牛肉の冷凍保存と美味しく解凍する方法とコツ

牛肉をお得に美味しく食べるなら、特売日にまとめ買いして、冷凍保存するのがコツ!小分けにしてから冷凍保存しておけば、解凍や調理も簡単にできます。もっと時短したいときは、下味をつけてから冷凍保存しても良いですし、加熱調理してから冷凍保存しても良いです。牛肉を冷凍保存する方法、注意点、解凍する方法、冷凍保存できる期間、冷凍保存しておいた牛肉を使った簡単レシピなど、たっぷりお届けします。

牛肉を冷凍するメリット

白いパックに入ったひき肉、白い背景

長期保存が可能

牛肉を冷凍保存することで、細菌の繁殖や酸化を抑えながら、1ヵ月ほどの長期保存が可能です。

特売日にまとめ買いしたいとは思っても、賞味期限や消費期限はあっという間にきてしまいますね。食べきることができなかったとき、処分してしまうのは、もったいないです。新鮮な牛肉を買ってきたら、すぐに冷凍保存しておきましょう。

調理を楽に簡単に時短

使う分だけ小分けにしてから冷凍保存しておけば、調理前の準備が楽です。

下味をつけてから冷凍保存しておけば、調理の手間が省けます。調理をしてから冷凍保存しておけば、忙しい朝のお弁当や朝食の準備を時短することができます。

牛肉の冷凍保存の方法と注意点

冷凍の丸いハンバーグ

冷凍保存するときは、酸化や細菌の繁殖を防ぐため、牛肉を素手で触れることのないようにしましょう。

トングや菜箸や割り箸などを使っても良いですし、使い捨てできる食品用の手袋もあります。必ず食品用の手袋を選ぶようにし、着脱がスムーズにできる、ポリエチレン製のものがおすすめです。

生肉のまま保存する場合

牛肉に付着している水分のことをドリップと言うのですが、この余分な水分を必ず拭き取ってから冷凍保存してください。

キッチンペーパーを使い、牛肉に押し当てるようにして優しく吸い取るようなイメージです。ドリップには、牛肉の肉汁なのですが、タンパク質などが含まれています。

付着したまま冷凍保存してしまうと、牛肉の旨味や風味を変えてしまったり、臭みが出る原因になってしまいやすいです。

臭みの原因

冷凍保存しておいた牛肉を解凍したとき、何だか変なニオイがする、と感じたことはありませんか?

おそらく、ドリップが付着したまま冷凍保存してしまったからです。

余分な水分をキッチンペーパーで拭き取ったら、小分けにし、ラップに包み、冷凍保存用の袋(フリーザーバッグ)に入れて冷凍保存します。

牛肉が入れられていたパック(白いトレイ)を再利用するのはやめましょう。

ラップに包むとき、細切れ肉はそのまま包み、薄切れ肉(すき焼き用)は1枚ずつ包み、焼き肉用の肉は平に包むと良いです。後から解凍や調理がしやすくなります。

下味をつけて保存する場合

「準備や調理の時間を短縮したい」

そんなときは、牛肉に下味をつけてから冷凍保存しておくのがコツです。

フリーザーバッグに調味料と牛肉を入れておくだけで、しっかり味を染み込ませることができます。冷凍保存する前に、フリーザーバッグの空気をしっかり抜いてから、冷凍庫に入れるようにしましょう。

空気が入ったままだと、調味料と牛肉が上手く絡み合わず、味の染み込み具合にバラつきが出てしまうことがあります。味付けで迷ったときは、焼き肉のたれに漬け込むのがおすすめです。お弁当のおかずとしても人気の味付けです。

加熱調理して保存する場合

牛肉を加熱調理してから冷凍保存しておけば、忙しい朝のお弁当作りや朝食作りも楽です。前日のよるに冷凍庫から冷蔵庫に移し、自然解凍させておきましょう。

後は、お弁当箱に詰めるだけです。牛肉を加熱調理し、粗熱を取り、ラップに包んだら、フリーザーバッグに入れて冷凍保存しましょう。

加熱調理した牛肉を美味しく冷凍保存するコツは、なるべく水分を飛ばすということです。そのため、味付けはソースやタレではなく、塩や塩コショウなどのシンプル味付けがおすすめです。

解凍したときにも、水分でビチャビチャになりづらいです。

ひき肉を保存する場合

おかずやお弁当など、何かと便利に使えちゃう牛肉のひき肉ですが、ひとかたまりままではなく、小分けにして冷凍保存します。小分けにし、なるべく平になるようにし、ラップに包みます。そうすることで解凍しやすくなります。ラップに包んだら、フリーザーバッグに入れて冷凍保存しましょう。

牛肉の解凍方法

牛肉のブロック

自然解凍する

冷凍保存しておいた牛肉は、基本的には、自然解凍させます。常温ではなく、冷蔵庫に入れて、自然解凍しましょう。

早く解凍しようとすると、ドリップ(液漏れ)によって、牛肉の旨味が逃げてしまうことがあります。そのため、冷蔵庫の中で、ゆっくりと時間をかけて解凍するのが良いです。

氷水解凍する

氷水解凍とは、0℃に近い水の中へ冷凍保存した食品を入れることで、食品へのダメージを抑えることができ、品質を保ちながら解凍することができる方法です。

冷凍保存しておいた牛肉を解凍したいときにも、牛肉を冷たい状態のままで解凍することができるため、牛肉の変色を防ぎ、旨味や風味を逃すことなく解凍することができます。

大きめのボウルの中に氷と水を入れ、0℃に近い状態にしてから、フリーザーバッグのまま入れます。フリーザーバッグに空気が入っていると浮いてきてしまいますので、しっかり空気を抜き、水が入り込まないよう、再びしっかり閉めてから行ってください。

レンジで解凍する

お急ぎのときは、レンジで解凍してもOKです。お使いのレンジに解凍という機能がある場合には、ぜひ利用しましょう。

解凍という機能がない場合には、加熱によるムラができてしまうことを防ぐため、牛肉を裏返しにしたり、解したりしながら行いましょう。一気に解凍しようとするのではなく、こまめに牛肉の様子や解凍具合を確認しながら行うのがコツです。

常温での自然解凍は絶対にやめましょう!

常温で自然解凍しようとすると、細菌の繁殖の原因になってしまいます。牛肉が大腸菌やサルモネラ菌にさらされてしまいます。たとえ、寒い冬場であっても、常温での自然解凍は避けてください。

冷凍牛肉の保存期間

ラップに包んだ冷凍の牛肉、ピンクの背景

冷凍保存した牛肉の保存期間は、基本的には、3週間を目安にすると良いです。どんなに長く保存しておきたい場合にも、1ヵ月以内には使い切ってしまいましょう。

肉の状態 保存期間
生肉 2~3週間
下味つけ後 2~3週間
加熱調理後 3~4週間
ひき肉、薄切り肉 2~3週間
角切り肉、厚切り肉 3週間
ブロック肉 1ヵ月間

一度、解凍してしまった牛肉を、再度、冷凍保存することはおすすめできません。再度、冷凍保存しなければならない状況になってしまわないために、牛肉を小分けにして、冷凍保存してほしいのです。

冷凍と解凍を繰り返すことで、牛肉の細胞がダメージを受けます。食感も悪くなってしまいますし、旨味や風味がどんどん損なわれてしまいます。また、冷凍焼けの原因にもなってしまいますので、控えるようにしましょう。

冷凍牛肉を使った簡単レシピ

牛肉と野菜の丼もの

下味をつけて冷凍保存して簡単調理!『牛肉と玉ねぎの甘辛炒め』

材料

  • 牛肉
  • タマネギ
  • 砂糖
  • しょうゆ
  • お酢
  • フリーザーバッグ

※食材や調味料や使用量は、人数やお好みで調整してくださいね。

  1. フリーザーバッグに牛肉を入れます。
  2. 玉ねぎをお好みの大きさや形に切り、フリーザーバッグに入れます。
  3. 牛肉と玉ねぎが入ったフリーザーバッグに調味料を加えます。
  4. フリーザーバッグになるべく空気が入らないようにし、しっかり閉めます。
  5. 冷凍保存し、調理する前に冷蔵庫で自然解凍します。
  6. 必要なときに調理して、美味しく召し上がってください。

細切れ牛肉で簡単!甘辛ダレの『プルコギ』

材料

  • 細切れ牛肉
  • コチュジャン
  • すりおろしニンニク
  • 砂糖
  • しょうゆ
  • ごま油
  • ニラ
  • 玉ねぎ
  • ピーマン(緑赤黄を使うとカラフルで見た目も美しいです)
  • 白ごま

※食材や調味料や使用量は、人数やお好みで調整してくださいね。

  1. 冷凍保存しておきた細切れ牛肉を冷蔵庫の中で自然解凍します。
  2. 牛肉が入ったフリーザーバッグの中へ調味料(コチュジャン・すりおろしニンニク・砂糖・しょうゆ・ごま油)を入れます。
  3. 牛肉に調味料が染み込むように揉み込み、10分程度おきます。
  4. ニラや玉ねぎやピーマンなどの食材をお好みの大きなや形に切ります。
  5. フライパンに少量のごま油を入れ、食材を炒めます。
  6. お皿に盛り付けたら、白ごまをかけて出来上がりです。

最後に

肉を切る女性の手元

牛肉は、特売日にまとめ買いをしたり、大容量のパックで購入することで、うんと安くお得に購入することができます。食費の節約にもなり、家計にも優しいです。しかし、一度に使い切ることはできないですよね。

牛肉をたくさん買ったときは、鮮度や旨味を損なわないよう、正しく冷凍保存しておきましょう。生の牛肉はもちろん、下味をつけても冷凍保存できますし、加熱調理後にも冷凍保存できます。

牛肉は、冷凍保存することで、安く美味しくし調理を簡単に楽しくしてくれる、万能な食材です。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる