タオルから酸っぱいニオイがする原因3つ!消臭方法やニオイが取れない時の活用法

タオルが酸っぱくなる原因

長年使っているタオルが、時々酸っぱい嫌なニオイを放っている…そんなことはありませんか。「もう捨て時かな?」と思うかもしれませんが、少し手間を加えるだけで再利用も可能になります。今回はタオルから酸っぱいニオイがする原因と、消臭方法についてご紹介します。

洗濯したのにタオルから酸っぱいニオイが…

タオルが臭い原因は?

洗濯したら、洗濯物は綺麗になるもの…そう思う方は多いと思いますが、一方で、洗濯したのに、なぜかタオルから酸っぱい嫌なニオイが漂うという経験を持つ方も多いでしょう。

せっかく洗濯して綺麗になったはずのタオルから、嫌な酸っぱいニオイが漂ってきたら、使うことを躊躇してしまいますよね。「いったい、どうして洗濯したのに酸っぱいニオイがでているの?」と疑問に思ったことがある人も多いはず。

タオルから酸っぱいニオイがする原因3つ

タオルが酸っぱくなる原因

では、なぜ洗濯したのにタオルから酸っぱいニオイが漂う結果になってしまうのでしょうか。ここでは、タオルから酸っぱいニオイがする時に、考えられる原因を3つご紹介します。

1.タオルに雑菌が繁殖している

まず、タオル自体に雑菌が繁殖してしまい、その雑菌が取り除けていない事によるニオイである可能性が最も考えられます。特に酸っぱいニオイの場合は、以下の2つの成分が組み合わさり、菌が繁殖していることで、強い酸っぱいニオイの原因になっています。

  • 中鎖脂肪酸
  • トリエチルアミン

さらに、この2つの成分が組み合わさり、雑菌が繁殖した上で部屋干ししてしまうと、生乾きにより、余計に強いニオイを発する原因となることも判明しています。

2.皮脂やたんぱく質の汚れが付着

洗ったはずのタオルから、酸っぱいニオイが強く漂ってくる場合、前述した雑菌以外と共に、皮脂やたんぱく質の汚れが付着している可能性が考えられます。

タオルを始め、衣服などには、どうしても使う度に皮脂汚れやたんぱく質汚れが付着してしまいます。洗濯機に洗濯する予定の物を入れる際、あまり多く入れすぎてしまうと、きちんと汚れが取り除かれず、そのまま付着している状態で干されることがあります。

それらが蓄積され、皮脂汚れやたんぱく質汚れも積み重なり、さらに1つ前に紹介した性分与って繁殖した細菌と合わさることで、より強い酸っぱいニオイを発する原因となるのです。

3.洗濯槽に雑菌が繁殖している

タオル自体に問題があるのではなく、衣類を綺麗にするはずの洗濯槽に雑菌が繁殖している場合もあります。

洗濯機は湿度が高いため、菌の温床となりやすいです。そのため、洗濯していない時も洗濯槽の蓋を閉めてしまったり、洗濯物をそのまま洗濯槽に入れっぱなしにしてしまうことで、雑菌はみるみるうちに増殖していきます。

すると、生乾き臭やカビ臭、さらには酸っぱいニオイを発生する原因となり、そのニオイがタオルに付着してしまっている可能性があります。タオルだけでなく、他の衣類にも同じニオイが付いている場合は、洗濯槽に問題があります。

タオルから酸っぱいニオイ…消臭方法は?

ニオイを消すには?

もしもタオルから酸っぱいニオイを感じた場合、消臭する方法はあるのでしょうか。酸っぱいニオイは非常に強いため、なかなか洗濯機で洗うだけでは取り除くことができません。しかし、一手間加えるだけで、軽度な物であれば簡単に解消することができますよ。

風呂桶にタオルを入れてお湯を注ぐ

桶に入れておく

最も簡単な方法は、風呂桶などに酸っぱいニオイのするタオルを入れ、その上から沸騰させたお湯を注ぐという方法です。酸っぱいニオイを放つ原因である雑菌は、高温に弱い特性を持っています。そのため、高温のお湯を直接注ぐことで、ニオイを緩和させることができます。

酸素系漂白剤を含んだお湯につけ置き

漂白剤も効果的

お湯を直接注いでもニオイが取れない場合は、さらにその風呂桶に、酸素系漂白剤を入れてください。1~2時間ほどつけ置きした後、水できちんと洗い、再度洗濯機で洗うことで、ニオイを完全に取り除くことができますよ。

鍋に粉末洗剤と酸素系漂白剤を入れて煮洗い

より強力な効果を発揮したい場合は、鍋に粉末洗剤と酸素系漂白剤、水を入れ、沸騰させたお湯の中に酸っぱいニオイのするタオルを入れてください。すると、煮洗いしている状態となるため、強い消臭、殺菌効果が期待できます。

この場合、20~30分ほどかき回しながら煮洗いする必要があります。煮洗いした後は、厚いゴム手袋などを使い、鍋からタオルを取り出して水ですすぎます。その後、同じように洗濯機で再度洗ってくださいね。

消臭対策でもニオイが取れない場合のタオル活用法

酸っぱいタオルを活用する方法

上記で紹介した消臭対策をしてもニオイが取れない場合、すでに手遅れとなっている可能性が高いため、残念ですが捨てるしかありません。

しかし、見た目はまだ使えるタオルですから、そのまま捨ててしまうのは勿体ないです。最後に有効活用して捨てることをおすすめします。例えば、以下のような家事に再利用することが可能ですよ。

  • 雑巾
  • キッチンペーパー替わりに揚げ油を吸う
  • 数回ならバスマットの代用品として

雑巾は一般的な最終活用方法ですよね。他にも上記のような活用方法に利用している方も多いです。もちろん、すでに雑菌が繁殖しているため、何度も使うことはおすすめできません。1回切りという制限の元、最後まで有効活用する方法を模索してみましょう。

タオルのニオイは消臭することで再利用可能に!

諦めずに消臭してみて

いかがでしたか。タオルのニオイの原因は、主に雑菌と汚れです。高温のお湯や洗剤、重曹などを利用することで、タオルのニオイを消臭し、殺菌することができます。ぜひこの方法を参考に、タオルから酸っぱいニオイが漂ってきたら、捨てる前に実践してみてくださいね。

タオルが酸っぱくなる原因

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる