『育ちが悪い』と思われてしまう女性の特徴5つ!あなたも当てはまってるかも?

育ちの悪い女性

人は年齢を重ねるごとに、立ち振る舞いで周囲への印象が大きく変わっていきます。特に、女性の場合は『育ちが悪い』と印象づけられると、周囲から距離を置かれてしまうことも。今回は『育ちが悪い』と思われてしまう女性の特徴をご紹介するので、ご自身に当てはまっていないか確認してみましょう。

人の印象は話し方や立ち振る舞いで左右される

きれいな女性

若い頃は許されていた言動や立ち振る舞いが、大人になるにつれて、次第に悪い印象を与える立ち振る舞いであることを多くの人が実感することになります。「この歳になってもこんな言葉遣いをしていると周囲から良く思われない」と思い直し、言葉遣いや行動を正したという経験を持つ人も少なくないでしょう。

人に与える印象は、第一印象では見た目が重要です。清潔感があり、身だしなみをきちんと整えているか否かで、「しっかりした人だな」「なんだか余裕がなさそう」などと見た感じの印象を持たれてしまいます。

その後、徐々にその人の話し方や言葉遣い、行動や立ち振る舞いなどが評価され、最終的な印象を周囲が持つことになります。つまり、身だしなみは非常に重要ですが、その後はその人が普段からしている言動が評価されるのです。

『育ちが良い/悪い』という印象も大きく影響する

言葉遣いや行動、立ち振る舞い、マナーなどは、その人の育ってきた環境を彷彿とさせるものです。そのため、上品で魅力的な行動ができる人は「育ちが良さそうだな」と思われやすいですし、あまりにも非常識で乱雑な行動をしている人は「育ちが悪そう」と思われてしまいます。

この『育ちが良い/悪い』という印象は、その人の印象を大きく左右する1つの要素です。そのため、「育ちが悪い」と思われてしまうと、とても良い人物であっても、印象が急落してしまい、大きなマイナス要素となってしまう恐れすらあるのです。

『育ちが悪い』と思われてしまう女性の特徴

育ちの悪い女性

人の印象を左右することにもなる『育ちの良さ』。「育ちが悪そう」と思われてしまうと、それだけでその人の印象に大きなマイナス点がくわえられてしまいます。では、どのような女性が「育ちが悪い」と思われやすいのでしょうか。

①肌を必要以上に露出するファッションを選びがち

肌を出すファッション

最初に、第一印象は見た目が重視されるという話をしました。人の印象は第一印象で先入観が入るため、ここでのファッションや身だしなみも非常に重要となってきます。

普段から露出が多めで派手なファッションを好んでいる場合、日本において下品であるという印象を受ける人がとても多いです。「この歳になっても肌を露出させちゃうんだ」と、それだけで悪い印象を持つ人は未だに多いです。

そのため、露出が多いファッションを選んでいると、「育ちが悪そうだな」と思われてしまう原因にもなります。年相応の服装を選ぶことで、違和感を感じられずに済みますよ。

②ひとつひとつの行動が乱暴

ドア

日常的に行っている何気ない行動は、その人の育ってきた環境が見え隠れする部分でもあります。多くの人は、そのことを潜在的に理解しているため、普段の行動が一々大きかったり、乱暴であったりすると、「育ちが悪そう」と感じてしまいます。

例えば、ドアの開け閉め1つにしても、大きな音を立ててドアを閉める人と、静かにドアを閉める人では、まったく印象が異なりますよね。大きな音を立ててドアを閉める人には、「うるさいな」「品がない」と感じてしまいます。

基本的に、「育ちが良い」と思われる女性は、落ち着いた行動を自然と行っています。歩き方も静かでゆったりとしたテンポであるなど、行動1つ1つが静かでゆっくりとしています。日本において、「育ちが良い」と思われるには、この穏やかな雰囲気が重要です。

③話し声のボリュームが大きすぎる

声が大きい女性

同性の友達と話しているとき、ついつい話に夢中になってしまい、少しずつ話し声のボリュームが大きくなっている…ということはありませんか。話し声が大きいと、それだけで周囲は「騒々しい」と感じてしまい、「意外と育ちが悪いのかも」と悪い印象を与えてしまいます。

電車や公共の場所において、大声で立ち話をしている人は、世代に関係なく多くいます。そのような人を見て、どのように感じますか。「育ちが良さそうだな」とは思いませんよね。「下品だな」と感じる人が多いはずです。

話に夢中になるのは悪い事ではありません。しかし、周囲への迷惑や印象を考え、できるだけ静かに、落ち着いて話すことを心掛けるだけでも違いますよ。

④行儀が悪い

行儀が悪い女性

行儀が悪さは、男女関係なく『育ちの善し悪し』と直結していると考える人は、とても多いです。特に、女性は立ち振る舞いやマナーを注意深く見られるため、注意しましょう。

昔からお箸の使い方や足を閉じて座るなど、女性として上品でマナーのある行動が推奨されてきました。電車やカフェなどで足を開いて座っている女性を見ると、綺麗な女性であっても残念に感じてしまいます。

今一度、お箸の使い方や、普段の姿勢や態度、行動などの細かい部分を思い返してみましょう。意外と気付かぬうちに「行儀が悪い」と思われるようなことをしているかもしれません。

⑤周囲の迷惑を考えることができない

電車で化粧はNG

大人になることで、周囲への細やかな配慮ができる人は魅力的な女性として映ります。反対に、周囲への迷惑を考えず、まったく配慮ができていない人は周囲が遠ざかってしまう原因にもなります。

よく見かける光景に、電車内で化粧をしたり、飲食をしたりする人がいます。これは若い人だけでなく、世代を超えた40~50代ほどの人にも見られるため、マナー違反が常態化してしまっており、正す機会がなかったのではと感じます。

自分が起こそうとしている行動が、周囲にとって迷惑を被る行動ではないか、見ていて不快に感じる行動ではないかを冷静に考え、その上で行動するように心掛けましょう。

『育ちが悪い』と思われることでデメリットが発生することも

デメリットも

ここまで「育ちが悪い」と思われてしまう女性の特徴をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。皆さんに当てはまっている特徴はありませんでしたか。

「育ちが悪いと思われても、特に気にすることじゃない」と思う方もいるかもしれません。しかし、意外な部分で悪影響を及ぼう可能性も考えておくべきです。

彼のご両親への印象が良くない

例えば、若い世代の人の場合、結婚する際に相手のご両親から反対されるというケースも未だにあります。自分の子どもが育ってきた環境でこのようなケースに当てはまってしまったら…考えるだけで悲しいですよね。

出世が遅れることも?

また、「育ちが悪い」という悪印象によって、出世時期が遅れてしまうことも未だに見られるケースの1つです。女性の社会進出が目覚ましい現代、出世を狙うキャリアウーマンは多いでしょう。しかし、最終審判で悪い印象によって落とされてしまう可能性も否定できません。

リスクがあることを理解する

「育ちが悪い」という印象を持たれるだけで、「しっかりしていない」「下品である」と他の悪い要素へ繋げられてしまうリスクがあることを理解しましょう。

「表面だけで判断しないでほしい」と思う人も多いでしょう。しかし、これこそが印象の重要性です。社会で上手に渡っていくためには、印象を良くする努力も必要なのです。

さいごに

育ちの良い女性

いかがでしたでしょうか。意外と深刻な事態を引き起こす恐れのある人の印象。『育ちが悪い』と思われてしまうと、その後の行動や将来計画にも影響を及ぼす恐れがあります。ここで気付けたのは幸いと前向きに捉え、ぜひ「育ちが良さそう」と思われるような立ち振る舞いを意識しましょう。

育ちの悪い女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる