レーヨンの季節はいつ?生地の素材に適した時期とは

レーヨンのスカーフ

シルクに似た肌触りが特徴的で、化学繊維で作られたレーヨンの服に適した季節はいつなのか。素朴な疑問を解消するために繊維の特徴から取り扱い方、保存方法などをわかりやすくご説明します。基本的に適したレーヨン生地に適した季節は夏ですが、冬でも使える場面があります。どのタイミングで着用すれば良いのかも併せてご紹介します。

レーヨンに適した季節とは?

レーヨン素材の服を着る女性

レーヨンの季節は「夏」

レーヨンに適した季節は夏です。レーヨンは、シルクに似た肌触りの化学繊維です。原料は木材パルプで、セルロースが主成分になります。コットンやリネン・シルクなどと一緒に、夏によく使われている素材になります。

レーヨンが夏に最適な理由

レーヨンは肌に触れることで、ひんやりとした感覚になる涼感作用が特徴です。熱伝導性が高く、ひんやりする感覚を助長することができます。汗を吸い取る吸水性もあるので、夏に適した素材と言えるでしょう。また、繊維が弱酸性で、汗などから出るアンモニア臭を中和させる働きがあります。そのことから、レーヨンは服だけでなく夏用の布団や枕カバーなどに使用されることも多いです。

レーヨンはドレープ性(体にフィットする性質)が良く、ふんわりとした効果を出せることが特徴です。そのため、春から夏用のフレアスカートやブラウスはレーヨンで作られることが多いです。

夏にレーヨン素材の服を着た時、温度が30℃以上でも、涼しく感じることができます。薄手で風通しがいいので、涼感作用を発揮できるのです。

冬のレーヨンの使い道

逆に、レーヨン素材の服を冬に着る時は、何枚も重ね着をしないと温まりません。しかし、レーヨン素材は冬に使うこともでります。

例えば、「吸湿発熱性(※)の肌着」などです。これは、汗などの水分を吸収することで、熱が出ることを利用しています。つまり、冬に着用すれば、自分の汗などを利用して温まれるでしょう。具体的には、冬用の肌着や腹巻・スポーツウェアなどに使われることが多いです。

(※)吸湿発熱性は、服の繊維が水分などで発熱する性質です。レーヨンの吸湿発熱作用では、繊維吸湿が飽和するまで発熱し続けることができます。これは、繊維表面にある水酸基に水が吸着し、運動エネルギーから熱エネルギーになるからです。レーヨンの繊維を細かくすれば、その機能がさらに高まります。

レーヨンの洗濯や干し方、保管方法

洗濯ネット

縮む可能性を考慮して

レーヨンは洗濯機などで洗うことで、縮む可能性があります。よって、手洗いもしくは洗濯ネットを使用するといいでしょう。なるべく刺激を避けることが重要です。洗う時は、おしゃれ着洗い専用洗剤を使用することでも、長持ちさせることができます。

ドライニング 洗濯洗剤 ノンシリコン・おしゃれ着用 本体 500mL

ドライニング 洗濯洗剤 ノンシリコン・おしゃれ着用 本体 500mL

日陰干しがベスト

乾かす時は、日陰干しにするといいでしょう。日光に当たると、色褪せが起きて色ムラの原因になります。アイロンをかける時は、低温にすることも重要です。なるべくスチーム機能は使わず、当て布をしてからアイロンをかけます。

ダイヤ なめらかアイロンあて布

ダイヤ なめらかアイロンあて布 スチーム対応 横約56cm×縦約36cm

湿度が少ない場所に保管

保管をする時は、湿度が少ない状態を保つといいでしょう。レーヨンは吸水性が高く、縮みやすい特徴があります。つまり、湿度が高いところで保管していると、縮んでしまうことがあるのです。それを避けるためには、湿度が低い場所での保管をし、除湿剤などの乾燥剤を使用しましょう。

備長炭ドライペット 除湿剤 引き出し・衣装ケース用

備長炭ドライペット 除湿剤 引き出し・衣装ケース用 25g ×12シート

レーヨンの快適な着心地を得るために

レーヨンのスカーフ

レーヨンには涼感作用や吸水作用などがあり、汗が多い夏の時期に適しています。また、薄手のものを着用すれば、30℃以上の気温でも風通しがよく、涼しく感じることができるでしょう。

レーヨンの服を着るためには、洗濯方法や干し方・アイロン方法・保管の仕方などを知っておくことも重要です。これを参考に、レーヨン素材の服を着てみてください。

レーヨンのスカーフ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる