光熱費(電気・ガス)まとめて本当にお得なのはどこ?

電気・ガスの光熱費は、まとめるとお得になるプランが多いですが、それぞれの電力会社の料金やサービスをよく比較してから契約することが大切です。いろいろ調べずに契約したら今までより高くなった、というケースもあるようです。電気とガスをまとめるメリット・デメリットをご紹介します。

電気とガスをまとめるメリット

電球とお金

セット契約するとサービスに割引が適用されることや、双方のサービスが割引となり一般契約より安くなることが多いです。料金の割引の他にも、特典がつくプランやポイントがもらえるプランもあります。

例えば、東京ガスは毎月の電気料金に応じでパッチョポイントがたまり、nanacoポイントやPontaポイント、Tポイントなど日常で良く使うポイントと交換できるサービスなども行っています。また、電気とガスの光熱費をまとめると、これまで支払いが別々であったものを1本化になるので家計の管理がしやすくなります。

電気とガスをまとめるデメリット

女性とお金と電卓

セットにすれば、ガスも電気も安くなることが特徴のセットプランでも、必ずしも安くなるとは限らないようです。これまでの契約状態や、家族構成、割引の適用条件などが合っているか確認する必要はあります。

選ぶプランによってはセット割引が特に無いプランもあります。電力自由化により、お得に使える電力会社が新規参入していることで、よく比較してみると、電気とガスを別々の会社と契約するほうが節約になることもあります。また、セット割引の契約は、解約の際に違約金が発生することもあるので、事前に確認してから申し込みしましょう。

まとめてお得にするにはどうすればいい?

家計簿をつけている女性と豚の貯金箱

電気料金が安くなるプランを選ぶ

家庭で使われているエネルギーは、オール電化を除けば、電気とガスが使用されていますが、家庭で使うエネルギーは、一般的にガスより電気を使用している割合の方が大きいのです。

そのため、ガス料金が安いものより、電気料金の安いプランを選んだ方が、特になるケースが多いです。もしガスの使用量のほうが多いご家庭は、ガス料金が安くなるプランを選び、どちらをより安くしたいかで選ぶとよいでしょう。

電気は新電力を契約するのがお得?!

電気を安くしたい場合、電力会社は新電力会社のほうが、条件によって安くなることがあります。新電力は大手電力会社よりも価格が安く設定しているところがあるからです。大手電力会社の提供する都市ガスと、新電力会社の電気を選ぶというのが、光熱費を最も安くできる可能性の高い組合せになることもあります。

おすすめ新電力

電力会社契約で悩む主婦

LOOP電気

基本料金が0円で、数ある新電力の中で最も安いのが魅力です。契約期間の縛りや違約金もなく、窓口の対応も正確で丁寧であることから、安心して申し込みができます。東京電力との比較では、3人世帯400kwh使用の場合、月744円・年間8,928円お得になります。

ENEOS電気

使えば使うほどお得になる料金設定で、使用量が少なくてもこれまでより高くなることは無いそうです。Tポイントなどのポイントが貯まることや、ガソリン代がお得になるなど特典がさまざまです。東京電力との比較では、3人世帯400kwh使用の場合、月767円・年間9,204円お得になります。

ミツウロコ電気

使用量が少ない家庭向けのプランもありますが、使う量が多ければ多いほど安くなります。契約や解約に関わる違約金もないので、消費量が多い家庭にはお勧めです。東京電力との比較では、3人世帯400kwh使用の場合、月852円・年間10,224円お得になります。

電気とガスのセットプランが一番安くなるわけではない

新しい家計簿とペンと電卓

電気とガスをまとめると、どの料金がどれだけ安くなっているか分かりづらいというデメリットもあります。また、新電力はお得な料金設定のところも多いため、電気とガスをセットプランで一緒に契約することが一番安い選択肢ではない、ということも覚えておきましょう。