寝室の色と安眠の関係とは?リラックスできる空間作りを楽しもう

寝室

寝室にある物の色が睡眠に大きく関わっているという事はご存知ですか?人間は寝る時に入る寝室に足を踏み入れる時に視界に入る色やベッドに入った時の視界に入る色で、気持ちを和らげたりリラックスできることがあるので安眠に大きく関わります。今回は寝室におすすめの色とおすすめしない色を紹介するので参考にしてください。

寝室における安眠と色の法則

寝室ベッドとランプ

毎日寝る前には必ず寝室に入ります。寝室は心身ともにリラックスして安らぐ空間です。

電気を消して目を閉じれば何も見えなくなりますが、眠りにつく前に何色を見るかということが安眠と快眠に影響を与えるということが調査によってわかってきました。

寝室の壁の色やインテリアや照明によってリラックスできる空間を作り安眠できる寝室をコーディネートしてみましょう。

例えばホテルに宿泊するとホテルの部屋は柔らかい色調や白い壁など統一感があり、穏やかで落ち着きのある空間を演出して奇抜な色を使用していることはありません。

部屋は色を上手に使うことで目的や活動空間としての役割を分けることができます。そのことを理解し心地よい眠りの空間を作りあげましょう。

《 ポイント 》

  • 安眠を得るためには、寝る前に目に入る色が大きく関係する。
  • 寝室の壁の色やインテリアによって睡眠時間にも差が出る。

個人の家の寝室で、安眠できる環境にするには何色が適しているのかおすすめの色と共にインテリアを紹介します。

青色で飾る寝室インテリア

寝室青イメージ

青色の寝室は海や空の果てなく広がる自然のイメージで、冷静や静寂といった沈静効果もあるため、眠りにつく前に心を落ち着かせてくれる手助にもなるので、睡眠に対しても効果があるとされています。

また、青は心拍数と血圧を下げる効果もあると言われているのでこれもぐっずり眠れるということにつながっています。

青色の壁紙

部屋の壁全てを青くする必要はありません。部屋全体の壁を青くするとしたら大変な作業となっていまします。壁の一面だけアクセントとして色を加えることで、ベッドに入るときに必ず目にするので視覚的にも十分な効果が得られます。

また、寝室のインテリアに色々な色があるものは避けて落ち着きのある色で統一させましょう。眠る体勢になったときに視界に色々なものがあると、安眠の妨げとなってしまいます。

寝室の家具は見えないように工夫した配置にするように心がけてください。

青色のインテリア

壁の色を変えるのは大きな負担にもなってしまいます。インテリアに青を取り込んで上手にコーディネートしましょう。

壁紙の色の変更は大掛かりとなってしまうので、カーテンを青くしてみたり、ベッドカバーや枕を青にしてみることも視界に入るという点で、安眠につながる効果を得ることができます。これは柄があるものでも同じことが言えます。

寝室に青を取り入れる風水の効果

寝室における風水において青が良いとされる方角は東です。東側に木製のベッドを置いて青を使うインテリアを配置することが仕事運や成長運の運気を上げるとされています。

《 ポイント 》

  • 青色は海や空の果てなく広がる自然のイメージで冷静や静寂といった沈静効果があるので、心を落ち着かせてくれるので安眠効果がある。

緑色で飾る寝室インテリア

寝室緑イメージ

緑色の寝室は植物を連想させてほとんどの人が感じるように癒しの色です。

植物=自然を連想させる緑色を寝室に取り入れることで心身共にリラックスできる寝室を作ることで、安眠を良い目覚めを得ることができます。

安らぎを感じる観葉植物を寝室に飾るということも簡単に緑色をとりいれられますが、植物なのでしっかり世話をして管理しなければなりません。

緑色は茶色系のインテリアともアースカラーで相性が良く安眠の効果が上がると言えます。

緑色のインテリア

緑色や黄緑色を寝室にコーディネートすることで若葉を感じさせてくれる若々しいイメージに仕上げたり深い緑色で落ち着きを演出することができます。気持ちを落ち着けて眠りにつくために適した色と言えます。

寝室に緑色を取り入れる風水の効果

寝室における風水において緑色が良いとされる方角は南です。一般的には子供部屋に使うと良いと言われていますが、体調不良や疲れている人には健康運を引き上げてくれる効果があります。

《 ポイント 》

  • 緑色は植物を連想させて癒しを感じる色です。心身共にリラックスする効果によって安眠と良い目覚めの効果がある。

茶色で飾る寝室インテリア

寝室茶色イメージ

茶色の寝室は大地のイメージで心を落ち着かせる効果があると言われています。

人は元々土の上で生活をしていたので茶色が落ち着くというイメージがDNAに記憶として刻まれているのでは?と考えられます。

ここまでに紹介した青、緑、茶はアースカラーと呼ばれる自然の中の色なので、どの色も心を落ち着かせる効果があると言えます。

また、茶色の中でもライトブラウンやキャラメル色の寝室で眠るカップルは、週に3回セックスしているというアンケートの結果もあり、他の色と比較しても一番多い回数となっています。

茶色のインテリア

寝室のインテリアで濃すぎる茶色が多くなってしまうと孤独を感じやすくなってしまい、居心地が悪くなってしまうということもあるので、自然を感じられる木目や明るい茶色を取り入れることで柔らかく暖かみがあるイメージとなって落ち着きのある寝室となります。

濃い茶色はベージュと組みわせることで暗くなることも無くおしゃれに同系色でのコーディネートすることができます。

寝室に茶色を取り入れる風水の効果

寝室における風水において茶色が良いとされる方角は西です。金の気と土の気を併せ持つ安定を表すアースカラーとなります。金運、結婚運、人間関係の運を引き上げてくれる効果があります。

《 ポイント 》

  • 茶色は大地を連想させて寝室心を落ち着かせる効果がある。
  • 寝室のインテリアとして濃い茶色を多くしてしまうと居心地が悪くなってしまうことがある。
  • 明るい茶色や木の色も取り込んでバランス良く取り入れるようにする。

黄色やオレンジ色飾る寝室インテリア

寝室黄色イメージ

黄色やオレンジ色の寝室は太陽のイメージで日光と同じ色合いとなり安心感のある雰囲気を作り出します。

オレンジ色には筋肉を緩めてくれる効果もあるので、眠りに落ちやすくなります。あたたかみがある黄色は神経を眠りに良い方向に刺激し気持ちを穏やかにして身体をリラックスさせてくれる効果があると言えます。

黄色やオレンジ色のインテリア

黄色やオレンジ色を寝室に取り入れる時には、色味に注意しましょう。

良い睡眠に効果があるとはいえ原色に近い色をインテリアに取り入れてしまうと刺激が強くなりすぎてしまうので逆効果となってしまうことがあります。

黄色やオレンジ色をインテリアに取り入れる場合は少し淡いやわらかなイメージとなる色味のものを取り入れましょう。

寝室に黄色やオレンジ色を取り入れる風水の効果

寝室における風水において黄色やオレンジ色が良いとされる方角は黄色とオレンジ色で異なります。

黄色は西で金運を上げる。オレンジは南東で人気運や人間関係の運を上げる効果があります。同系の色と言えるのですが西側にオレンジ色を配置するのは良くないので注意しましょう。

《 ポイント 》

  • 黄色やオレンジ色は太陽のイメージであたたかみがある安心感のある雰囲気を作り出し身体をリラックスさせてくれる効果がある。

クリーム色や白色で飾る寝室インテリア

寝室白イメージ

クリーム色や白色や生成りやベージュの寝室はナチュラルカラーとなり、自然で優しいイメージから寝室で使用すると気持ちを落ち着かせ安眠を誘う色となます。

明るい木目との相性も良く自然とのつながりも出てより柔らかな印象となるのでリラックス効果を生み出します。

クリーム色や白色のインテリア

白色と言えども真っ白となる色では寒さをイメージしてしまうこともあります。寒さをイメージしてしまうと眠りとはイメージが離れてしまうので、少しだけ暖色寄りになるクリーム色やベージュの薄い色のものを選びましょう。

インテリアをこの系統の色だけでまとめてしまうと部屋全体がぼやけたイメージになってしまうので、インテリアに木目を加えてナチュラル感を上げてみたり、アクセントに濃い目の色を追加してみましょう。

クリーム色や白色を取り入れる風水の効果

寝室における風水においてクリーム色や白色が良いとされる方角は、クリーム色は西で金運や愛情運を上げる、白色は北東で気持ちのリセットや浄化を意味していて金運や人間関係を改善する運を上げるとされています。ベージュに置き換えても同じことが言えます。

全てを白色で統一してしまうと冷え性になると言われているので、必ずポイントとなるカラーを追加するようにしましょう。

《 ポイント 》

  • クリーム色や白色や生成りやベージュはナチュラルカラーで自然で優しいイメージとなり気持ちを落ち着かせ安眠を誘う色です。

寝室におすすめできない色

寝室赤イメージ

ここまでは寝室に取り入れると良い色を紹介してきましたが、ここでは寝室に取り入れることをおすすめしない色とその理由を紹介します。

赤色

赤は交感神経が優位になってしまい、落ち着かなくなるので眠りが浅く悪くなってしまいます。また成長ホルモンの分泌に影響が出てしまうので使用しないようにしましょう。

赤は気持ちを高ぶらせて興奮させるような色なのですが、赤い寝室で寝るカップルは1週間に1回しかセックスしていないというアンケート結果もあります。

紫色

紫色は悪夢を見ると揶揄されて非常に神経を刺激する色となっています。

ラベンダーを連想させる色なので眠りにも良いと考えてしまうかも知れませんが、忙しい日常から気分の切り替えがしにくくなってしまうので睡眠時間が最も少ないという調査結果もあります。

グレーやブラウン

グレーやブラウンの色が濃く暗い発色の場合、陰鬱で気分が落ち込む雰囲気になってしまい孤独感や落ち着かなさを感じてしまうため、頭の中の思考が悪いことを考えてしまうので、安眠や快眠のために避けましょう。

《 ポイント 》

  • 赤色や紫色や濃いグレーやブラウンは、寝室の色として不向きで、安眠しづらくなる色となるので寝室で使用するのは避ける。

最後に

寝室青と黄色イメージ

安眠に効果的で目にも優しい落ち着いた色合いはアースカラーやナチュラルカラーといった自然の中にある色となります。

寝室にはリラックスできて心を落ち着かせる色を取り入れることで、ゆっくりと心と体を休めて安眠そして快眠の手助けにもなるのでおすすめです。

どのような色をメインにするか決めてテーマカラーとして同系の色でコーディネートすることで、統一感が出て濃淡のバリエーションも生まれるのできれい寝室を作ることができます。

色味が違う好みのものがある場合はベッドより低くなるように置いてベッドに入ったときに視界に入らないように配置しましょう。

寝室

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる