朱肉の落とし方!服に付いたときの染み抜き方法

服についてしまった朱肉は落とし方を間違ってしまうと、さらに厄介な落ちにくい汚れになってしまいます。基本的には落とすのが難しい汚れではありますが、正しい落とし方であれば意外と簡単にスルッと落とせてしまうこともあります。正しい落とし方で焦らず丁寧に根気強く落としていく必要があります。服についてしまった朱肉の落とし方をいくつかご紹介しますが、服の生地を傷めてしまう可能性もありますので、決して無理はせず、クリーニングに出すことも検討してみましょう。

服に油性の朱肉がついてしまったときの落とし方

朱肉と印鑑を持つ手

服についてしまった油性の朱肉は、朱肉の中でも最も厄介なものです。油性の朱肉には速乾性があることから重宝されているのですが、服についてしまったときもすぐに乾いてしまいます。ですので、たくさんついてしまった場合には迷わずクリーニングに出すのが良いでしょう。

ほんの少しだけついてしまった場合には、除光液を試してみると良いかもしれません。綿棒に除光液を染み込ませ、油性の朱肉がついてしまった部分を叩くようにし、汚れを落としていきます。除光液が服に染み込む際に油性の朱肉も一緒に広がってしまう可能性がありますので、慎重に行わなければなりません。また、色柄物の服に除光液を使うと色落ちしてしまうことがありますので注意しましょう。

服に水性の朱肉がついてしまったときの落とし方

流水と白い服を手洗いしている手

除光液を使った落とし方

服についてしまった水性の朱肉を落としたいときにも除光液を使った落とし方があります。色柄物の服に除光液を使うと色落ちしてしまうことがあるため、目立たない場所に除光液をつけてみて色落ちしないかを事前に確かめてから行ってください。

綿棒や歯ブラシに除光液をつけ、水性の朱肉がついてしまった部分を叩くようにして落としていきます。汚れが浮き出してきたなと感じたら、流水で洗いながら優しくもみ洗いをします。後は普段通りに洗濯して仕上げます。

クレンジングオイルを使った落とし方

色柄物の服など除光液では色落ちが心配な場合にはクレンジングオイルを使った落とし方があります。水性の朱肉がついてしまった部分にクレンジングオイルをつけ、優しくもみ洗いします。汚れが浮いてきたなと感じたら、流水で洗いながら優しくもみ洗いをします。後は普段通りに洗濯して仕上げます。また、メイクも落とせる洗顔料でも落とせる可能性がありますのでお持ちの場合は試してみてください。

服についてしまった朱肉の落とし方での注意点

洗濯機 血 シミ

基本的に自宅で洗濯することのできない服についてしまった朱肉は、自宅で落とすことはできないと考えた方が良いです。洗濯機で洗うことのできない服や手洗いも不可である服に朱肉がついてしまった場合には、すぐにクリーニングに出すのが良いです。自宅で落とそうとすると服の素材を傷めてしまい、二度と着られなくなってしまうかもしれないからです。

机についてしまった朱肉の落とし方

白い紙、ペンと印鑑、植物

印鑑を落とそうとしてうっかり机に朱肉をつけてしまうことありますよね。机に朱肉がついてしまったときにはすぐにティッシュで拭き取ります。広がってしまわないように拭くことがポイントです。

ティッシュで完全に拭き取ることができず、薄っすらと色が残ってしまうことがあります。そんなときはティッシュに除光液を染み込ませて拭いてみてください。机の素材によっては除光液を使ったことで傷めてしまうこともありますので注意しましょう。

除光液を使えない机である場合には、歯磨き粉を使ってみましょう。ティッシュに歯磨き粉少しつけて朱肉がついてしまった部分を擦るように磨きます。研磨作用によって落とすことができます。

壁紙についてしまった朱肉の落とし方

歯ブラシと赤い汚れ

息子が壁紙に印鑑を押してしまったことがあり、とても焦りましたが、歯磨き粉を使って落とすことができました。歯ブラシに歯磨き粉をつけて、朱肉がついてしまった部分を優しく擦るように磨きました。

朱肉が浮いてきたらティッシュで拭き取り、少しだけまだ色が残っていたので、一度キレイに洗った歯ブラシに歯磨き粉をつけて、同じように磨きました。2回でキレイに落とすことができました。ゴシゴシ擦ると壁紙を傷めてしまうので、丁寧に優しく落とすのがポイントです。

まとめ

朱肉、白い背景

服に朱肉がついてしまったときは本当にガッカリしますよね。もう落ちないだろうなと思ってしまうからです。除光液を使った落とし方は私も何度もやっている落とし方なのですが、ほんの少しの汚れならキレイに落とせると思います。薄くついてしまった程度であればクレンジングオイルやメイクも落とせる洗顔料で落とすことができました。ベットリついてしまった場合にはクリーニングに出すのが良いですね。