電車に乗ることが旅の目的。観光列車で非日常の空間へ

日常の喧騒や多忙な日々の疲れを癒す手段として、旅は大変魅了的なものです。観光列車の旅は電車に乗ることそのものが旅行の目的になり、移動の疲れを忘れさせてくれます。各社で工夫を凝らした旅の企画を一度体験したら観光列車が人気な理由に納得がいきます。遠出するか近場か、和風か洋風か、また海を見たいか、山の緑に囲まれたいか…。バラエティに富んだリフレッシュの選択があります。

観光列車の魅力とは?実際普通の列車とどこが違うの?

豪華寝台列車

観光列車と聞いて、昔懐かしい列車を復活させて走っている列車かと想像されている方がいるかもしれません。観光列車はそんなノスタルジックな気分に浸れるものもありますが、大きく進化した実に様々なタイプがあるのです。

地域の文化に彩られた内装

まずは「列車の内装」。1歩列車に乗り込んだら、時には和風、時には洋風の豪華で心地よい内装でもう別世界に入ることができるのです。更にその細部に目を向ければ観光地の地方の特色を取り入れた工夫がされていることが分かります。電車に乗ってしばらくはそんな発見を楽しむこともできます。

レストラン車両でゆっくり舌鼓を打つ

そして旅の目的に「グルメ」を期待されている方も多いことでしょう。観光列車には既にレストラン鉄道と銘打っているものもあり、ご当地グルメだけでなく、現地の特産品をシェフが腕をふるって作るメインやスイーツをゆったりと楽しむことができます。

観光列車には正に通常のレストランのようなサービスができる設備が整えられている物も今は珍しくありません。イタリアンであればピザの窯を搭載している列車があったり、ホテルでコース料理を食べているような気分になるデザインにしてあったりと、これも各列車様々な工夫が凝らされています。

宿泊も可能な幅広いサービス

特別な記念日には特別な観光列車の旅をしたいという方には、宿泊がパックになっていたり、ゴールドクラスが設けられていたりと、こちらも旅のグレードやテイストが選べるツアーが選べます。

観光地によっては雄大な自然の景色を見せてくれるなら快適なシートがあれば十分、といったところもあります。季節や時期を選んで選びたいものです。

観光列車、時にはちょっとした予習をしておくのも楽しい

めがね橋とSL

観光列車は景色やグルメの他に、現地の文化や歴史を体験できる大変いい機会でもあります。例えば岩手県の観光列車の例を挙げてみましょう。

岩手県が生んだ詩人であり作家、宮沢賢治の世界を体験できる観光列車があります。既に列車の内装で彼の思い描いたイーハトーブという世界観が想像でき、また彼のロマンに思いを馳せることができるでしょう。

もし時間があって旅行の前に彼の作品を読んだり彼の略年表などを見たりしておくと、現地での体験が更に印象深いものとなることは間違いありません。

予習の時間が取れなかった方も心配はありません。彼をテーマにした観光列車は博物館のような工夫がされており、彼の時代の内装だけでなく、彼にまつわる様々な資料が展示されているのです。

またプラネタリウムまで見ることができます。列車の外観を楽しむことから始まり、内装の発見、地元産の食事など楽しむことも可能。ゆったりと座って宮沢賢治の世界観の中に身を置きながら、静かに岩手の景色を眺めるのもまた大変有意義で贅沢なひと時になることでしょう。

観光列車には季節限定やイベント期間限定といったものもあり、人気の列車は満席になることもよくあります。旅に出ようかと決めたら余裕を持って目的地や目的のテーマを探しましょう。

観光列車は一人旅でも気の置けない友人と行くのでも、それぞれの楽しみ方ができます。

更に進化を続ける観光列車

列車旅をする女性

全国の観光列車では日本の魅力を再発見できる様々な企画が見つけられます。これからもまた新しい企画が出てきたり、より快適な装備が出来たりと、何度行っても全く別の体験ができます。

また複数泊の旅行の中に観光列車の旅を取り入れることもできるので数時間から数日間と楽しみ方もいろいろあります。次の観光列車の旅は何にしようかと考える楽しみがあると、日常生活の励みにもなることでしょう。

観光列車の車内