古いバスタオルは再利用しよう!簡単な活用方法やリメイクのアイディアをご紹介

椅子に積まれているバスタオル

みなさんは家にある古いタオルをどのように扱っていますか?とくに使い道もないからそのまま捨ててしまっている方も多いのではないでしょうか。しかし、バスタオルは再利用することができます。そこで、この記事ではバスタオルを再利用する方法やアイディアを詳しく紹介。ぜひ参考にして、バスタオルのゴミを減らせるようにしましょう。

古いバスタオルは捨てずに再利用しよう!

緑のバスタオル

冒頭でもお伝えした通り、バスタオルは再利用することができます。

例えば、掃除用具やバスマットなどです。そのほとんどは縫わないでできるものだったり、簡単な裁縫でリメイクできるものだったりします。

しかも、リメイクすればわざわざ購入しなくて済みます。家計の負担を軽くすることも可能です。地球にも優しいなど、リメイクすることによるメリットはたくさんあります。

以下では再利用やリメイクのアイディアを紹介します。

バスタオルを再利用する方法

バスタオルを切っているイラスト

まずは、バスタオルを再利用する方法を紹介します。バスタオルは雑巾以外にもたくさんのものに再利用することが可能です。自分の家に必要なものに再利用させてみてください。

掃除用具として再利用する

掃除用具のウエスとして再利用することが可能です。掃除好きの方におすすめ。

ウエスとは、拭き掃除の際に使い捨てできる布のことをいいます。雑巾は洗ってまた使いますが、ウエスは使い捨てなのでお手入れ不要なのが嬉しいポイント。

作り方はいたって簡単です。使わなくなったバスタオルを切るだけ。使いたいときにサッと出して拭き掃除をします。切れ端は縫わないでください。使ったら捨てるので、糸が出ていても大丈夫です。

バスタオルを使うメリットとしては、吸着力が抜群にいいこと。子どもがこぼしたジュースや油汚れもサッとひと拭きでキレイにすることができます。

《 ポイント 》

  • ウエスとして使える
  • バスタオルを切るだけ
  • ジュースや油汚れがしっかり落ちる

バスマットとして再利用

古くなったバスタオルはバスマットとしても活用できます。バスマットのカビや汚れに悩んでいる方はおすすめです。

使い方はくたびれたバスタオルを2つに折ってお風呂の入り口にしいておくだけ。タオルのズレが気になる方は、両端を縫っておけば快適に使用することができます。

バスマットとして再利用するメリットとしては、吸水力があり、お手入れが簡単なこと。古いバスタオルは吸水性が非常に高いので、1回踏めば足裏の水分をとることができます。

また、バスタオルなので洗濯することも可能。みんなが使い終わった後洗濯機に入れれば、夜にはキレイなバスマットを使うことができます。

《 ポイント 》

  • バスタオルを2つに折ってお風呂の入り口にしいておく
  • 吸水性が非常にいい
  • バスタオルなので洗濯することも可能

クッションの中身として再利用

リビングのクッションを買い換えようか検討している方は、バスタオルクッションを作ってみるのはいかがでしょうか?作り方はとても簡単です。

  1. 好みのサイズのクッションカバーを準備する
  2. 古いバスタオルを短い辺を中心にしてクルクル巻く
  3. 2をバスタオルの枚数分やっていく
  4. カバーの端からバスタオルを詰めていく
  5. チャックをして完了

必要なバスタオルの目安としては、座布団サイズのクッションカバーで5〜8枚くらいです。必要な枚数は、他の再利用方法と比べると多い傾向にあるので、ある程度溜まってから作るようにしましょう。

古いバスタオルは寄付することもできる

古いバスタオルは、寄付をして困っている方を助けることもできます。自宅での再利用方法が見つからない方は、寄付の検討もしてみてください。利用手順は以下で紹介します。

  1. 寄付ができるサイトに申し込む
  2. 料金を支払う
  3. 集荷してもらいたいバスタオルをまとめる
  4. 申し込んだ集荷日に引き渡す

料金はサイトに寄って違います。送料のみ支払えばいい場所や送料以外にも、寄付金を支払う場所があります。それぞれサイトを見比べて、自分が支援したいところに申し込みましょう。

また、バスタオル以外にも募集している場合もあります。ほかに寄付したいものがあるときは一緒に詰めて送ってしまいましょう。

国際社会支援推進会 WORLD GIFT
https://world–gift.com/kihu/towel-1.html
一匹でも多くの命を救いたい NPO法人 ケンの家
http://kens-house.com/shien.html
NPO法人もったいないジャパン
http://mottainai-japan.com/support/

バスタオルをリメイクして再利用するアイディア

タオル地のベビー服

古くなったバスタオルはリメイクして使用することも可能です。縫製など、再利用するときよりは手間がかかります。しかし、バスタオルの再利用の選択肢が広がるので、試してみて損はないでしょう。

キッチンマットにリメイク

まずはキッチンマットとして利用する方法です。小さな子どもがいる家庭では食事の際大活躍するアイテムですよね。ぜひ自分で手作りして、お気に入りの1枚を作ってみてください。

  1. バスタオルを2枚準備する
  2. 食器などを配置してちょうどいい大きさに切る
  3. 2で切ったものを重ねる
  4. バイアステープを縫い付ける
  5. 4辺を縫い付けたら完了

バイアステープを使うことで、ただのバスタオルがおしゃれなキッチンマットに変身します。バイアステープは縫い目が落ちやすいので、丁寧に作業しましょう。

キッチンマットをバスタオルにすることで、調味料などを落としてもすぐに洗うことができます。漂白剤なども気にせずに使えるので便利です。

《 ポイント 》

  • バイアステープは縫い目が落ちやすいので注意
  • 調味料などを落としてもすぐに洗うことができる

子ども用の服にリメイク

子ども服にリメイクすることも可能です。子どものパジャマやパンツトレーニング中の洋服におすすめです。作り方は以下の通りです。

  1. バスタオルを横長に広げ、左右2つ折りにして上から4cmのところに印を付ける
  2. 2枚に分かれているところを縫う
  3. 縫ったところを真ん中にして、1で付けた上から4cmの印から20cm下の部分に印を付ける
  4. そこから左右2.5cmのところに印を付ける
  5. 一番下に印を付ける
  6. 逆のU型になるように3と5の印を結ぶ(ここが股の部分になる)
  7. ロックミシンを6で引いた線に沿ってかける
  8. 1で付けた印の部分を外側に折る
  9. ゴムを通す部分になるようにミシンで1周縫い付ける
  10. ゴムを入れて、ゴムの入口と出口を縫ったら完了

9のときにミシンで縫うときは、ゴムを入れるところを確保しておきましょう。

《 ポイント 》

  • パジャマやパンツトレーニング中の洋服におすすめ
  • ゴムを入れるところをしっかり確保する

枕カバーにリメイク

枕カバーにもリメイクすることができます。子ども服ほどは手間がかからないので、手軽にリメイクしたい方にはぴったりです。作り方は以下にまとめてあります。

  1. バスタオルの下の辺が長い部分になるように置く
  2. 中央にクッションを置く
  3. 左右からタオルを折る
  4. 重なった部分がずれないようにクッションのサイズに合わせながらタオルの上下部分それぞれをマチ針でとめる
  5. クッションを取り出す
  6. マチ針でとめたところを目印にしてバスタオルが輪になっている上下部分の口を閉じるように、一直線に縫う(2でタオルを折って、重なった部分がクッションの取り出し口になる)
  7. 裏返しにして、クッションを入れれば完了

事前にクッションの形に合わせて置くことで、カバーのもたつきなどを防ぐことができます。何度でも洗って使うことができるので、衛生的なのが嬉しいポイントです。

《 ポイント 》

  • 何度でも洗って使うことができるので、衛生的
  • クッションの形に合わせて作る

まとめ:古いバスタオルは再利用してエコに暮らそう!

バスタオルを積んでしまっている様子

今回はバスタオルの再利用について紹介しました。

バスタオルは簡単に再利用することができます。例えば、掃除用具のウエスやバスマットなどです。技術なども必要ないので、捨てるのはもったいないと感じる方は試してみてください。

また、子ども服やキッチンマットにリメイクすることもできます。裁縫やハンドメイドが得意な方はぜひ挑戦してみてください。

この記事を参考にバスタオルをリメイクして、地球にも経済的にもエコに暮らしてみましょう!

椅子に積まれているバスタオル

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる