どんぐりの煮沸方法5つを紹介!煮沸以外の方法やおすすめの保存方法も

どんぐりの煮沸方法

どんぐり

秋になると公園などには松ぼっくりやどんぐりなどがよく落ちています。子供がいる家庭の場合、それらを拾って家に持って帰ってくることもあります。子供が拾ってきたどんぐりを微笑ましく見ているだけでは、後で大変なことになってしまいます。どんぐりには高い確率で虫が入っていて、放置していると虫がどんぐりから出てきてしまいます。そのため、拾ってきたどんぐりは、煮沸して保存する必要があります。

どんぐりにいる虫の正体

上記で述べた通り、拾ってきたどんぐりの中には高い確率で虫が入っています。どんぐりに入っている虫はシギゾウムシの仲間の幼虫で、小さなカブトムシの幼虫のような見た目をしています。どんぐりの中に高い確率で入っていることから、どんぐり虫と呼ばれることもあります。どんぐり虫は、どんぐりに正しい対処をしておかないと、外に出てきてしまいます。

どんぐりを煮沸する方法5つ

Composition of chestnut, pine cones, acorns on a white background. creative concept of autumn.

どんぐりには高い確率でどんぐり虫が入っています。そのため、どんぐりを拾って帰ってきた場合、正しい方法で保存しないと、そのどんぐり虫がどんぐりの外に出てきてしまいます。

虫が苦手な人であれば、どんぐりから飛び出してきたどんぐり虫の対処にとても困ってしまうということもあります。また、せっかく拾ってきたどんぐりに穴を開けられてしまうので、どんぐりを保存する場合には、正しい処理をしておく必要があります。

選別する

どんぐりを持ち帰って保存する場合には、まず明らかにどんぐり虫が入っていそうな物は捨てるようにしましょう。どんぐりの選別方法は、ヒビが入っているどんぐりの殻が割れている、穴が開いている、ヘコんでいる、中身が腐って柔らかくなっている、汚れ過ぎていることに注目して、これらのどんぐりは捨てるようにしましょう。

洗う

どんぐりの選別が済んだら、煮沸をする前にどんぐりを洗って綺麗にしましょう。このとき、どんぐりを水に沈めてみましょう。すると、沈まずに水に浮かんでくるどんぐりがあります。

水に浮くどんぐりは、どんぐり虫がどんぐりの身を食べてしまうことで、どんぐりが軽くなっている可能性が高いです。そのため、水に浮くどんぐりもどんぐり虫が潜んでいる可能性が高いので、捨てるようにしましょう。

煮る

どんぐりが綺麗に洗えたら煮沸をします。どんぐりを煮沸することで、どんぐりの中に潜む虫を加熱して駆除することができます。ただし、煮沸時間が短かかったり、お湯の温度が低すぎたりなどすると、どんぐり虫を駆除することができません。また、煮沸時間が長すぎるとどんぐりの実が膨張してしまい、皮が破れてしまうこともあるので、様子を見ながら煮沸をするようにしましょう。

水気をきる

どんぐりの煮沸が済めばザルなどに上げて水気をしっかりと切りましょう。煮沸直後のどんぐりはかなり熱いので扱いには注意が必要です。また、早くどんぐりを冷まそうとして冷水をかけたりすると、皮が破ける可能性があるため、自然に冷めることを待つようにしましょう。しっかりと水気が切れていないと、どんぐりを乾燥させるうちにカビが発生してしまう可能性があるので注意しましょう。

乾燥させる

しっかりと水気を切って覚ましたら、どんぐりを乾燥させます。どんぐりは直射日光に当てて乾燥させると割れてしまう可能性があるので、新聞紙などを敷いて、直射日光が当たらず風通しの良い場所でゆっくりと乾燥させましょう。表面の水分はすぐに乾きますが、煮沸をしているので中までしっかりと乾燥させるには2〜3日ほどかかります。

どんぐりを上手に煮沸するコツ

Dried acorns

どんぐりには高い確率でどんぐり虫が入っています。先に述べた通り、どんぐりを煮沸する時間が短すぎると、どんぐり虫が駆除できず、煮沸時間が長すぎるとどんぐりの皮が破れてしまう可能性があります。そのため、どんぐり虫を駆除して、綺麗などんぐりの状態を保つためには少しコツが必要となります。

水の量

どんぐりを煮沸する際には、どんぐりの量の3倍くらいが水の量の目安となります。もし、どんぐりが十分に水に浸かっていないと、火の通りが悪いどんぐりが出てきてしまい、どんぐり虫を完全に駆除できなくなってしまうことがあります。

煮る時間

先に述べた通り、どんぐりを煮沸する時間が短すぎると、どんぐり虫が駆除できず、煮沸時間が長すぎるとどんぐりの皮が破れてしまう可能性があります。どんぐりを加熱する時間はどんぐりの大きさによって代わり、小さい物であれば3〜4分ほど、大きい物であれば8分、最大でも10分を目安にして、様子を見ながら煮沸をするようにしましょう。

どんぐりを煮沸するのは、調理ではなくどんぐり虫を駆除することが目的です。しかし、あまり強い火力で煮沸をすると、湯の中でどんぐり同士が沸騰の勢いでぶつかって割れたりなどしてしまう可能性があります。そのため、どんぐりを湯に入れたら、中火から弱火にして、湯の温度を保ちながらどんぐりが激しくぶつかり合わないように注意しましょう。

大きいどんぐりや帽子がついている場合

大きいどんぐりは中まで火を通すために煮沸時間を長くする必要があります。しかし、煮沸時間を長くすることによって、皮が破れてしまう可能性が高くなります。また、帽子が付いたどんぐりは煮沸しているうちに、帽子が取れてしまうことが多いです。そのため、これらのどんぐりは煮沸によるどんぐり虫の駆除は向いていません。

煮沸以外のどんぐりの処理方法とは?

Set of acorns isolated on white background. Collection of different cute acorns with amazing hats

上記で述べた通り、どんぐりの大きさや帽子が付いていたりなどすると、煮沸によるどんぐり虫の駆除が難しいということもあります。そのような場合には、煮沸以外の方法でどんぐり虫を駆除する必要があります。

冷凍する

煮沸による加熱ではなく、冷凍することでどんぐり虫を駆除するという方法もあります。方法は簡単でビニール袋などに入れて冷凍庫に入れておくだけです。ただし、煮沸と違って冷凍の場合は駆除に3〜4日ほどかかります。

また、それでも生命力の強いどんぐり虫が生き残ってしまうこともあるので、1週間ほど冷凍しておくという人もいます。冷凍でどんぐり虫が駆除できれば煮沸の際と同様に、水気を切って乾燥させましょう。

塩水につける

どんぐり虫は塩水に漬けることでも駆除することができます。どんぐりを塩水に浸す時間は一晩くらいが目安です。塩水が薄すぎると、どんぐり虫を駆除できないため、濃いめの塩水を準備するようにしましょう。塩水から上げたどんぐりは、しっかりと水気を切って乾燥させるようにしましょう。

電子レンジで加熱する

煮沸ではなく、電子レンジで加熱してどんぐり虫を駆除するという方法もあります。しかし、電子レンジでどんぐりを加熱すると、破裂して非常に危険なため、この方法でのどんぐり虫の駆除はやめておきましょう。

煮沸後のどんぐりはどうやって保存する?

Flat lay composition with autumn leaves on white background

どんぐりを煮沸して保存したいという人の中には、どんぐりを子供の工作に使ったり、ハンドメイドの材料にしたりなどする人もいます。このようなどんぐりに使い道がある人は、できるだけ綺麗にどんぐりを保存しておきたいと思う人もいます。

木工用のニスを塗る

和信ペイント 水性ウレタンニス 屋内木部用 高品質・高耐久・食品衛生法適合 透明クリヤー 130ml

どんぐりを綺麗な状態で保存したいのであれば、どんぐりを煮沸して乾燥させた後に木工用のニスを塗るようにしましょう。木工用のニスをどんぐりに塗ると、表面がツヤツヤになり、色落ちもしにくくなります。

拾ってきたどんぐりは煮沸をしてきれいに保存しよう

dried acorns isolated on the white background

秋になると子供がどんぐりを拾って帰ってくることもあります。もし、家の中でどんぐりを放置してしまうと、どんぐりの中からどんぐり虫が出てきてしまう可能性が高いです。せっかく拾ってきたどんぐりなので、保存しておきたいという場合には、煮沸をして、正しい処理をして、長くどんぐりを保存できるようにしておきましょう。

どんぐり2個

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる