勤労感謝の日のプレゼントの選び方!喜ばれるおすすめのプレゼント

「勤労感謝」の日は、身近な人へ、日ごろの仕事をねぎらい、感謝の気持ちを伝える特別なイベントです。そんな日は、やはり相手にプレゼントを渡して喜ばせたくなりますよね。では、「勤労感謝の日」にぴったりのプレゼントは、いったいどんなものがあるのでしょうか?相手のことを思いやるほど、かえって悩ましくなってしまいます。そこで今回は、「勤労感謝の日」にふさわしいプレゼント選びのコツや、おすすめを紹介していきたいと思います。

勤労感謝の日のプレゼントの選び方

勤労感謝の日 プレゼント

プレゼントの鉄板はビジネスグッズ

「勤労感謝の日」は、働く人たちの日々の労をねぎらい、感謝を気持ちとして伝えるための特別なイベント。感謝をむける相手は、お子さんならば、毎日仕事を頑張るお父さんや、お母さんに。あるいは、すこし視点をかえて、夫から妻、妻から夫へと感謝が伝えられます。

たいていの人は、その「感謝の気持ち」を、なんらかのカタチで表現して伝えると思います。メッセージカードを送る人もいれば、相手の喜んでくれそうなプレゼントを選んだりすることでしょう。

メッセージカードは真心をこめてさえいれば、それだけで十分な“贈り物”となります。一方で、プレゼントのほうはどうでしょうか? じつは、なかなかプレゼント選びって、難しいんですよね。相手を大切に思うからこそ、どんなプレゼントが喜ばれるのか、頭を悩ませてしまうのです。

プレゼントは“モノ”なわけですから、メッセージカードのように、「贈るだけ」で完結するものではなく、送ったあとも、それを日常で使ってもらうことも想定しなければなりません。それゆえわたしたちは、しばしば、プレゼント選びが悩ましくなってしまうのです。

そんなとき、プレゼント選びでお悩みの方にまずおすすめするのは、「ビジネスグッズ」です。「勤労感謝の日」のプレゼントなわけですから、「仕事」に関連するグッズを選ぶのが鉄板ですし、喜ばれます。「勤労感謝の日」は、日ごろの仕事をねぎらうだけではなく、「今後も頑張ってほしい」という願いも込めなければなりません。なので、その思いを、「ビジネスグッズ」として表現してあげればよいわけです。

テーマを定める

もちろん、「勤労感謝の日」のプレゼントが、必ずしも「ビジネスグッズ」のみ唯一正解というわけではありません。あくまでも、感謝の気持ちを伝えたい相手が喜ぶことがなによりも大事なことです。相手のことをよく知っているのは、プレゼントを贈るあなたなので、どんなプレゼントが喜ぶのか、ある程度、想像できるはずです。

そこで、ビジネスグッズではないプレゼントを贈りたいという方は、まず「プレゼントのテーマを定める」という観点をもちましょう。つまり、「相手の趣味に関係するプレゼント」というふうにプレゼントの方向性をきっちり定めればよいのです。たとえば相手の趣味が「旅行」ならば、それに関係するグッズをプレゼント選びの基準にするわけですね。

このように、相手の大好きなコト・モノに関係するグッズを親しい人からプレゼントされると、喜びも倍増します。こうしたプレゼントは、なんといっても、親しい間柄でしか成立しないわけですから、「自分のことをよく知ってくれている」という精神的な充足感が非常に高いのです。

勤労感謝の日に喜ばれるプレゼントやサプライズ

勤労感謝の日 プレゼント

手紙を書く

さきほども触れましたが、「勤労感謝の日」にメッセージカードを贈って感謝の気持ちを伝えるという方法があります。メッセージカードは、簡単にいえば「手紙」です。「手紙」は、このIT社会の発達した今日では、すっかり影をひそめてしまったように思えます。しかし、じつはむしろ、近年では、「手紙」のようなアナログな意思伝達手段が人気と注目を集めているのです。

といいますのも、「手紙」は、書いた人のぬくもりや気持ちがとてもストレートに伝わりやすいためです。デジタルなメッセージは、その人の「字体」が表現できませんよね。書いた人の「人となり」というのは、「字」に表れます。そして、一生懸命にペンをとって、自分のためにメッセージをしたためている姿さえ、思い浮かべることができます。じつは「手紙」というのは、「気持ち」や「思い」を伝えるという点で、きわめて「情報量」の多い、高度な意思伝達手段なのです。

やや込み入った話をしてしまいましたが、とにかく言えるのは、「手紙」を渡すだけで、相手の喜びや嬉しさが大きくなるということです。そして、プレゼントに「手紙」を添えれば、言わずもがな、最高の「勤労感謝の日」になることでしょう。

また「手紙」は、どうしてもプレゼント選びに困ってしまい、結局買えずじまいになってしまったときにも、効果を発揮します。プレゼントを用意できなかったぶん、文房具店でちょっと綺麗なカードや便せんを買って、心をこめてメッセージを書いてあげれば、間違いなくその手紙も、贈られる相手にとって特別なプレゼントになることでしょう。

普段とは違う食事にする

プレゼントや手紙以外にも、「勤労感謝の日」に感謝の気持ちを伝える手段はあります。たとえば「食事」です。古今東西、昔から「食事」は、特別な意味や気持ちを表現するための手段でした。なので、「勤労感謝の日」にいつもとは違った食事をこしらえたり、相手をレストランに連れて行けばいいのです。

また、もしも、「勤労感謝の日」に両親へ特別な思いを伝えたいというのであれば、両親の大好物な料理を作ってあげてみてください。たいへん喜ばれます。

男性が喜ぶ勤労感謝の日のプレゼント

勤労感謝の日 プレゼント

財布

公私ともに使えるプレゼントとして非常に安定感のある贈り物は、なんといってもお財布です。多くの人に喜んでもらえるでしょう。相手の好みのブランドに合わせて選んであげるのがおすすめです。

お財布をプレゼントするときのポイントは、その男性が同僚や取引先の人に「いい財布だね」と言われるような「見た目」を重視することです。財布は公私にわたって使うため、あまりに個性や主張の強いデザインだと、仕事で使いにくくなってしまうかもしれません。その点に関しては、注意が必要です。

ネクタイ

「とりあえず困ったときはコレを選んでおけば間違いない」プレゼントといえば、ネクタイです。相手の男性がサラリーマンだった場合、基本的にネクタイは、何本あっても困ることはありません。

むしろ、何本もコレクションがあったほうが、嬉しいものです。といいますのも、ふだん変わり映えのしないスーツばかりを着ているサラリーマンにとって、「ネクタイ」は“変わり映えのする”オシャレポイントだからです。

ネクタイを選ぶときは、相手のサラリーマンが、ふだんどんな色のスーツを着ているかをチェックしておきましょう。スーツの雰囲気に合わなければ、さすがに相手も使いどころに困ってしまいますので、注意が必要です。

万年筆

ひと昔まえ、「万年筆」はサラリーマンの必需品でした。しかしいまではもう、機能性のあるボールペンなどにとって代わられてしまっているので、存在感が薄れてきているように思えます。そんななかで近年、「万年筆」は高級感の文房具として人気が高まっています。

百貨店に行けば、かならず万年筆コーナーが特設されているほどに根強いファンがいるのです。万年筆を胸ポケットにさしているだけで、スーツの見栄えが一変します。プレゼント選びの候補に加えいれてみてはいかがでしょうか?

カードケース

カードケースとは、つまり「名刺入れ」のことです。「名刺入れ」は、ビジネスマンの“小物”として愛好されており、人によって、さまざまなこだわりがあります。「名刺入れ」は、人目に触れることが多い小物なので、機能性ではなく、見た目にこだわったものをプレゼントしたほうが、相手に喜ばれます。

マフラーと手袋

「勤労感謝の日」は、11月の末ですから、季節的には、防寒具がファッションのアイテムとして必須になります。なので、マフラーや手袋は、「勤労感謝の日」のプレゼントとして毎年高い人気を集めています。新しいマフラーや手袋を身につけると、日々のちょっとしたアクセントや刺激になるので、働く人にはたいへん喜ばれます。

女性が喜ぶ勤労感謝の日のプレゼント

勤労感謝の日 プレゼント

花束

「花束」は女性に喜ばれやすいプレゼントです。相手の趣味趣向を理解せずに“モノ”を贈るよりも、ずっとよいでしょう。もちろん、気心の知れた相手が女性ならば、「花束」以外のプレゼントもまったく問題ないですが、それでもプレゼント選びに困ってしまうときには、花屋さんに足を運んで、花束を予算内でみつくろってもらいましょう。

美容健康器具

女性はいくつになっても美しさに関心があります。「美容健康」に関するグッズもまた、たいへん喜ばれるプレゼントです。めずらしい美容器具や話題になっている美容グッズなどを贈ってあげると、たいへん喜ばれます。

ただし、化粧品や化粧水などの類は、あまり選ばないほうがいいです。というのも、女性は、自分の肌に合ったものやこだわりのあるものを使っていますので、ふだん使わない化粧品や化粧水をプレゼントされても、使い道に困ってしまうからです。もちろん、よく知っている相手(奥さんや彼女さん)であれば、その限りではないでしょう。

そもそも勤労感謝の由来や意味って?

勤労感謝の日 プレゼント

最後に、「勤労感謝の日」の由来について説明しましょう。この祝日が制定されたのは、戦後間もない1948年のことでした。もともとは、神道の「新嘗祭(にいさめさい)」がルーツであり、アメリカGHQの意向により、神道的なニュアンスを切り離し、「労働や労働の成果に感謝する」という意味を継承した「勤労感謝の日」がつくられることになったのです。

まとめ

勤労感謝の日 プレゼント

さてみなさん、いかがでしょうか。「勤労感謝の日」のプレゼントは、相手のことを考えれば考えるほど悩み甲斐はありますけれども、そのぶんだけ、選ぶ喜びや楽しさがあります。ぜひ、本記事をプレゼント選びの参考に役立てていただければ幸いです。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる