洗濯機の排水ホース掃除まとめ!簡単に綺麗にする方法

洗濯機の排水ホースの掃除ってどうしていますか?洗濯機の排水ホースは掃除せずにいると「ニオイ」や「詰まり」の原因になってしまうことがあります。見えない場所なので見る機会はないと思いますが、排水ホースの中にもとんでもなく汚れがついています。洗濯機の周りから何だか臭ってくると感じたら排水ホースの掃除の良いタイミングです。ニオイと詰まりを解消できる方法をご紹介します。

洗濯機の排水ホースの掃除の仕方

洗濯機と女性の腕

キレイな水を流すだけ

排水ホースに詰まりやニオイがなく、汚れがかるい場合の掃除の仕方です。普段の定期的な掃除にも利用することができます。この排水ホースの掃除の仕方は、排水ホースを取り外すことができる場合にも、取り外すことができない場合にも、両方の掃除に利用することができます。排水ホースの取り外しって意外と面倒ですし、また取り付けるのもなかなか難しいものです。

掃除の手順

  1. 排水ホースの先端を閉じます
  2. 洗濯層に洗剤と水を入れます
  3. 排水ホースに洗剤と水がたまるので、そのまま放置します
  4. 閉じていた排水ホースの先端を開けます
  5. たまっていた洗剤と水が流れていきます
  6. 洗濯層にキレイな水を何度が流し入れます
  7. キレイな水が排水ホースを流れていき、キレイになります

酵素系漂白剤を使う

漂白剤

洗濯機の排水ホースからイヤなニオイがする場合や詰まりがある場合には、酵素系漂白剤を使って掃除します。洗濯機の排水ホースって想像以上に汚れてしまっていますし、髪の毛や糸くずやホコリなどが絡まって排水ホースの内部にこびりついています。

排水の流れも悪くなりますし、洗濯機の故障の原因にもなりかねません。これまでに洗濯機の排水ホースの掃除をしたことがないという方は、ぜひ排水ホースを取り外して内部を覗いてみてください。覗く前にひどいニオイがするかもしれません。

髪の毛や糸くずやホコリなどが絡まって排水ホースの内部にこびりついている場合には、酵素系漂白剤を使って掃除することで、そのこびりついた汚れの塊を溶かして流してくれます。

掃除の手順

  1. 排水ホースの先端を閉じます
  2. 洗濯層に酵素系漂白剤と水を入れます
  3. 排水ホースに酵素系漂白剤と水がたまるので、そのまま放置します
  4. 閉じていた排水ホースの先端を開けます
  5. たまっていた酵素系漂白剤と水が流れていきます
  6. 洗濯層にキレイな水を何度が流し入れます
  7. キレイな水が排水ホースを流れていき、キレイになります

こびりついていた汚れがごっそり出てきます。そのまま排水してしまうと排水管の詰まりの原因になってしまう可能性があります。お風呂用の掃除ネットやキッチンで使用する三角コーナー用のネットなどを使用して汚れをチャッキしましょう。

排水ホースを取り外すことなく掃除することができる方法です。掃除する時間がない日でも、お出かけの前にやっておくと、帰宅したときにはスッキリキレイになっています。

重曹を使う

瓶に入った重曹

重曹を使った洗濯機の排水ホースの掃除は普段の掃除におすすめです。家中の掃除に便利な重曹ですが、汚れだけではなくニオイも落としてくれるので、洗濯機の排水ホースの掃除にも効果的なのです。

掃除の手順

  1. 排水ホースの洗濯を閉じます
  2. バケツに40℃くらいのぬるま湯と重曹を入れて、重曹をよく溶かします。重曹の量はぬるま湯1リットルに対して大さじ4杯くらいです。目分量で構いません
  3. 重曹を溶かしたぬるま湯を洗濯層に入れます
  4. そのまましばらく放置します
  5. 排水ホースの洗濯を開け、ためていたものを流します
  6. 洗濯層にキレイに水を何度か入れて、排水ホースをすすぎ洗いします

ちなみに、ためていたものを流すとき、排水管ではなくバケツに流してみてください。どれだけの汚れが排水ホースにたまっていたのかを確認することができます。それを見ると、とんでもなく汚いし臭うと思いますが、もっと定期的に掃除しようという気持ちにもなれるのでおすすめです。

まとめ

洗濯機のホース

洗濯機の排水ホースは定期的に掃除をすることで10年は使い続けることができるとされています。何も掃除をしないのであれば数年で買い替えた方が良いくらい内部の汚れがひどい場合があります。

自分で取り外して交換できる洗濯機なら良いのですが、業者に頼まなければならないものもあります。ご紹介した3つの洗濯機の排水ホースの掃除の仕方は、排水ホースを取り外さなくてもできる掃除の仕方です。ぜひ試してみてください。