コーヒーを飲んではいけない時間がある!?その理由とおすすめの時間帯

コーヒーを飲む女性

食後やブレイクタイム、朝起きたときなど、コーヒーを飲みたくなるタイミングは人それぞれあるものです。しかし、コーヒーを飲む時間によっては、十分に成分が摂取できなかったり、体に負担を与えてしまう可能性があるので要注意!今回は、コーヒーを摂取するべきではない時間についてまとめました。おすすめの時間帯も、併せてチェック!

コーヒーを飲んではいけない時間があるの!?

コーヒー

コーヒーが好きな人は、要所でコーヒーブレイクしたくなるものです。まずは、コーヒーが持つ効果からチェックしてみましょう。

  • 眠気覚醒
  • 集中力が上がる
  • 脂肪が燃焼しやすくなる

上記のような効果があるので、積極的にコーヒーを摂取している人もいるかもしれません。しかし、コーヒーを飲まないほうがいい時間帯がある飲物!飲むべきでない時間を把握し、効果を高めましょう。

コーヒーを飲むべきではない時間帯とは

バツ印を出す女性

コーヒーを飲むべきではない時間帯をチェックし、ブレイクタイムをいつにすべきか考えてみましょう。

①8~9時

起きてすぐの時間から、8~9時までは、コーヒーを飲むのに適していない時間帯です。

  • 体の目覚めを促すため、コルチゾールという成分が血中で多くなるため
  • カフェインを過剰摂取しやすい
  • 体がカフェインを必要としていない状態であるため
  • 利尿作用があるため
  • 胃への刺激が強すぎる
  • 朝コーヒーを飲み続けることで、カフェインが利きにくくなる

上記のように、朝コーヒーを飲むことはあまり体によい効果をもたらしてくれません。できれば水など、胃への負担が少なくしっかり水分補給ができるものを摂取しましょう。

②12~13時

昼食時の時間。パンや洋食を食べるとき、お供にコーヒーを飲む人が多いですよね。しかしお昼の時間帯は、ストレスホルモン(コルチゾール)が上昇する時間であるため、カフェインの効果を得にくい時間帯となります。

③17時半~18時半

夕方にも、ストレスホルモンが上昇しやすい時間帯があるので要注意!

  • ストレスホルモン(コルチゾール)が上昇する時間帯であるため
  • カフェインの効果が4時間、半減するまで8時間程度かかるため
  • 体は眠っていても、脳は眠れない状態になるため
  • 利尿作用があり、夜中に尿意で目を覚ましやすくなる
  • 覚醒効果があるので、就寝すべき時間に寝つきにくい

18時以降にコーヒーを飲んでしまうと、寝つきが悪くなります。脳はしっかりと休めていないため、翌日頭の回転が鈍ってしまうかも。判断ミスなどを避けるためにも、夕方以降のコーヒー摂取には気をつけてくださいね。

コーヒーを飲むのにおすすめの時間

笑顔でコーヒーを飲む女性

コーヒーの効果を存分に高めながら、美味しく楽しめるのは以下の時間帯になります。

  • 9~11時…子どもや夫が家から出て、家事が一段落したタイミングがベスト
  • 14~16時…昼食後のおやつどき、ストレスが少ない時間を狙うのがおすすめ

ストレスホルモンが少ない時間帯を狙って飲むと、コーヒーが持つ効果を引き出しやすくなるります。好きな時間に飲むことでストレスの発散や心を落ち着けることができる場合は、時間にとらわれすぎずに摂取するのもアリ!自分に合った方法で、コーヒーを摂取しましょう。

まとめ

コーヒーを飲む時間帯によって、コーヒーが持つ効果を存分に吸収できるときと、そうでないときがあります。時間帯に配慮し、体に負荷がかからないよう心がけながらコーヒーを満喫しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
コーヒーを飲む女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る