部品と道具は、以下の5つです。ホームセンターですべて揃います。それぞれの費用の相場をまとめました。

  • 張り替え用網戸ネット(30mロール):2,000~20,000円
  • 網戸固定用ゴム:100~800円
  • 網押さえ用ローラー:100~1,000円
  • 網戸用カッター:200~500円
  • クリップ:300~500円
  • 合計・・・約3,000~10,000円

上記の部品と道具があれば、大きめサイズ5~6枚分の網戸の網を張り替えられるはずです。張り替え用の網戸ネットは、目の細かさや材質によって金額が変わります。

虫の侵入を防ぐなら、網目は24メッシュ以上のものがおすすめ。網はほとんどの場合、ロール状で販売されています。

網の素材は、主に以下の4種類。

網の素材と特徴

  • ポリプロピレン(PP):低価格、寿命は5~10年ほど、DIY向き
  • ポリエステル:ポリプロピレンよりも強度がある
  • グラスファイバー:熱や日光による劣化が少ない
  • ステンレス:高価格、破れにくく強度&耐久性が抜群

ステンレス製の網の場合、30mロールで50,000円以上するものもありますが、穴が開きにくく非常に長持ちします。素材ごとの特徴を押さえたうえで、自分の家に合った網を選んでください。

クリップは、網戸専用ではなくてもOK。網をフレームに固定させるときに使うので、しっかり挟めるクリップなら100円ショップなどで販売されているもので十分です。

ほかにも、以下のものを準備しておくと作業がスムーズに進みます。

  • 古新聞
  • 軍手
  • 古い毛布やタオルケットなど
  • 雑巾
  • 古い歯ブラシ
  • ハサミ
  • ドライバー

ドライバーは、網戸を外す際に「外れ止め防止用ネジ」を緩めるときに使います。

《 ポイント 》

  • 網戸の張り替えをDIYする際に必要な部品や道具の費用は、だいたい3,000~10,000円

網戸の張り替え方法

網戸を張り替える前に、必要な部品や道具が揃っているかどうか確認しておきましょう。また、窓枠から網戸を外して運ぶ際は、壁などにぶつけないように気をつけてくださいね。

床に古い毛布やタオルケットなどを敷き、新聞紙を敷いたら準備OKです。

手順1. 古い網をフレームから外す

網戸固定用ゴムが表面になるようにして、網戸を新聞紙の上に置きます。 まず網戸固定用ゴムを外してから、古い網を剥がしましょう。

手順2. フレームをきれいに掃除する

雑巾や歯ブラシで、フレームについたホコリや溝に詰まった汚れをきれいに除去します。

手順3. 網をフレームから少しはみ出すくらいの大きさにカットする

新しい網の4辺がフレームの辺と平行になるようにして、フレームの上に置きましょう。フレームより少し大きめに網をカットし、網とフレームがズレないようにクリップで挟み固定します。

手順4. 網戸固定用ゴムをカットする

網戸固定用ゴムを、先ほど外した古いゴムよりも10cm程度長めにカットしてください。

手順5. 網押さえ用ローラーを使って網戸固定用ゴムと網をフレームの溝にはめ込む

網をほどよくピンと張りながら、長辺から順番に網戸固定用ゴムをはめ込んでいきます。

網がたるんだりシワができたりしないように注意しながら、網押さえ用ローラーで網と網戸固定用ゴムをギュッと溝に入れこむようにしましょう。

網戸固定用ゴムの出だしは、5cmほど余らせておきましょう。最後の部分は、はじめに余らせておいたゴムをはめてから、ぴったり合うように調節してカットします。

手順6. はみ出た網をカットしたら完成!

はみ出た網の端をハサミで少しだけ切り、網戸固定用ゴムとフレームの溝付近の網はカッターを使って切りましょう。溝に沿わせるようにして、カッターを滑らせてくださいね。

ほつれた網もきれいに処理して完成です。

網戸固定用ゴムを入れ込むときに網をピンと張りすぎると、網戸固定用ゴムが溝の奥まで入りにくくなります。力加減に注意しながら、網戸の張り替えをおこないましょう。

《 ポイント 》

  • DIYで網戸を張り替えるときのポイントは、網をピンと張りすぎないこと!

まとめ:網戸を交換して虫の侵入を防ごう!

きれいな網戸

暖かい季節に窓を開けて網戸にすると、風が通って気持ちがいいものです。しかし、網戸に穴が開いていたりすき間があったりすると、小さな虫や蚊が入ってしまい台無しですよね。

網戸をメンテナンスしたことがない、という方は、一度チェックしてみましょう。もし交換が必要なら、早めに対処してくださいね。網の交換だけなら、そこまで費用は高くありません。時間がたっぷりある方は、DIYにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
網戸の網の交換

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる