実は他人を傷つけている『NGワード』3選 気付かないうちに発言しているかも

自分は無意識だったとしても、周囲の人を傷つけてしまう言葉というのはあるものです。まずは、相手を傷つけてしまう可能性のある言葉をチェック!普段の自分の言動を振り返ってみましょう。他人を傷つけてしまうNGワードも紹介しているので、自分が言っていないか確認してみてください。相手を傷つけてしまったときの、対処方法も必見です。

相手を傷つけやすい人の特徴

怒る上司

世の中には、いろいろな人がいます。中には、「どうしてそんなこと言うのかな?」と思えるようなことを言う人もいるものです。他人を傷つけてしまうことを言いがちな人には、以下のような特徴がみられやすい傾向があります。

  • 自分が言っていることに責任を感じていない人
  • 無神経な人
  • 悪気なく思ったことをなんでも口にする人

当てはまる部分がある場合は、無意識に周囲の人を傷つけてしまわないよう要注意!

実は他人を傷つけている『NGワード』3選

喧嘩する女性

自分では大したことを言っていないと思っていなくても、相手の心に傷を残してしまう可能性がある言葉を集めました。

1.相手を見下す発言

後輩や自分よりも年齢が若い人に対して、相手を見下すようなことを言ってしまうのはよくありません。

  • そんなことも知らないの?
  • これは常識だと思ってたんだけど
  • 言われなくてもできると思っていたのに
  • 教えてもらわないとわからないの?など

わからないことは教えてもらわなければ、発見して対処するのは難しいものです。人はそれぞれ人生の経験値が異なるので、自分が知っていることはみな知っていて当然といった趣旨のことを言うのはNG。

2.傷ついた相手の傷に塩を塗る発言

なんらかの理由で傷ついていたり不満に感じたことを言っている人に対して、傷口に塩を塗るようなことを言うと嫌われてしまうかもしれません。

  • 相手も悪いけど、あなたも悪い
  • みんな、なにかしら苦労してる
  • 昔だったらそんなの普通
  • 甘えすぎ
  • 相手に悪気がないならしょうがない
  • 傷ついたのも、人生には欠かせない経験だったんじゃない?

相手の話を斜め上から見下して聞くのではなく、しっかりと受け止めてあげることが大切です。

3.相手の発言を否定する言葉

相手の話を、丸ごと否定するような発言をしてしまうのはNG。

  • そんなこと言いだしたら、もうなにも言えない
  • 言うのが遅いから、助けない
  • 相手にやり返していたら、同じ部類の人間になるよ?
  • そんなことで傷つくのは大げさ
  • あなたの話、面白くないんだけど
  • 結局なにが言いたいのかわからない

話を聞いてほしいと思って話しているのに、上記のようなことを言われてしまうと、相手は話す気持ちを失ってしまいます。

相手を傷つけてしまったときの対処方法

見上げる女性

相手を傷つけてしまったときは、以下の行動を取ってみてください。

  • 自分の発言を振り返り、相手の立場に立って物事を考える
  • 傷つけてしまった発言について、素直に謝る
  • 言い訳をしない
  • 自分のウィークポイントを理解し、改善する方法を見つけ出して実践する
  • 相手との距離を無理に詰めず、謝罪後は相手の出方や反応を観察する

無意識とはいえ、相手が傷つくことを言ってしまった場合は、素直に謝るのが鉄則です。相手が不快な思いをしているにもかかわらず、言い訳をしたり笑ってごまかすなどの行動を取ってしまうと、一気に信用を失うかもしれません。

自分のどういった部分が悪かったのかを把握し、ウィークポイントと向き合いましょう。改善するよう心がけることによって、少しずつ変わることができますよ。

まとめ

周囲の人とのつながりは、大切にして損をすることはありません。相手を傷つけてしまわないためにも、自分の言葉には責任を持ちましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる