嫌われるかも?!バレンタインで絶対してはいけないNG行為5選

バレンタインデーは一年に一度の一大イベント!街にはカップルや家族、夫婦が賑わい、辺りもキラキラして華やかで楽しいですよね。しかし、バレンタインでやってはいけないこと、やってませんか?自分勝手な行動、しちゃってませんか?この記事では、バレンタインにおけるNG行為を5つ紹介しています。今すぐに意識すべきことですので、必ずチェックしておきましょう。

ワクワクのバレンタイン♡でも…NG行為に要注意!

バレンタイン

バレンタインシーズンになると街にはたくさんのお菓子やチョコ・ギフトなどが並び、カップルやご夫婦も賑わっていて、華やかな雰囲気になりますよね。あなたも誰かのためにバレンタインチョコやプレゼントをあげる予定かもしれません。

でも、ちょっと待ってください!バレンタインプレゼントを渡す前・作る前に知っておくべきNG行為はご存知ですか?当日失敗してしまう前に、必ずこれらの行為をしないように心がけて挑んでくださいね。

1.「感謝して」などの過剰アピールはNG

アピールする女性

バレンタインにプレゼントをあげた時に、もちろん相手から感謝の気持ちを伝えるのが筋だとは思います。しかし、あげた本人が「感謝してほしい」「こんなにしてあげてる」などの過剰なアピールをしてしまうのは最悪のケースと言えます。

どんな些細なものであれ、気持ちがこもっていれば貰った側は嬉しく思うもの。しかし、過剰に見返りを求めてしまうのは、せっかくの嬉しい気持ちをかき消してしまいかねません。自分を認めてもらいたい気持ちもわかりますが、絶対にやめてください。

2.手作りチョコ・お菓子の「大変だった」アピールもNG

大変なお菓子作り

仮に手作りでチョコやお菓子を渡す場合は、喜んでもらえるようスマートに渡すのが基本です。しかし、渡す時に「こんな大変で、こんな時間もかかって、たくさんお金も使って、すごく苦労した」などの「大変だったアピール」を伝えてしまうと、相手には申し訳ない気持ちがどうしても芽生えてしまいます。

また、それが過剰すぎると、「そんなに大変なことをしなくても、気持ちがこもっていればなんでもいいのに…」と、今後気を遣わせてしまい、関係がギクシャクしてしまうかもしれません。

自分の作ったもので本当に喜んでもらえるのか?失敗していたらどうしよう?などの不安ももちろんありますが、貰えるだけで嬉しいものです。作る過程の話を深堀りするのは避けるのが無難でしょう。

3.理想を押し付けたプランニングにも要注意

疲れている男性

もしも彼氏や旦那さんが、あなたの考えているプランに乗り気じゃなかったら、それは彼にとってあまりいい一日になるとは言い難いでしょう。相手方の希望があれば、それを優先するようにプランニングするのが理想的です。

仮に、相手が「翌日仕事で早いし、家でまったりパーティーがしたい」という要望を出しているにもかかわらず、あなたは「ディズニーランドで1日中遊びまくる」というプランニングをしてしまったら、相手が存分に楽しめなくなるのは目に見えています。

バレンタインデーは、決してプレゼントをあげるためだけのイベントではありません。その日を通して、「良い思い出を作る」ということが最も重要です。

以上のことから、あなたの都合だけでプランを組み立てるのは非常にリスキーと言えます。彼に理想的な過ごし方を伺うのは決して恥ずかしい事ではありませんので、勇気を持って聞いてみましょう。

4.好みを知らずに自己満足なものをプレゼントしてしまう

自分勝手な女性

手作りケーキや、何かモノをプレゼントをする場合は、相手の好みを把握することが非常に重要になってきます。

手作りのお菓子やケーキの場合

例えば、食べ物であれば、相手方にアレルギーがあるかもしれませんよね。以下の項目を把握しておくのは必須と言えます。

  • 食べられないもの(アレルギー等)
  • 好きな食べ物
  • 嫌いな食べ物

これらを無視して、「あなたが作りたいもの」を最優先に作ってしまうと、喜んでもらえる可能性は少し下がってしまうでしょう。アレルギーであればそもそも食べられないかもしれません。

モノをプレゼントする場合

また、何かしらのモノをプレゼントする場合は、さらにリスクが高いと言えます。ファッションや雑貨などは、好みが顕著に出やすいからです。

筆者も昔、バレンタインデーのお返しとしてお洋服をいただいたことがあるのですが、全くもって趣味に合わず、どうしても着れなかった過去を持っています(笑)

仮にモノをプレゼントする場合は、どこで売ってるどの商品が欲しいか?を事前に聞いておくと、喜んでもらえる確率もグンと上がるでしょう。

自分の趣味嗜好を共有してより関係を深めたい、という気持ちもわからなくはありませんが、なかなか難しい部分も多いです。なので、相手方の好みは必ず把握しておく必要があるのです。

5.マシュマロの入ったお菓子をあげる

マシュマロ

これは意外かと思います。バレンタインのお菓子として、マシュマロをあげている、もしくはマシュマロを使ったお菓子をあげる場合は注意が必要です。

実はマシュマロは、食べると口の中で溶けて消えてしまうことから「嫌いです」という意味があると言われています。しかし、マシュマロの中にチョコが入っているものは、「純白の愛で包み込みます」という意味になりますので、渡してもOKです。

とはいえ、何事も無理をする必要はありません。マシュマロを使わないのがベストと言えるでしょう。

まとめ:バレンタインはスマートに喜んでもらえる方法を取ろう

バレンタインチョコ

バレンタインデーは一年に一度の一大イベント。恋人や家族に「ありがとう」「愛してる」などの意味を込めてプレゼントを渡す方も多いかと思います。しかし、自分のことだけを考えてしまうのはタブーです。重要なのは「バレンタインデーを双方にとっていい思い出として残すこと」です。

自分ではなく、相手に一番に楽しんでもらえるような一日を作るよう意識するだけで、必ずバレンタインデーを楽しく過ごせることでしょう。

バレンタインチョコ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる