エアコンの冷房は1日中つけておいた方が電気代は安いの?都度消しと比較してみた結果

エアコンをつける女性

真夏日には、冷房を1日中つけておくというご家庭と、その都度切るようにしているというご家庭で分かれます。エアコンの冷房機能は、1日中つけておくのと都度消しと、どちらがお得なのでしょうか。今回は、比較してみた結果をご紹介するので、真夏の電気代節約の参考にしてみてください!

真夏に欠かせないエアコンの電気代が気になる人は多い

エアコンと小銭入れを持って困っている女性

夏になると、日本では外気温が35℃を超える日も珍しくないため、室内にいても蒸し蒸しとした暑さを感じます。そのため、家の中にいるときもエアコンの冷房機能は欠かせない存在です。

家事や育児に追われている専業主婦の方などは、1日中家にいることも多く、その場合、エアコンの冷房機能を1日中つけっぱなしというご家庭も多いでしょう。熱中症対策のため、エアコンの冷房が欠かせないとは言え、電気代が気になるという人も多いと思います。

しかし、「外出する都度、エアコンを消すよりも1日中つけっぱなしにしていた方が電気代は安い」という話を耳にしたことはありませんか。実際、どのようにエアコンを稼働させる方法が最もコストパフォーマンスが良いのでしょうか。

冷房は1日中つけておくべき?都度消しとの電気代を比較

エアコンの冷房機能を使う際、1日中つけっぱなしにしておくべきか、外出する度にエアコンを消して出かけるべきか迷う人は多くいます。そこで、ここでは冷房を1日中つけっぱなしにした場合と都度消しとの電気代を比較してみましょう。

エアコンは室温を設定温度へと下げるまでが最も電気代がかかる

まず基礎知識として、エアコンの冷房機能で電気代が最もかかるタイミングは、室温をエアコンの設定温度まで下げている間です。室温を下げるために多くの風力を必要とするため、この時間が最もエアコンの電力を使うタイミングとなります。

一度、室温がエアコンの設定温度まで下がると、自動機能によって風力が自動的に弱まり、電気代はあまり高くなりません。場合によっては、室温を感知して一時的に稼働を止める機能が搭載されたエアコンもあるため、電気代がかからない時間帯もあるでしょう。

気温が設定温度を超えている場合はつけておく方がお得!

では、エアコンの冷房はつけっぱなしにしておくべきなのでしょうか。それともその都度、消して出かけるべきなのでしょうか。

これは外出時間や外気温と室温の差によっても回答が異なります。外気温があまりにも高く、設定温度を大幅に超えている場合は、エアコンを稼働させるたびに高い電気代がかかってしまうため、つけっぱなしにした方がお得になるケースが多いです。

例えば、近所のスーパーまで買い出しに行く場合、外出時間は30分〜1時間ほどで済みます。この間、エアコンを消してしまうと、一気に室温が上昇し、帰宅後に再びエアコンを再稼働させて高い電気代がかかってしまうことになります。

このように、近所に買い物へ行く場合、子どもの送迎、犬の散歩など、短時間であれば、都度消しよりもつけっぱなしにして出かけた方が電気代がかかりません。

24時間つけっぱなしは危険!つけっぱなしの使い所を考えて

ただし、どのような状況でもつけっぱなしにして出かけるべき、というわけではありません。24時間、必要もないのにつけっぱなしにしていると、やはり過剰に電気代がかかってしまい、結果的に都度消しよりも電気代は高くなってしまいます。

また、日中は多くの時間を外で過ごすというご家庭の場合、外出している間はエアコンを消して出かけた方が再稼働にかかる電気代を考慮しても安く済みます。

エアコンをつけっぱなしにするべきケースは、以下の通りです。

  • 少しだけ家を空ける場合
  • 設定温度を外気温が大きく上回っている場合

先に紹介した通り、30分〜1時間程度の外出であれば、つけっぱなしにして出かけた方がお得です。また、設定温度を外気温が大きく上回っている場合も、つけっぱなしにしておくことで、室温を設定温度まで下げるための電気代がかからずに済みます。

エアコンをつけっぱなしにする場合は『自動運転』を活用して

もしもエアコンをつけっぱなしにする場合は、モードを『自動運転』に切り替えましょう。多くのエアコンに搭載されている『自動運転』モードは、室温を設定温度まで一気に下げ、その後は自動的に風力を弱めて運転してくれるため、家計に優しい機能となっています。

エアコンを長時間つけっぱなしにする場合は、自動運転モードを活用することで、効率良く、家計に大きな負担をかけずに快適さを保つことができるので、ぜひ搭載されている場合は活用してみてください。

つけっぱなしでも節電を!エアコンの電気代を節約する方法

エアコンの掃除

エアコンをつけっぱなしにする場合、都度消しよりもコストパフォーマンスが良いとはいえ、やはり電気代が気になります。そこで、少しでもエアコンの電気代を節約できる方法を以下に紹介します。

  • サーキュレーターや扇風機と併用する
  • 気温が上がり切る前に送風運転で部屋の空気を循環させる
  • エアコンのフィルターは定期的に掃除する
  • 室外機の設置環境を見直す
  • 部屋の遮光性のあるレースカーテンにする

エアコンの運転効率を上げることで、室温を設定温度まで下げる時間を短縮できます。扇風機や送風運転を活用し、冷房機能による冷風が室内全体に行き渡るように工夫しましょう。

また、室外機の置かれている環境やエアコンフィルターの状態によっても運転効率は大きく変わります。「部屋が冷えるまでに時間がかかる」と感じる場合は、まず室外機の周辺に物は置かれていないか、直射日光は当たっていないか、フィルターが汚れていないか確認してみましょう。

家にいる時間が多い場合はエアコンのつけっぱなしがお得!

いかがでしたか。家にいる時間が多い場合は、外出する度にエアコンを消すのではなく、エアコンを自動運転でつけっぱなしにした方がお得になるケースが多いです。長時間の外出をしない日は、エアコンの冷房機能をつけっぱなしにすることをおすすめします。

この記事のタイトルとURLをコピーする
エアコンをつける女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る