ぬいぐるみにしてはいけない『絶対NG行為』5選

クマのぬいぐるみ

皆さんのご家庭にはぬいぐるみを飾っていますか。ぬいぐるみは、古来より「魂が宿る」と考えられてきました。そのため、風水でも「あまり持っていると良くない」と考えられているほど重要視しなければいけないアイテムの1つです。今回は、そんなぬいぐるみへのNG行為や正しい処分方法を解説します。

ぬいぐるみは昔から「魂が宿る」と言われている

ぬいぐるみを持って微笑む女性

ぬいぐるみは、インテリアとしても子どものおもちゃとしても可愛らしいアイテムの1つです。しかし、生き物の形をしていることから、古来より「ぬいぐるみには魂が宿る」と考えられてきました。

特に、人型をしたぬいぐるみや人形は魂が宿りやすいと考えられており、実際にぬいぐるみや人形にまつわる様々な話や都市伝説などが生まれています。

また、このような話を耳にすることで、ぬいぐるみに対して「怖い」「なんとなく不気味」という印象を抱いている人も少なくありません。

ぬいぐるみにしてはいけない『絶対NG行為』5選

暗闇に置かれたぬいぐるみ

ぬいぐるみは、風水においても「下手に扱ってはいけない」「飾る際は注意が必要」と考えられています。ここでは、一般的にぬいぐるみにしてはいけない、ぬいぐるみでしてはいけないとされている絶対NG行為を5つご紹介します。

1.寝室に飾る

ぬいぐるみは生き物の形をしていることから、あらゆる気を吸い込みやすいと考えられています。それらの「気」の中には、人間が持つ生気も含まれるため、寝室に飾ってしまうと、寝ている間に生気を奪われてしまうと考えられています。

ぬいぐるみを寝室に飾ることで、寝ている間の無防備な状態の人間の生気を吸い取り、疲労を蓄積させたり、体調不良を引き起こしたりすると言われています。

2.家の至る所に多くのぬいぐるみを置く

同じ家に多くのぬいぐるみを所有したり、飾ったりする行為も基本的には控えるべきと考えられています。先ほどお話ししたように、ぬいぐるみはあらゆる気を吸い取ってしまうため、悪い気も良い気も吸い取ってしまい、家全体の運気を下げてしまうからです。

悪い気を吸い取ったぬいぐるみは、置いておくことで家の雰囲気を悪くしたり運気を下げたりする恐れがあります。また、良い気を吸い取ってしまうことで、本来住んでいる人が受けるはずの運気上昇効果を妨げてしまうと考えられています。

したがって、気が入ってくる玄関に置いたり、一箇所に多くのぬいぐるみを置いたりする行為は、絶対に避けてください。

3.埃がかぶったまま放置している

汚れた状態や埃がかぶった状態というのは、悪い気を引き寄せるため、ぬいぐるみに限らず多くの場所やアイテムでもNGとされています。しかし、その中でもぬいぐるみは特に気を寄せ付けやすいため、埃がかぶったまま放置する行為は危険です。

悪い気を吸い取ったり、引き寄せたりするだけでなく、ぬいぐるみ自体に魂とされる存在が宿ってしまっている場合、埃がかぶったまま放置されていることに腹を立て、より運気を下げてしまう恐れがあります。

こうした理由から、風水的にも汚れたぬいぐるみは、定期的に洗濯したりクリーニングに出すべきと言われています。

4.1つのぬいぐるみに強く愛情を注ぐ

ぬいぐるみは生き物の形をしているため、魂が宿りやすいと言われています。そのため、1つのぬいぐるみに過剰なほどの愛情を注いでしまうと、そのぬいぐるみに感情が生まれ、持ち主に呼応してしまう危険性があるとされています。

魂が宿ってしまうと、大切にしてくれている持ち主に幸運をもたらすこともありますが、基本的には悪い影響が多く出ます。

少しでも雑な扱いをしてしまうと、機嫌を損ねて持ち主を攻撃したり、処分しようとすると処分できないように悪事を働いたりといった体験談も耳にするので、1つのぬいぐるみに愛情を注ぐ行為は控えましょう。

5.他のゴミと一緒に燃えるゴミなどに出す

古くなったぬいぐるみを処分する際、基本的に布製のぬいぐるみは「燃えるゴミ」に分類されます。しかし、大切にされたぬいぐるみは感情がこもっていることが多いため、他の燃えるゴミと一緒にしてしまうと、ぬいぐるみの機嫌を損ねてしまいます。

すると、ぬいぐるみが自分を酷く扱った持ち主に対し、攻撃的な悪事を働く恐れもあり、少し怖い目に遭う恐れもあります。

そのため、ぬいぐるみはなるべく正しい方法や感謝を伝える方法で手放し、機嫌を損ねないような処分方法を見つけるようにしましょう。

ぬいぐるみを処分する場合は?正しい処分方法を解説

一般的に、ぬいぐるみの処分方法として最も良い方法は、お寺や神社などの人形供養を受けることと考えられています。とはいえ、人形供養はすべてのお寺や神社で行っているわけではありません。

次に候補として挙がるぬいぐるみの処分方法は、ぬいぐるみをリサイクルショップなどに持っていき、他の人に大切にしてもらうという方法です。リサイクルショップに持っていくことで引き取ってもらうこともできますし、状態によっては良い値で買い取ってもらうこともできます。

最後に、どうしても一般ゴミとして処分したい場合は、他のごみとは別の袋などに入れて「燃えるゴミ」で出してください。他のごみと一緒にしてしまうと「雑に扱われた」とぬいぐるみが感じてしまう恐れがあるので、必ず別々にして出しましょう。

ぬいぐるみには執着せず処分は正しい方法で

いかがでしたか。ぬいぐるみは、一見可愛らしいアイテムですが、生き物の形をしていることから、慎重に丁寧に扱うことが大切と考えられています。ぬいぐるみには過剰に執着せず、時が来たら正しい方法で手放すようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
クマのぬいぐるみ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる