泥汚れを洗濯する手順7つ!洗濯の注意点とおすすめグッズも紹介

Texture land in white background

スポーツが趣味の人、子供のいる家庭などで苦労するのがユニフォームや子供服の頑固な泥汚れです。これらの泥汚れは厄介で普段の洗濯方法では落ちづらいものです。今回、この泥汚れの具体的な洗濯方法を7つの手順に沿って紹介しますので普段の洗濯にぜひ活用しましょう。

泥汚れを洗濯する手順とは?

Trousers with mud

衣類についた泥汚れは、どの様に洗濯すればよいのでしょうか。

衣類についた濡れた泥は繊維の中に染み込んでしまいますが、乾かせば浮き上ってくる性質があります。この性質を利用して頑固な泥汚れを手軽に、そして効果的に落とす手順を7つに分けて紹介します。

ここで準備するのは、特殊なものは必要なく各家庭にある石鹼などを用意すれば十分です。特に泥の汚れがひどい場合には、重曹を準備しておくとよいでしょう。

それでは泥汚れを落とす洗濯の方法を、その順を追って説明します。

手順1:まずは泥をはたき落とす

最初に行うのはいきなり水などに浸けるのではなく、泥で汚れた部分をはたいておおまかな泥を落とすことです。この作業はできればベランダや玄関など、泥が落ちてもいい場所でやりましょう。

この作業では歯ブラシを使って、繊維に奥にある細かな泥も落としておけばさらに効果的です。こうしたひと手間で後の洗濯の仕上がりが大きく変わっていきます。

手順2:乾燥させる

次に泥汚れを落とす手順としては、もし濡れている衣類があれば洗濯前に一度乾燥させます。

意外かもしれませんが泥汚れは、手順1で紹介した洗濯前に払い落とすことが重要なので、もし泥に汚れた衣類が濡れている場合は、泥落ちをよくするためにまずは乾燥させます。

その後に泥をはたき落としておきましょう。急いでいる場合などは濡れているとこをドライヤーなどで乾かしてみましょう。泥を落としやすくなるのでおすすめの方法です。

手順3:洗濯用の固形石鹼を塗りこむ

ある程度泥を落としたら、固形石鹼を泥汚れの個所に塗りこんでおきましょう。その際にはお湯を用意しておきます。

具体的な方法として、まずは泥で汚れた個所をお湯で湿らせます。そして泥汚れに直接石鹼を塗っていきます。この際、石鹼で若干白くなるくらいに塗っていくのがポイントです。

さらに汚れの目立つ表地だけではなく、裏地にも石鹼を塗っておきましょう。より効果的に泥汚れを落とせます。

手順4:汚れをブラシで擦る

ここまで下準備をした後にいよいよ洗浄していきます。その方法は特に泥汚れがひどい場所をブラシで擦ります。

ブラシで擦るときは、あまり繊維を傷つけるように力を入れて擦らないことが重要です。特に繊維が柔らかいものは、擦るというよりは軽くなでるだけでも効果的です。

まだ泥汚れが残っていて焦るかもしれません。この時点では大まかに泥汚れがとれれば十分なので、次の手順に進みましょう。

手順5:ぬるま湯でもみ洗い

次の手順としては、ぬるま湯で泥汚れをもみ洗いします。その方法は洗面器などにぬるま湯をためます。

次にそこに汚れた衣類をつけて、泥を溶かし出すようにもみ洗いします。その際に泥が繊維の奥に入り込まないよう、裏返して泥を外に流しやすくしましょう。

ぬるま湯を使う理由は、泥や油が比較的溶けやすく、繊維もふやけてより泥が繊維からはがれやすいのです。こうしたひと手間で洗濯の仕上がり度合いも違ってきます。

手順6:洗濯機で洗う

そして最後に通常通り洗濯機で洗います。ここまでの手順で泥汚れも相当落ちているはずなので、洗濯機で洗う際はほかの洗濯ものといっしょに洗っても問題ないでしょう。

また洗濯機によっては、頑固な汚れを洗う専用のコースがついている機種もあります。この時点で汚れが目立つようであれば、こうしたコースを利用して効率的に泥汚れに対処しましょう。

手順7:それでもダメな時は重曹につけおきする

ここまでの工程でほとんどの泥汚れは洗濯できますが、それでもまだ落ちない頑固な汚れに対しては、重曹によるつけおき洗いが有効です。重曹は比較的入手しやく衣類以外にもお風呂場やキッチンなどの掃除にも幅広く使えます。

重曹のつけおきは、まず洗面器などに40℃ほどのお湯を張ります。洗濯洗剤(1回分を目安)と同量の重曹をお湯の中に入れましょう。

つけおき液の中に、汚れがひどい衣類をつけおきにします。つけおきする時間は1時間ほどを目安にしましょう。

泥汚れを洗濯するときに気をつけること

クエスチョン 女性

ここで泥汚れを洗濯するときに特に気をつけたいポイントを紹介します。

泥汚れの洗濯するときに、普通に落とそうとするとゴシゴシと擦りすぎて衣料を傷つけています。またその落とす作業で何かと時間をとられてしまう作業です。ですが泥汚れはコツをつかめば手ごわい汚れではありません。

正しい手順と一緒に注意点も確認していきましょう。

すぐに洗う

ひとつ目のポイントは、泥汚れは時間を置かずにすぐ洗濯するということです。

泥汚れは時間がたてばたつほど、衣類の繊維の奥に入り込んでいきます。つまり早めに対処すれば、泥の汚れが表面にあるうちにキレイに落とせるのです。

汚れがひどいものなどは、面倒くささもあり何かと後回しにしてしまいがちです。ですが、早めに処理しておくことで後々の手間を大幅に減らせます。ここはぜひ、泥汚れには早めの対処を心掛けましょう。

洗う前に洗濯タグを確認する

泥汚れを洗濯するときには、いつにも増して各衣類の洗濯タグ表示に気をつけましょう。

特にぬるま湯や洗濯石鹸などが使えない繊維のチェックや、そもそも泥を落とすためにゴシゴシ洗ってしまって繊維の風合いを損ねる場合もあります。

まず泥汚れがある衣類を洗濯するときには、その洗濯表示を事前に確認して表示に従った洗い方をすること、場合によっては衣類を別々に洗ったりといった工夫も必要です。

泥汚れがなかなか落ちない理由とは?

Dirty dog and kid. Guilty jack russell and boy wearing muddy cloth and shoes. Isolated on white background.

泥汚れがなかなか落ちないで苦労した経験は誰にでもありますよね。その理由は泥自体の性質によるものです。

特に子供の体操着や靴下など、泥汚れが目立つものは洗濯する側には悩みのタネとなります。こうした悩みを事前に解決するために泥自体の性質を詳しく見ていきましょう。

どうして泥汚れは落ちにくいのか、疑問がすっきり解決するはずです。

水や油に溶けにくい

まず泥の性質のひとつが水や油に溶けにくいというものです。

よく河川などで、泥が川底に沈殿し水自体は澄んでいる光景を見かけます。泥自体の粒子は水よりも重いので自然と下のほうに沈んでいくため泥は水に溶けづらいのです。

これは油にも言えることで、泥は水や油などに溶けづらいので、洗濯では単なる水洗いなどでは落とせなく厄介な汚れと言えます。

繊維の奥に汚れが入り込む

泥の厄介な性質のひとつとして、泥自体が繊維の奥深くに入り込むというものです。

特に時間を置くと、泥はさらに繊維の奥へ奥へと入り込み厄介になります。こうしたことを防ぐためにも、泥汚れには早めの処置が必要です。

特に泥汚れに必要な下処理であるブラシなどでの除去や、石鹼を直接塗りこむなどの下処理は早めに済ませておきましょう。

泥汚れの洗濯におすすめグッズ6選

考える女性

ここでは実際に頑固な泥汚れを落とすための便利なアイテムを紹介します。

最近ではベーシックな泥汚れ専用の石鹼から、驚くようなアイデアで泥汚れを落とす商品まで様々なグッズが市販されています。普段の洗濯においても時間の短縮や、さらにきれいに泥汚れを落としたい人にとっては頼もしい味方になるでしょう。

紹介する商品は手軽にインターネットで購入可能ですので、お気に入りの商品があれば定期的にストックするのもおすすめです。

花王「アタック プロEX 石けん」

【まとめ買い】アタック プロEX 石けん ケースつき 1組+石けん80g
商品情報
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :19.5×5.5×24.5
内容量:1組+80g

最初に紹介する商品は花王「アタック プロEX 石けん」です。この石鹼は特に泥汚れに対し効果を発揮するよう開発されています。

大きな特徴の「泥高分散剤」が、繊維の奥の泥汚れまで落とします。さらに汚れがひどい箇所に塗り見やすくなるために、この石鹼はスティック状になっている点も特徴的です

泥汚れの洗濯では事前の下準備が重要なので、使いやすいスティック形状は重宝することでしょう。


サンコー「ちょこっと洗濯」

サンコー 洗濯ブラシ ちょこっと洗濯 びっくりフレッシュ グリーン 日本製 BO-82
商品情報
サイズ:10×7.5cm
耐熱温度:80度

次に紹介するのは、泥汚れを落とすための洗濯ブラシ「ちょこっと洗濯」です。洗濯機だけでは落ちにくい泥汚れに対し、部分洗いに最適な洗濯用クリーナーです。

このクリーナーの特徴は、その両面に何本ものエステル繊維という特殊な素材をより合わせて作られており、衣類の奥の泥汚れを掻き出すように落としていきます。

またこの繊維は少量の洗剤でも効果を発揮するのもうれしいポイントです。


レック「重曹の激落ちくん 粉末タイプ」

重曹の激落ちくん 粉末タイプ 1kg

重曹を使用した商品として「重曹の激落ちくん 粉末タイプ」があります。重曹は泥汚れの洗濯に対しても効果的な素材です。

この商品はそんな重曹の特徴を生かしながら、ナチュラルな働きで手軽に洗濯できる商品です。重曹は洗濯だけではなく、テーブルの手垢や鍋のコゲ落とし、消臭などにも利用できますので、各家庭に常にストックしておきたい商品です。


グラフィコ「オキシクリーン」

頑固な泥汚れを落としたい場合には、漂白剤を使用するのも一つのアイデアです。

ここで紹介するおすすめの漂白剤は「オキシクリーン」です。オキシクリーンはアメリカをはじめ、多くのユーザーに愛される世界的ブランドの酸素系漂白剤です。

塩素系漂白剤とは違って、ツンとした刺激臭も無く、色柄物にも安心して使えるのが特徴です。この漂白効果で泥汚れもすっきり落とすことが期待できます。


アイメディア 「クリーニング屋さんの業務用泥汚れ洗剤」

クリーニング屋さんの業務用泥汚れ洗剤ドロ汚れ専用洗剤 200g 泥汚れ 業務用

クリーニング屋さんなど掃除のプロも使用している商品としておすすめが、「クリーニング屋さんの業務用泥汚れ洗剤」です。

この商品の特徴としては頑固な泥汚れに対して、擦り洗いやもみ洗いなしで、つけおき後に他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗える点です。特に寒い冬などは、もみ洗いしなくてもつかえるのは嬉しいポイントですね。

ユニフォームや体操服、くつ下などの汚れなどに効果的に使用したいアイテムです。


トップ 「ナノックス 部分洗い剤 ドロ用」

トップ ナノックス 部分洗い剤 ドロ用 蛍光剤無配合 洗濯洗剤 液体 本体 220g

最後に紹介するのは、特に泥汚れがしつこい靴下やユニフォームなどの洗濯に最適な「ナノックス 部分洗い剤 ドロ用」です。

この洗剤は、洗濯機で洗う前に泥汚れに直接塗るために使用するもので、石鹸などよりもより塗りやすい液体ボトル使用になっているのが特徴です。

洗剤自体もしつこい泥汚れに効果的でありながら蛍光剤不使用のため、淡色の衣類や色柄物も本来の色合いを保つ特徴もあります。

泥汚れに効果的な洗濯をしよう!

Children playing in mud, dirty cloth, messy face and hands in mud. Stains on clothes. Dirty cloth, washing laundry concept.

誰もが苦労する泥汚れの洗濯は、その泥の特性や正しい対処方法を事前に知っていれば適切に、しかも効率的に対応できます。また現在様々な種類の洗剤や便利グッズも発売されています。

こうした知識やアイテムを効果的に取り入れて、今までは何かと苦労した泥汚れに対する洗濯のイメージを払拭して、これからはより楽しく効果的で効率的な洗濯をしましょう。

Texture land in white background

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる