マフラーの洗濯方法!失敗しない素材別の便利なコツ

ふわふわのマフラーを洗濯したらごわごわに!マフラーも色々な素材がありますが、カシミヤ、アクリル、ウール、どれもおうち洗いができるのをご存知でしょうか?素材によって洗い方が少し違いますので、今回はマフラーの素材の特徴、マフラーの素材別の正しい洗濯の方法や干し方、日頃のケアなどをお話したいと思います。

マフラーの洗濯の方法

チェック柄 色々

マフラーの洗濯の方法は素材によって異なります。「カシミヤ」「ウール」「アクリル」素材別にマフラーの洗濯方法をご紹介いたします。

マフラーを洗濯する前にすること

水洗いできるかを確認する

マフラーの裏側に洗濯表示のタグがありますが、水を張ったたらいのマークがついていたら水洗いOKです。水を張ったたらいに×印がついていたら水洗いができませんので、クリーニング店の方に相談しましょう。
洗濯表示 洗濯で洗えるもの 手洗いできるもの
洗濯機洗いと手洗いがOKの場合、両方の方法で洗うことができます。

色落ちしないかテストする

洗濯するマフラーが色落ちしないかテストします。

用意するもの

  • おしゃれ着用洗剤
  • 綿棒または白い布

テスト方法

綿棒または布におしゃれ着用洗剤を付けます。マフラーの目立たない箇所に綿棒または布で軽くとんとんたたきます。綿棒に色が付いた場合は、家で洗剤を使って洗うと色落ちする可能性がありますので、無理に自宅で洗わずクリーニング店などに出しましょう。

洗濯表示が無かった場合

「カシミヤ」マフラーの洗濯方法は、手洗いのみです。「ウール」マフラーの洗濯方法は、基本的に手洗いと洗濯機洗い両方できますが、デリケートな生地の場合は、手洗いのみにしましょう。「アクリル」マフラーの洗濯方法は、手洗いと洗濯機洗い両方できます。

カシミヤのマフラーの洗濯方法

たくさんのマフラー
カシミヤは、カシミアヤギの毛です。

カシミヤの特徴

  • 毛が細く軽い
  • 保温性・保湿性に優れている
  • 柔らかい・肌触りが良い
  • 光沢がある
  • 弾力性に優れ型崩れしにくい

カシミヤのマフラーの洗濯手順

カシミヤのマフラーの洗濯は「手洗い」のみです。洗濯機はNG!

用意するもの

  • おしゃれ用洗濯洗剤(エマールなど)
  • 柔軟剤(レノアなど)
  • ぬるま湯 30℃以下
  • 洗面器
  • 洗濯用ネット
  • ゴム手袋

手順

  1. 洗剤を溶かす
    洗面器に水を張り、おしゃれ用洗剤を水の量にあわせて適量入れ、しっかり溶かします。溶かし残しがないようにしましょう。
  2. たたむ
    洗濯するマフラーの汚れた部分を外側にして洗面器に入る大きさにたたみます。
  3. 押し洗いをする
    洗面器に洗濯するマフラー入れ、上から手のひらでやさしく押したり離したりを30回ほど繰り返して汚れを浮き出させます。
  4. すすぐ
    洗面器に綺麗な水を入れ、マフラーを押しながらすすぎます。水が汚れたら取り替えて汚れがなくなるまで繰り返しすすぎましょう。
  5. 洗濯ネットに入れる
    マフラーをたたんで洗濯ネットに入れます。
  6. 柔軟剤に浸す
    洗面器に新しい水を張り、柔軟剤を溶かし、マフラーを浸します。
  7. 脱水する
    脱水方法は2つあります。①タオルドライ
    タオルを2枚広げ、タオルとタオルの間にマフラーを挟みます。タオルの上からやさしくなでるようにならしたらそのまま放置して脱水させます。②洗濯機で脱水する
    洗濯機の脱水開始から10秒~20秒くらいで止めてください。

注意:毛玉ができやすいので、一枚で洗うことをおすすめします。

ウールのマフラーの洗濯方法

青いマフラー
ウールは、ひつじの毛です。

ウールの特徴

  • 冬は暖かく、夏は涼しい
  • 吸湿性に優れる
  • 色落ちにしくい
  • 型崩れやシワになりにくい
  • シワになっても蒸気で元に戻る
  • 水洗いすると縮んで固くなりフェルト状になる

ウールのマフラーの洗濯手順

手洗いでマフラーを洗濯する場合

用意するもの

  • おしゃれ用洗濯洗剤(エマールなど)
  • 柔軟剤(レノアなど)
  • ぬるま湯 30℃以下
  • 洗面器
  • 洗濯用ネット
  • ゴム手袋

手順

  1. 洗浄液を作る
    水を張った洗面器におしゃれ用洗剤を水の量にあわせて適量入れ、完全に溶けるまで混ぜます。
  2. 押し洗いする
    洗面器の中に洗濯するマフラーを入れて、マフラーの上から手のひらでやさしく30回ほど押し洗いします。
  3. すすぐ
    洗面器に綺麗な水を入れ、マフラーを押しながらすすぎます。泡が出なくなるまで水を取り替えながら繰り返しすすぎましょう。
  4. たたむ
    マフラーをたたんで、洗濯ネットに入れます。
  5. 柔軟剤を含ませる
    洗面器に入れた新しい水に柔軟剤を適量溶かし、マフラーを浸して柔軟剤を含ませます。
  6. 脱水する
    脱水方法は2つあります。
    ①タオルドライ:タオルを2枚広げ、タオルとタオルの間にマフラーを挟みます。タオルの上からやさしくなでるようにならしたらそのまま放置して脱水させます。②洗濯機で脱水する
    洗濯機の脱水開始から10秒~15秒くらいで止めてください。

洗濯機でマフラーを洗濯する場合

洗濯ネット用意するもの

  • おしゃれ用洗濯洗剤(エマールなど)
  • 柔軟剤(レノアなど)
  • 洗濯ネット

手順

  1. 洗濯ネットに入れる
    洗濯するマフラーを汚れている部分を外側にして洗濯ネットに入れます。
  2. 洗剤を入れる
    おしゃれ着用洗剤をボトルに記載されている容量通り入れます。
  3. 柔軟剤のセット
    柔軟剤を洗濯機に入れてください。洗濯機によって入れる場所は異なります。
  4. 洗う
    手洗いモード、クリーニングモード、ソフトモードなど、やさしく洗えるコースで洗います。

アクリルのマフラーの洗濯方法

黒系マフラー
アクリルは合成繊維で、原料はアクリロニトリルという石油から作られています。

アクリルの特徴

  • やわらかい
  • 元に戻るのが早い
  • シワになりにくい
  • 洗濯しても縮みや型崩れをしない
  • 虫につよい

アクリルのマフラーの洗濯手順

基本、アクリルのマフラーの洗濯は「洗濯機」と「手洗い」両方できます。

洗濯機でマフラーを洗濯する場合

用意するもの

  • おしゃれ用洗濯洗剤(エマールなど)
  • 柔軟剤(レノアなど)
  • 洗濯ネット

手順

  1. 洗濯ネットに入れる
    洗濯ネットに、洗濯するマフラーを入れます。
  2. 洗剤をセット
    おしゃれ着用洗剤を使用方法に従って入れます。
  3. 柔軟剤のセット
    柔軟剤を洗濯機に入れてください。
  4. 洗う
    手洗いモード、クリーニングモード、ソフトモードなど、やさしく洗えるコースで洗います。

注意ポイント

アクリルは吸水・吸湿性が低いので、毛玉ができやすくて静電気がおきやすいです。アクリルは毛玉ができやすいので、裏返してネットに入れて洗濯しましょう。

手洗いでアクリルのマフラーを洗濯する

マフラー,女性

  1. 洗剤を溶かす
    洗面器に水を張り、おしゃれ用洗剤を適量入れてしっかり溶かします。
  2. たたむ
    マフラーを汚れた部分を外側にして洗面器に入る大きさにたたみます。
  3. 洗剤に浸ける
    洗面器の中にマフラー入れ、上から手のひらでやさしく30回ほど押して洗いをします。
  4. すすぐ
    洗面器に綺麗な水を入れ、衣類を押しながらすすぎます。水が汚れたら取り替えて汚れがなくなるまで繰り返しすすぎましょう。
  5. 柔軟剤に浸す
    マフラーをたたんで洗濯ネットに入れ、柔軟剤を入れた水にマフラーを浸けたら3分~5分放置します。
  6. 7.脱水する
    脱水方法は2つあります。
    ①タオルドライ:タオルを2枚広げ、タオルとタオルの間にマフラーを挟みます。タオルの上からやさしくなでるようにならしたらそのまま放置して脱水させます。②洗濯機で脱水する
    洗濯機の脱水開始から10秒~20秒くらいで止めてください。

洗濯したマフラーの干し方

赤いマフラー

洗濯したマフラーの干し方はとても重要です。干し方を間違えると縮みの原因なりますので気をつけましょう。

日陰干しにする

マフラーをすすいだら、タオルドライをし、軽くたたいてシワを伸ばします。平干しネットを使いマフラーを広げて日陰で風通しが良い場所に平干しします。平干しネットや平干しするスペースが無い場合は、ハンガー2本、またはつっぱり棒2本を使って、M時型でになるように干してください。この時、重さが均一になるよう干しましょう。

マフラーの日頃のケア

マフラーを編む

汚れやホコリを取る

着用後は、汚れやホコリをとって乾燥させましょう。そのまま放置しておくとシミになる可能性があります。

シミがついたらすぐ拭き取る

シミを放置すると虫食いの原因になる可能性があります。おしゃれ着用洗剤を水で薄めてタオルにつけ、シミの部分を軽くたたくように拭き取ります。その後、水に濡らしたタオルで洗剤を綺麗に拭き取ります。拭き終わったから必ず乾燥させてください。

長期間着用しない

長期間着用していると型崩れや毛玉ができる可能性がありますので、他のマフラーとローテーションを組んで着用しましょう。

お家で洗いたい方へおしゃれ着、ドライクリーニング用洗剤をいくつかご紹介します。

出典:amazon.co.jp
ザ・ランドレス(THE LAUNDRESS)
THE LAUNDRESS(ザ・ランドレス) ウールカシミアシャンプー cedarの香り475ml
¥ 3,080(税込)
Amazonで見る
出典:amazon.co.jp
ドライニング
ドライニング 衣類用液体洗剤 ドライマーク・ウールの衣類・おしゃれ着洗い 本体 500ml
¥ 790(税込)
Amazonで見る
出典:amazon.co.jp
ECOVER(エコベール)
エコベール デリケートウォッシュ(おしゃれ着用洗剤) 本体1000ml
¥ 1,515(税込)
Amazonで見る

まとめ

カラフルマフラー
マフラーの洗い方をお話しましたがいかがでしたでしょうか?マフラーを巻くと首や顔に直接当たりますので、いつもふわふわで綺麗にしておきたいですね。特に柔軟剤の良い香りがするとホッとします。カシミヤは水に強い特徴もありますので水洗いすることができますが、価格が高いものなので、少しでも型崩れや風合いが変わるのがイヤな方はクリーニングに出すことをおすすめします。

ピンクのマフラー

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる