缶切りの代用7選!缶詰を開ける方法とコツ

缶切りがなくても代用品で缶詰を開けることができますが、缶切りの代用になにがあるかご存知でしょうか?実は、スプーンやドライバーやどの家庭にもある身近なもので簡単に開けることができます。今回は缶切りが無い時の代用品と開け方や外出先での対処法をご紹介したいと思います。災害時にも役立つ情報もありますので参考にしてください。

缶切りの代用7選

缶切り

缶切りの代用になる8つの代用品と、缶切りの代用品を使った缶詰のフタの開け方をご紹介いたします。缶切りの代用品を使う際は、どんな方法も「軍手」「布(おしぼりや台拭きなど)」を用意しましょう。また缶詰の中身の汁がこぼれる可能性がありますので「新聞紙」などを缶詰の下に敷いて作業することをおすすめします。

①スプーン

スプーンで缶を開ける

どのご家庭にもあるスプーンを缶切りの代用にして缶詰を開けます。やり方はとてもシンプル。

スプーンを代用する手順

用意するもの

スプーン1本:カレースプーンのような大きめの硬い素材のスプーン

手順

  1. スプーンのすくう部分(つぼ)のすぐ上から持ち手をしっかりと握る
  2. 缶詰のフタの内側の縁にスプーンの先端を当て、一ヶ所を強くゴシゴシこする
  3. 擦り続けると穴が開くので、その穴にスプーンの先端を入れる
  4. 缶切りと同じ要領でスプーンを横に動かしながらスライドさせてフタを広げるように開ける
  5. 缶詰の縁を一周裂いたらスプーンを蓋の隙間に入れ、テコの原理でスプーンの持ち手を押して開く

ポイント

この方法はけっこう力がいりますので女性には少々難しいように感じるかもしれませんね。スプーンをしっかり持つことがコツですので、スプーンの持ち手の周りにおしぼりや台拭きなどをぐるぐる巻いて持ちやすくすると握力も少なくてすみますのでやってみてください。

また、缶詰めが滑りやすいので軍手やゴム手袋をしながら作業することをおすすめします。缶詰の中のシロップなどの汁がこぼれますので、汁の量が多い缶詰を開ける際は、下におしぼりやふきんなどのすべらない素材の布を敷いて作業することをおすすめします。

②ドライバー

マイナスドライバー

用意するもの

  • マイナスドライバー
  • トンカチまたは石など硬いもの

手順

  1. 缶詰のフタの縁にマイナスドライバーの先端を突き刺し、トンカチなど硬いものでドライバーの上からとんとん叩いて穴を開ける
  2. 穴が開いたら、その穴の横にドライバーをあてて同じように穴を開け、横に切り込みを広げていく
  3. 2/3ほどフタが切れたらフタを持ち上げて開く

この缶切りの代用方法の他に、ドライバーの先端でフタの縁をゴシゴシこすって穴を開け、通常の缶切りと同じようにドライバーを前または後ろに動かしながらフタを広げるよう開けます。

ポイント

この方法は穴を開ける際力がかかりますので女性の場合は軍手をし、平たい石、またはトンカチの持ち手の部分をお絞りや台拭きなどで巻くと叩きやすくなり、力を入れなくても穴が開きやすくなります。

缶切りの代用としてドライバーの上からトンカチでたたく場合は、トンカチが滑って指や手を叩いて怪我をする可能性がありますので注意しましょう。力を入れすぎてドライバーが穴を奥まで刺さると缶詰の中のものにも刺さってしまいますので注意しましょう。

③ハサミ

ハサミ

用意するもの

ハサミ

手順

  1. ハサミの刃先を缶詰のフタの縁に立て、ゴシゴシ擦って穴を開けるか、とんとん叩いて穴を開ける
  2. 穴が開いたらハサミの先の部分を差し込み、缶切りで開けるよう前または後ろにずらしてフタを押上げながら開く

ポイント

ハサミは怪我をする恐れがありますのでとても危険です。力を入れた手が滑るとハサミで手を切る可能性がありますので、必ず軍手をし缶詰を抑えている手にもおしぼりや台拭きを巻くなどして注意しましょう。

④アイスピック

錐

アイスピックのように先端が細く尖ったものも缶切りの代用として使うことができます。

用意するもの

アイスピック

手順

  1. アイスピックの先端をフタの縁に立て、トンカチや平たい石など硬いものでトントン叩いて細い穴を開ける
  2. そのまま続けてアイスピックを横にずらしながら穴を開け、切り取り線をつけるような感じでフタの縁一周に穴を開ける
  3. フタの縁一周に切り取り穴が開いた後アイスピックを外し、手で缶詰のフタを上から押して缶の中に少し押し込む
  4. 押し込んだフタの内側にアイスピックを差し込みフタを持ち上げ、缶詰のフタを開ける

ポイント

一度フタを缶詰の中に押し込んでから持ち上げるのがコツです。穴と穴の隙間がないようにくっつけて穴を開けると、缶詰のフタを押し込みやすいです。フタを押す際はあまり力を入れすぎるとフタが缶詰の中に入りすぎて下から持ち上げることができなくなりますので力かげんに注意しましょう。

⑤ナイフ

ナイフで缶を開ける

用意するもの

ナイフ

手順

  1. ナイフの先端を缶詰の縁に立て、横に擦って穴をあける
  2. 開いた穴にナイフを差し込みナイフの刃で横に切り裂いていく
  3. 一周切り裂いたらナイフを上に持ち上げフタを開く

ポイント

大きいナイフはフタの縁を切り裂くのにやりにくいので果物ナイフやぺティナイフほどの大きさのナイフを使用しましょう。でも、ナイフはとても危険ですのであまりおすすめしません。

⑥ニッパー

ニッパー

用意するもの

ニッパー(先が細めのもの)

手順

  1. 缶詰の縁にニッパーの先端をグリグリあてて穴を開ける
  2. 開いた穴から縁をぐるっと一周切るとフタが外れる

ポイント

ニッパーを使う方法はハサミやドライバーやナイフなどよりも確実に開きますが、開け方によって破片が缶の中身に入る可能性もありますので注意しましょう。

⑦10円玉

硬貨

用意するもの

10円玉、または100円玉

手順

  1. 缶詰のフタの縁に10円玉を立てて置き、横にゴシゴシ擦って穴をあける
  2. 穴の中に10円玉を差し込み缶切りで開ける要領で10円玉を横にずらしながらフタを押上げて開く。または、ゴシゴシ擦って穴を開ける作業を横にずらしながら続けて切り込みを入れ、2/3ほど切れたら10円玉で押上げて開く

ポイント

指先だけの力で擦るので穴が開くまでに時間がかかりますのでお急ぎの場合は、少し擦って削れてきたら10円玉を立てて上から平らな石などで叩くと穴が開きやすくなります。この方法でしたら女性でもできると思います。叩く力も加えていくと開きやすくなります。

屋外での缶切りの代用はコンクリート

缶詰

屋外で缶切りや缶切りの代用品が無くてもコンクリートやアスファルトさえあれば缶詰を開けることができます。この方法は自衛隊の防災テクニックで、コンクリートやアスファルトがなければ大きな岩の平らな部分を利用します。

缶詰をコンクリートに擦って開ける方法

  1. コンクリートの上に缶詰を逆さま置く
  2. 缶詰をコンクリートに押さえつけて円をかくようにゴシゴシコンクリートに擦り付ける
  3. 缶詰の蓋の縁が削れて蓋が取れます。蓋が取れたらひっくり返して完了

ポイント

とてもシンプルな方法ですが、実はもともと缶詰は縁の接合部分が削ると取れるように作られていますので女性や子供でも大丈夫です。災害時にも役に立つ方法ですね。コンクリートだけでなくアスファルトでもOKです。

缶切りの代用品の注意点

軍手

缶が滑って怪我をしたり外れた蓋で手を切ったりしないよう、軍手やゴム手袋や布を当てながら作業しましょう。

まとめ

缶切り

缶詰の代用は色々ありますが、どの方法も缶詰のフタや代用品で怪我をする可能性がありますので注意しましょう。缶詰はプルトップ型が多いので缶切りを使うことが少なくなりました。

実際私はここ数年缶切りを使ったことが無かったので、缶切りをどこにしまったか探してみましたが結局缶切りは見つかりませんでした。缶切りの代用でフタを開ける方法はどの方法も根気のいる作業ですが、災害などの時に役立つかもしれませんので覚えておくと安心ですね。