エタノールは掃除で超便利に使える!活用法と注意したいこと

エタノールは家中の掃除に使うことができてとっても便利です。除菌をするだけがエタノールの使い方ではありません。エタノールを活用することで普段の掃除も念入りの掃除も、もっと楽に清潔にすることができます。エタノールの活用法、エタノールの種類、エタノールを使用する際の注意点、エタノールで掃除してはいけない場所などご紹介します。

エタノールを掃除で活用する方法5つ

ドアノブを掃除する

①ドアノブや電気のスイッチの掃除

ドアノブや電気のスイッチなどには手垢や菌がいっぱい。毎日家族みんなが触れる場所なので常に清潔にしておきたいですよね。私はドアノブや電気のスイッチを掃除するための小さなタオルを数枚用意しているのですが、タオルにシュッとエタノールを吹きかけて拭き掃除をするようにしています。できることなら毎日掃除したい場所ですよね。

②冷蔵庫の掃除

冷蔵庫の中を掃除する女性

冷蔵庫の掃除には、冷蔵庫の表面や取っ手などの外部、冷凍庫や野菜室などの内部にエタノールを使用することができます。取っ手には手垢や菌がいっぱいですので毎日でも掃除したい場所です。内部には食品がこぼれた汚れもありますし、ゴムパッキンにはカビが生えてしまっていることもあります。エタノールを使って掃除することで除菌にもなりますし、カビの発生を抑制することもできます。

③窓の掃除

窓を掃除する

窓の周りはカビが発生しやすいですよね。結露などによって湿気がたまりやすいからです。窓の掃除の最後にエタノールでサッと拭き掃除をしておくと、カビの発生を抑制することができます。とくにカビが発生しやすいゴムパッキンにはエタノールを直接吹きかけても良いと思います。

④キッチンの油汚れの掃除

IHコンロを掃除する

コンロ周りなど油汚れでベタベタになってしまわないために、調理をした後の掃除にエタノールを使用してサッと拭き掃除をするのがおすすめです。また、調理をした後の調理台、食事をした後のダイニングテーブルの拭き掃除にもエタノールを使用すると除菌することができて便利です。エタノールは引火性のある液体なので調理中には使用しないでください。

⑤洗面所やお風呂の掃除

グリーンが飾られた洗面所

洗面所やお風呂はカビが発生しやすい場所ですよね。洗面所やお風呂の掃除の仕上げにエタノールを使用するのがおすすめです。お風呂のカビが発生しやすい部分にエタノールを吹きかけておくだけでもカビの発生を抑制することができます。

私は手が届きにくいお風呂の天井には毎日エタノールを吹きかけておくようにしています。カビが発生しにくくなり、天井を掃除する頻度が少なくなったので掃除時間の時短にもなって便利です。

エタノールの種類

ボトルを押す手

エタノールには主に2つの種類があります。

  • 消毒用エタノール
  • 無水エタノール

みなさんがよくご存知なのは消毒用エタノールの方なのではないでしょうか。消毒用エタノールも無水エタノールも同じアルコールの種類です。違いはエタノールの「濃度」にあります。

  • 消毒用エタノールの濃度:76.9%~81.4%
  • 無水エタノールの濃度:99.5%

濃度だけを考えると無水エタノールの方が良いのではないかと感じますが、無水エタノールは揮発性が高いため、使用してすぐに揮発してしまいます。そのため、除菌効果を持続させることができません。掃除にエタノールを使用したいのであれば、濃度は低いけれど除菌効果が長く続く消毒用エタノールの方がおすすめです。

エタノールを掃除で使用する際の注意点

スマートフォンの画面を拭く

電子機器の掃除

電子機器の掃除にエタノールを使用する際には、無水エタノールを使用するようにしましょう。電子機器は水を苦手としていますから、消毒用エタノールを使用して掃除することで故障の原因となってしまうことがあります。無水エタノールは揮発性が高く、使用してすぐに揮発してしまうことから電子機器の掃除にも使用しやすいです。テレビ・パソコン・スマートフォンなどの掃除や除菌に便利です。

エタノールで掃除してはいけない場所

ワックスが塗装されているフローリング

  • 火気のある場所
  • 革製品
  • スチロール製品
  • ニスが塗装されている家具
  • ワックスが塗装されているフローリング

このような場所はエタノールを使用して掃除することができません。揮発性が高い無水エタノールであっても使用することはできません。家具やフローリンはニスやワックスの光沢が失われてしまったり、剥がれてしまったりすることがあります。

まとめ

スプレーと掃除

除菌効果の高いエタノールですが、全てのウイルスや菌を取り除くことができるわけではありません。消毒用エタノールと無水エタノールを使い分けて掃除するのも良いですし、エタノールで掃除してはいけない場所を把握した上で活用してみましょう。