『第一印象が悪い女性』の特徴4選!どう改善すればいいの?

肘をついて横柄な態度のビジネスウーマン

第一印象が悪いと、それだけでその後の人間関係に影響が出てしまうこともあります。初対面の人には緊張してしまう、という方も少なくないでしょう。『第一印象が悪い女性』の特徴や改善対策をご紹介しますので、チェックしてみてください!

『第一印象が悪い女性』の特徴4選!

態度が悪い女性

第一印象は、その後の人間関係を築くうえでとても重要なポイントになり、初対面の印象は出会ってから数秒で決まる!とも言われています。『第一印象が悪い女性』とは具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

1.挨拶がきちんとできない

「挨拶」はマナーであると同時に、第一印象を左右する大事な要素でもあります。挨拶によって、爽やかで明るい自分を印象づけることもできますし、逆にきちんと挨拶ができないと、イメージも悪くなり常識のない人と思われてしまいます。

たかが挨拶と軽視するのは厳禁。自分の印象を少しでも良くしたいのであれば、初対面の人への挨拶には丁寧に向き合いましょう。

改善策

  • 声:明るく元気な声が基本ですが、シーンに合わせて大きさやトーンは調整しましょう。語尾を伸ばしたり略語はNGです。
  • 目線:相手の目を見ながら、明るい表情を心掛けます。ひきつった笑顔やふてくされた表情にならないよう注意してくださいね。

2.不愛想

挨拶ができても、その直後に素っ気ない態度になったり、表情の変化がないと不愛想な印象を与えかねません。また、自分では無表情のつもりがなく、真顔を保っているだけであっても、他人からすると無愛想と感じられることがあります。

改善策

不愛想で感じが悪い人と思われないためには、少し口角を上げることや、相手の話に相槌を打つことなどを取り入れてみましょう。相手を真っすぐ見つめるのが基本ですが、視線を合わせすぎるのも居心地の悪さを与えることになります。

会話に合わせて要所だけ視線を合わせ、それ以外は相手の鼻から口元、または眉に目線をおくのがおすすめです。

3.言葉遣いや態度が悪い

丁寧さに欠ける言葉遣いは相手にいい加減さや乱暴な印象を与え、第一印象を悪くする原因となります。また、親しみを持って接したつもりでも、なれなれしい言葉遣いになったりフレンドリーすぎるのはマナーがないとみなされることも。

相手の話に対してあからさまに無関心な態度や横柄な振る舞いも、第一印象で評価が悪くする原因となるでしょう。

改善策

敬語を正しく使い、ビジネスシーンでは方言も標準語にして話すほうがよいでしょう。時計やスマートフォンを気にしたり、視線をあちこちに向ける、腕組みや片側に重心を置く姿勢などもNGです。

4.見た目がだらしない

持ち物や身につけているものが汚れていたり、汗染みや毛玉、シワなどができている服装は清潔感に欠け、だらしがないという印象を与えてしまいます。またメイクが濃すぎたり香水が強い女性は同性からも異性からもよい印象を持たれません。

改善策

印象が良い身だしなみとして以下を参考にしてみてください。

  • 自分の体のサイズに合った服を選ぶ
  • 髪の毛は前髪が目にかからないようにする
  • 服の汚れやシミには気を付ける
  • 靴のお手入れも忘れないようにする

第一印象を良くするために日頃から意識したいこと

笑顔で礼儀正しい女性

有名なアメリカの心理学者「アルバート・メラビアン」による「メラビアンの法則」では、第一印象を決める要素として重視されているのは、話の内容よりも

  • 態度
  • 声のトーン
  • 身振り手振り

などの外見的要素や特徴である、と提唱されています。これらの要素は日ごろから誰かに見られていることを意識して過ごすことで、自然と身についてくると言われています。

第一印象はその後の人間関係を良好に築くために大事な部分!

人間関係のすべてが第一印象で決まるということは決してありません。ですが、第一印象がその後の好感度や評価に関わってくる部分であることは否定できません。人間関係を良好に築くためにも、第一印象が悪くならないようにしましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
肘をついて横柄な態度のビジネスウーマン

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る