洗濯機の蛇口を開けっ放しはNG!思わぬ大惨事を招く恐れがあります!

洗濯機の蛇口を開けっ放しにしていませんか?洗濯機の蛇口は開けておくとボタン操作のみで洗濯できるので、蛇口を閉めずに使用を続けている人もいると思いますが、実はコレ大きな危険が潜んでいます。取扱説明書を読むと使う時に開けて使わない時は閉めると書いてあります。今回は洗濯機の蛇口の開けっ放しで何が起こるか紹介するので、毎回閉める習慣をつけましょう。

洗濯機の蛇口は開けっ放しはNG!

水が出ている蛇口

洗濯機の蛇口を開けっ放しにしておけば、全自動洗濯機の場合は洗濯するものを入れ洗剤を入れて、ボタンをいくつか押せばあとは待つだけで洗濯から脱水または乾燥まで全てやってくれます。

全自動洗濯機の場合は水を出したり止めたりしてくれるのは、洗濯機が自動でやってくれるので水道の蛇口から水がずっと出たままの状態になっているということを認識している人は少ないのではないでしょうか?実際は洗濯機側の電磁弁で水の流出を抑えているだけですので、水が止まっているように思えますが蛇口からホースまでの間は水が出続けています。

洗濯をする度に毎回やるのは面倒だからと蛇口の開け閉めをせずに洗濯機を使用していると思わぬ大惨事を起こしてしまう要因にもなってしまいます。これは洗濯機の取扱説明書にも「運転終了後は必ず水栓を閉じてください」と記載されています。

洗濯機は蛇口を開けっ放しにしている場合、蛇口やホースに常に水圧がかかった状態になります。この状態が長期に渡って続いてしまうと蛇口やホースに負荷が掛かり続けている状態なので、パッキンの劣化などから水漏れが発生してしまう原因になってしまいます。

在宅中に劣化したパッキンやホースから水漏れを起こしてしまった場合は、比較的早く水漏れに気がついて対処することができるかも知れませんが、就寝中や長期の旅行や帰省で数日不在になっているときに水漏れが起きた場合には、気づくのが遅れてしまうので、帰宅したら部屋中水浸しになってしまうことも考えられます。

またパッキンやホースがあまり劣化していなくても、地震の振動によってホースが外れてしまうことも考えられます。洗濯機を使用しないときは蛇口を開けっ放しにはせずに洗濯が終わったら必ず閉めることを忘れないように習慣づけしましょう。

洗濯機の蛇口を開けっ放しにしたときのトラブル例

  • 給水ホースが洗濯機から外れてしまい水漏れトラブル
  • 蛇口から給水ホースが外れてしまい水漏れトラブル
  • 水圧が常に接合部品にかかって破損してしまうトラブル
  • 地震の振動と水圧で給水ホースが外れて水漏れトラブル
  • 経年劣化による水圧で給水栓やジョイントが破損してしまうトラブル

洗濯機の蛇口を開けっ放しによるトラブルを防ぐための対策

洗濯機用水道
洗濯機の蛇口を開けっ放しで使用していた人や、普段洗濯機の使用後に蛇口を閉めている人の場合でも、蛇口を閉め忘れてしまったことによる水漏れ事故が起きてしまうことがあります。そのようなときのために、洗濯機の設置場所にある蛇口と交換して取り付けが可能な「緊急止水弁付洗濯機用水栓」というものがあります。

緊急止水弁付洗濯機用水栓

リクシル INAX 緊急止水弁付洗濯機用単水栓

出典:amazon.co.jp
LIXIL
LIXIL(リクシル) INAX 緊急止水弁付洗濯機用単水栓 LF-WJ50KQ
¥ 2,791(税込)
Amazonで見る

緊急止水弁付洗濯機用水栓は、予期せぬ状態でホースがはずれてしまった時などの緊急時に自動的に水が止まる仕組みの器具です。

ホースが外れると瞬時に止水する安心設計で、取り付けも簡単。全自動洗濯機の給水ホースのカプラが吐水口先端にワンタッチで接続できます。ホース内の異常圧を抑える昇圧防止機能もついていますので、洗濯機のバルブの開止による、ホース内にこもる圧力を吸収し、ホースの外れ・破損の防止につながります。

水漏れセンサー

LORIA・JP NEO水もれ報知器 WiFiスマート漏水センサー

出典:amazon.co.jp
LORIA・JP
LORIA・JP NEO水もれ報知器 WiFiスマート漏水センサー 無線 水 リーク 検出 水 センサー 警報 リーク 警報 ホームセキュリティ 水漏れ防止 送信機
¥ 2,978(税込)
Amazonで見る

水漏れセンサーという商品もあります。水漏れセンサーは水漏れを検知すると警報音を鳴らして水漏れを教えてくれる製品です。近年では家の中のwifiに接続して水漏れの検知した場合にはメールでお知らせをしてくれる機種もあります。

但し、洗濯中に外出している場合には水漏れが発生しても水漏れをしていることを知らせてくれますが、水を止めてくれる機能はまだ無いので、外出中の場合には一刻も早く自宅に戻って水漏れを止めなくてはなりません。

取り外しが簡単で、検出器の両側の形状、テープとナットの清掃が便利で、内装のカップで他の機械に簡単に貼ることができます。スマートウォーターセンサーはハブまたはサブスクリプションサービスは不要です。 既存のWi-Fiネットワークに接続するように設計されています。iOSとAndroidでAppをダウンロードし、それを水センサーにリンクするだけです。また、アプリケーションから、水漏れの即時プッシュ通知を受信し、また、水センサーの電力が決して使い果たされないように、デバイスのバッテリーレベルを監視することも可能です。

水漏れの対策グッズを使用することも重要ですが、水漏れを起こさないためには蛇口やホース、結合部品などを定期的に確認してメンテナンスを実施しましょう。何よりも洗濯機の蛇口は洗濯機を使う時に開けて、使用後に必ず閉めるクセをつけるようにしましょう。

蛇口を開けっ放しで洗濯機からの水漏れした場合

洗濯機の漏水

洗濯機の蛇口を開けっ放しにしていた場合に発生した水漏れのトラブルは、お住まいの状況によって被害は大きく変化します。自宅が戸建て住宅なのか、マンションやアパートなどの集合住宅なのかで、被害の大きさも大きく違ってきます。被害に共通するのは、自宅の床や壁材や家財道具などが濡れて水浸しになってしまうことで、水漏れ時間によっては浸水してしまうことです。その上で浸水しただけの高額な水道代もかかってきます。

すぐに水漏れに気がついて拭いて収まる程度の水漏れならば、大きな問題にはならないのですが、部屋への浸水までしてしまうと大惨事になってしまいます。掃除をしてもフローリングや絨毯、壁材まで使用出来なくなってしまい、交換をしなければなりません。木製の家財道具や電化製品など、多くのものが浸水で故障して使用出来なくなってしまいます。マンションやアパートなどの集合住宅では階下への水漏れが発生していることも考えられます。集合住宅の構造によっては、早期に発見できた水漏れの場合でも階下へ被害を及ぼすことがあります。住人にとっては迷惑なだけで済む話ではなくなってしまいますので注意しましょう。

 洗濯機が原因の水漏れ事故の対処の方法

水漏れ

水漏れ事故が起きてしまった場合の対処の方法は、何よりも先にまず全自動洗濯機の蛇口を閉めて水を止めましょう。漏れてしまっている水を見てしまうと慌てて水を拭いたりかき出すことから手をつけてたくなってしまうかも知れませんが、蛇口が開けっ放しの状態で水が漏れ続けていては拭いても意味がありません。

蛇口を閉めて水の流出を止めたら次に、電源コードが濡れていないか確認した上で、コンセントからプラグを抜きます。電源コードが濡れてしまっている場合には水気を拭き取って、乾いた状態にしてから抜きます。濡れたままの状態ですと感電の恐れがあるので、慌てずに確認しましょう。

蛇口を閉めてコンセントから電源コードを抜いてから、水を拭き取る作業に入るのですが、合わせて保険会社への連絡も早めにしましょう。

まとめ

洗濯機置き場

洗濯機の蛇口を開けっ放しにしたままの状態で使用していても洗濯機側の電磁弁によって水は止まっているので、何のトラブルも起きなければ月々の水道代に変化は無いのですが、何かしらの原因で蛇口と洗濯機をつないでいるホースが外れてしまったり、破損してしまった場合には水漏れを起こしてしまい、気がつくのが遅くなればなるほど家や家財道具さらに家電製品まで被害が及んでしまう大惨事を起こしてしまう可能性があります。集合住宅にお住まいの場合は自分の家の被害だけでは終わらないこともあるので、洗濯機の蛇口は洗濯機を使う時に開けて、使用後に必ず閉めましょう。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる