スマホの充電ケーブルが壊れやすくなるNG行為5選

配線が見えてしまっている場合は要注意

まだ購入して1年も経っていないのに、スマホが充電できない…。その場合は、スマホの充電ケーブルにトラブルが生じている可能性があります。スマホの充電ケーブルは、使い方によってすぐに壊れてしまうことも多いのです。そこで、今回はスマホの充電ケーブルが壊れやすくなるNG行為をご紹介します。

スマホが充電できない…原因は充電ケーブルの故障かも?

充電ケーブルが原因かも?

スマホを充電しようとしたら、充電ケーブルに繋いでもなぜか充電されない…。このようなトラブルはよく起こりますよね。「もしかしてスマホがダメになってしまったのでは?」と心配になりますが、充電できない主な原因は、スマホの充電ケーブル側にあります。

スマホの充電ケーブルは劣化しやすい

スマホの充電ケーブルは非常に脆いため、劣化しやすいです。おもな劣化原因は、断線です。ケーブルのカバーの内側で、断線が起きてしまうことで、スマホまで電気を通すことができなくなっているのです。

とても繊細な製品なので、使い手のちょっとした不用意な行動によって、簡単に断線してしまうのが充電ケーブルです。今回は、そんなスマホの充電ケーブルが壊れやすくなるNG行為をご紹介していきます。

スマホの充電ケーブルが壊れやすくなるNG行為6選

スマホが充電できない主な原因は、スマホ自体ではなく、スマホの充電ケーブルにある事が多いです。壊れやすい充電ケーブルですが、丁寧に扱えうことで、もちろん長持ちします。ここでは、スマホの充電ケーブルが壊れやすくなる具体的なNG行為を6つご紹介していきます。

1.充電しながらスマホを使う

充電しながらはNG

充電しながらスマホを使う行為は、スマホの充電ケーブルだけでなく、スマホ自体にも大きな負担をかけています。スマホに大きな負担をかけることで、より多くの電力が必要となり、その電気を送り出す充電ケーブルにも負担がかかり、壊れやすくなります。

2.接続部分を硬い素材の物で掃除する

スマホに繋ぐ接続部分が汚れていると、充電できないなどの不具合が生じます。そのため、定期的に確認し、汚れているようであれば、軽く掃除してあげることも大切です。

しかし、充電ケーブルの接続部分は、とても繊細です。硬い素材の物で拭き掃除してしまうと、接続部分が傷つき、壊れやすくなってしまいます。

最も良い掃除方法は、ブロアーを使用する方法です。一般的に、カメラについた埃を取り除くために、軽い風を送る簡易的な商品を指します。エアダスターも推奨されていますが、エアダスターでは威力が強く、接続部分の内部を傷つけてしまう恐れがあるため、カメラ用の小型ブロアーがおすすめです。

3.ケーブル部分を曲げる

ケーブルを曲げるのもNG

充電ケーブルは簡単に断線してしまいます。断線の主な理由は、ケーブル部分を曲げることにあります。日常的に充電器を使っていると、ケーブルが曲がってしまうことは頻繁にあります。しかし、この習慣が充電ケーブルの破損に繋がっているのです。

特に、就寝時にスマホを充電しながらいじっている場合は、要注意です。充電しながら使うというNG行為をすでに行っている上、横になりながらスマホをいじることで、スマホに繋がっている充電ケーブル部分が曲がっていることが多いからです。

この使い方は、充電ケーブルとスマホの両方に負担をかける行為です。なるべく控えるようにしましょう。

4.必要以上に長いケーブルを使う

長すぎるケーブルもNG

皆さんの持っている充電ケーブルは、どのくらいの長さでしょうか。意味も無く「長い方が便利」と必要以上に長いケーブルを購入してはいませんか。

必要以上に長いケーブルを使っていると、充電する際、必然的にケーブル部分が曲がってしまいます。そのため、断線を起こしやすくなってしまうのです。

自身がどこで充電することが多いかを考え、必要以上に長い充電ケーブルは選ばず、最適な長さの充電ケーブルを選ぶようにしましょう。

5.無理矢理引っ張ったり引っかけてしまう

充電ケーブルをコンセントの穴に差し込んだまま、強引に引っ張って取り外そうとしたり、充電中の充電ケーブルに足を引っかけてしまったりすることはありませんか。これも充電ケーブルに大きなダメージを与える行為です。

断線しやすいことはもちろん、コンセント部分を持たずに、ケーブルから引っ張ってしまうことで、火災が起きやすくなります。非常に危険なので、このような行為は今後やめましょう。

6.バッグの中へ雑にしまい込む

雑な扱いはNG

最近では、携帯型バッテリーが多く販売されるようになりました。外出時にもスマホが充電できるため、とても便利なアイテムですよね。外出時の必需品という人も多いでしょう。

しかし、この携帯型バッテリーにも、もちろんケーブル部分は存在します。バッグの中にしまう際、雑に扱ってしまうと、ケーブル部分が曲がってしまったり、バッグの中に入っている他の物に当たってしまい、ダメージを受けてしまったりします。それによって、断線するリスクが高まるので、バッグへしまう際は丁寧に扱いましょう。

すでに中のケーブルが見えている場合はすぐに買い替えて!

配線が見えてしまっている場合は要注意

時々、スマホの充電ケーブルの先端とケーブルカバーの間が破れ、中の線が見えている充電器を使っている人を目にします。しかし、これは非常に危険な状態なので、今すぐ買い替えてください。

そのまま使い続けていると、スマホを効率的に充電できないだけでなく、火花が飛び散る恐れがあります。飛び散った火花は火災を引き起こす原因にもなり得るので、このような状態になった受電ケーブルは正しく廃棄し、新しい充電ケーブルを購入しましょう。

日頃からケーブルを優しく扱いできるだけ長持ちさせよう

長持ちする使い方をしよう

いかがでしたでしょうか。スマホの充電ケーブルは、とても繊細な商品です。そのため、日頃から丁寧に使わなければ、簡単に断線してしまいます。同じ充電ケーブルをできるだけ長く使うためにも、常に丁寧に扱うことを心掛けましょう。

配線が見えてしまっている場合は要注意

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる