トイレ掃除をサボると起こる4つのこと!いつまでも放置すると、とんでもないことに?

トイレ掃除と聞くと、「やりたくない」「面倒くさい」という声が返ってくることが多いです。たしかに、最も汚い場所とも言えますし、できるならやりたくない掃除場所ですよね。しかし、トイレ掃除はサボりすぎてしまうととんでもない事態を引き起こす恐れがあるので要注意です!

掃除したくない場所上位にランクインする『トイレ』

きれいなトイレ

皆さんは、「家の中で掃除が厄介に感じる場所は?」と聞かれたら、どこと答えますか。やはり、お風呂場やトイレといった水回りを挙げる人が多いのではないでしょうか。

水回りは汚れやすく、手を使って洗うことに抵抗を感じる人は少なくありません。できれば、掃除の回数を減らし、掃除をしたくない…そう考える人は多いでしょう。

トイレの掃除の理想は毎日!壁や床は週1回

理想は毎日

そんな面倒くさいと感じてしまいトイレの掃除ですが、どのくらいの頻度で掃除をすることが理想とされているのでしょうか。結論から言うと、トイレ掃除は毎日です。

トイレは毎日汚物を流すことに使う場所なので、放置してしまうと細菌が繁殖しやすく、衛生上良くありません。そのため、トイレの掃除は毎日行うのが理想的です。

トイレの壁や床に関しては、毎日行わなくても大丈夫だと言われています。週に1回程度行うことで、清潔な状態を保てると発表されています。しかし、時間や体力に余裕があるならば、毎日行った方が清潔を維持できることは確かです。

最低でも月に1回は掃除して

反対に、トイレ掃除はどのくらい放置しても大丈夫なのでしょうか。意外とこの限度を知りたい方は多いと思います。トイレ掃除は、最低でも月に1回行うべきと言われているため、限度は1か月と考えられます。

しかし、これはあくまでトイレの限界を示す基準です。そのため、ご家庭のトイレによっては、1か月を待たずに限界を迎える可能性も十分にあります。

毎日トイレ掃除をすることは難しくても、1週間に1回、仕事がお休みの日などに行うように心がけるべきでしょう。

トイレ掃除をサボると起こる4つのこと

トイレ掃除の理想は毎日…しかし、限界まで掃除しないならば、月1回が最低ラインであることが判明しました。しかし、この月に1回という数字は、あくまで限界ラインです。つまり、ギリギリの状態であるため、いつトラブルが起きるのかわからない状態とも言えます。

では、トイレの掃除をさぼりすぎてしまい、トイレが限界に達してしまうと、いったいどのような事態を引き起こしてしまうのでしょうか。

悪臭が漂う

トイレから悪臭がする

最初に現れる異変として、悪臭が漂い始めます。特に、トイレは排泄をする場所なので、アンモニア臭などが漂い始めます。「あれ?なんだか臭い気がする…」と、すぐに感じるはずです。

排泄をする場所は清潔であるべきと多くの人が感じているはずですから、あまりにもトイレ掃除をせず、悪臭が漂い始めると、トイレに入ることを躊躇してしまう家族も出てくるかもしれません。

最近では消臭剤も多く販売されていますが、限界を迎えたトイレは、市販の消臭剤で防ぐことが難しくなります。

黄ばみや尿石が取れなくなる

トイレが黄ばんでしまう

目で見てわかる異変としては、黄ばみや尿石など、排泄物による汚れがトイレの中にこびりついてしまい、取れなくなるという事態が起こります。こびりついてしまった汚れは、通常のトイレ掃除方法ではなかなか取れません。

まだ挽回できる時期であれば、いつもより強めに、長めにこすり続けることで落ちることもあるかもしれません。しかし、完全に汚れを落とすことが難しいため、最終的に専門の業者を呼ぶ方も多いですよ。

細菌が大量発生する

トイレに細菌が増え続ける

トイレは排泄をする場所なので、トイレ掃除をしなければ毎日汚れが蓄積していきます。トイレ掃除をしないということは、汚れが付着した状態を放置している状態になります。すると、細菌が繁殖してしまい、衛生的に悪い環境を生み出してしまいます。

これが長期間続くことで、細菌が大量発生してしまい、体調不良を引き起こす原因となり得ることもあります。目には見えない分、「少しくらい大丈夫」と思ってしまいがちですが、私たちが見えないところで、細菌は増殖しているのです。

トイレ詰まりを引き起こす恐れ

詰まってトラブルになることも

最も恐ろしい事態がトイレ詰まりです。トイレが詰まってしまうと、排泄物を流すことができなくなったり、最悪の場合、トイレの汚水が逆流してくる恐れがあるのです。

トイレの汚水が逆流してしまえば、トイレの中はもちろん、トイレの周辺にも汚水があふれ出し、生活が難しくなってしまいます。こうなってしまうと業者を呼び、業者が修理に来てくれるまで、汚水と共に生活しなければいけないという最悪の状況を生み出してしまいます。

トイレ詰まりを引き起こす前に、きちんとトイレ掃除をしたり、あまりにも放置しすぎた場合には、トイレ掃除をしてくれる業者を呼んだりと行動を起こしましょう。

トイレ掃除は毎日することで綺麗も楽も叶う!

トイレはちゃんと掃除しよう

ここまで読み、トイレ掃除を放置してしまうと、後々の処理や掃除が非常に面倒くさくなることにお気づきでしょうか。毎日ちょっとずつ行うことで、引き起こされるトラブルを回避できるだけでなく、トイレ掃除自体を簡易的に済ませることができるのです。

トイレを使った時に行う『ながら掃除』がおすすめ!

しかし、毎日「これからトイレ掃除をするぞ」と意気込んで掃除をするのは、どうしても面倒くさいと感じてしまいますよね。そのため、トイレ掃除は『掃除』と認識せず、自分がトイレを使った際に少しきれいにする場所という軽い認識で見ましょう。

自分がトイレを使い、トイレから出る前に、ちゃちゃっと便器を拭いたり、トイレの中を専用のブラシでこすったりするのです。トイレの中にゴミ箱を置いておけば、使い終わったシートなどをその場で捨てられるので、面倒を増やさず済みます。

最近では、使い終わったらブラシの先端をそのままトイレに流せる仕様の物も市販されています。捨てに行ったり、ブラシを洗ったりする手間も省けるので、ズボラさんにはおすすめです。

トイレは『ながら掃除』で手間をかけず綺麗を保とう

ながら掃除がおすすめ

いかがでしたでしょうか。トイレ掃除をせずに限界を迎えてしまうと、トイレの汚水が逆流する恐れがあり、非常に厄介です。そうならないためにも、日頃から『ながら掃除』をし、清潔感を維持しましょう。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる