スポーツウェアで見かける『サイズ0』とはどんなサイズ?

スポーツウェア

『サイズ0』と表記されている洋服を見かけたことはありませんか?主にスポーツウェアのサイズ表記で使われますが、「サイズ0(オー)」とはどのようなサイズなのでしょうか?世界各国、またメーカーによって表記の仕方が違ってわかりづらいですが、この記事を参考に自分に合ったサイズを選んでくださいね。

サイズ0とはスポーツウェアのサイズ表記で使われる

スポーツウェア

洋服のサイズには「0」「1」「2」「3」など数字で表記がされているものがありますよね。

「S」「M」「L」であれば、それぞれ「Small」「Medium」「Large」の略称だとわかるのですが、「サイズ0」とはどのような意味で使われているのでしょうか?

「サイズ0(オー)」は、主にスポーツウェアのサイズ表記で見かける

洋服の「サイズ0」とは、JASPOが定めた規格サイズの一つで、アルファベットの「0」、つまり「オー」と読みます。

英語表記なので海外からきたサイズ表記のように思われがちですが、実はJASPOが定めた規格なので、主に日本のスポーツウェアのサイズ表記に使われています。

ジャスポ(JASPO)について

ジャスポ(JASPO)とは、社団法人日本スポーツ用品工業協会のことです。サイズ表記に書いてある「JASPOサイズ」とは、この団体が定めた「JASPO規格サイズ」のことを言います。

JASPO規格サイズは、主にジャージなどのスポーツウェアで使われていて、「JIS表示」よりサイズが細かくなっているのが特徴です。

商品の寸法ではなく、服を着ていない状態の人間で測った「ヌード寸法」で、それによって自分の体によりフィットしたサイズを選ぶことができるでしょう。

海外規格の場合

例えばアディダス・ジャパンなど、日本国内で取り扱うスポーツウェアのサイズ表記は、JASPO規格を基に、企画、製作が行われています。

アディダスに限らず、ミズノ、アシックス、デサント、ゴールドウィンなど、JASPOに加盟しているメーカーが国内で販売するアパレルに対応しています。

また、インポート品には注意が必要で、海外規格のサイズ表記が日本製と同じ「S」「M」「L」であったとしてもサイズ感が異なりますので気を付けてくださいね。

アパレルのサイズ感の違い

スポーツウェアだけでなく、カジュアルウェアにおいても、ブランド毎にデザインや使用している素材が異なっているため、同じサイズ表記の商品でも実際に着用した際のサイズ感に多少違いが出ることもあります。

《 ポイント 》

  • サイズ0とはJASPOが定めた規格で、主に日本のスポーツウェアのサイズ表記に使われている。
  • JASPO規格サイズは、「JIS表示」よりサイズが細かいのが特徴。
  • 日本国内で取り扱うスポーツウェアは、JASPO規格を基に企画、製作されている。

サイズ0(オー)は「XL」と同じこと?

XL

「Over Large」の略称で「Largeを超える」という意味

洋服のサイズ表記の「0(オー)」は、「Over Large」の頭文字をとった略称で、「Largeを超える」という意味になります。

つまり、「0」は「L」の一段階上と同じサイズということですね。

アメリカのサイズ表記では「0(ゼロ)」と読むサイズもありますが、それとは異なります。こちらは、先ほどお伝えしたように、JASPO(ジャスポ:社団法人日本スポーツ用品工業協会)が定めた規格サイズの一つで「オー」と読みます。

サイズ0(オー)は「XL」「LL」「2L」と同じ意味

サイズ0(オー)は主にスポーツウェアのサイズ表記で使われますが、「0」の次に大きいのが「XO」、その次に大きいのが「2XO」です。

英語表記のため、海外から来たものと思われがちですが、海外の洋服のサイズ表記には使われていません。JASPO規格の洋服のサイズ表記を順番に並べてみいると、次のようになります。

「SS」→「S」→「M」→「L」→「0」→「XO」→「2XO」→…

「L」の一段階上のサイズである「0(オー)」は、「XL」や「2L(LL)」と同じ意味と考えてよいでしょう。

洋服の寸法ではなくヌード寸法

JASPO規格の洋服サイズの数値によると、

  • 成人男性用ウェアのサイズ0は、身長が約177~183cm、胸囲97~103㎝、胴囲83~89cm
  • 成人女性用ウェアのサイズ0は、身長が約167~173cm、胸囲86~92㎝、胴囲67~73cm

が目安になります。これは、洋服を計った寸法ではなく、ヌード寸法なので、お間違えなく!

平置き状態での採寸方法について

  • 身幅とは、脇下から脇下までの直線
  • 着丈とは、襟ぐり中央から裾までの直線
  • 袖丈とは、袖切り替え部分から袖先まで
  • 胴囲とは、ウエスト付近の一番細い部分

サイズ表記には明確なルールがあるわけではない

洋服のサイズ表記には統一された明確なルールがあるわけではありません。

同じTシャツでも、あるブランドのSサイズと違うブランドのMサイズがほとんど同じというのはよくあることで、皆さんも経験していることではないでしょうか。

また、同じブランドの洋服でも、デザインによってサイズ感が違っていて、カーディガンはSサイズ、ジャケットはMサイズが身体にちょうど良くフィットしたりします。

要は、自分に合った洋服サイズは「S」だとか「M」だとか決めつけてしまわずに、実際にお店で試着するに越したことはありません。

また、インターネット通販などで試着できない場合には、サイズ表記はあくまでも目安と考えて、実寸を確認することが大切でしょう。

《 ポイント 》

  • 「Over Large」の頭文字をとった略称で「Largeを超える」という意味。
  • 「L」の一段階上の「XL」や「2L(LL)」と同じこと。
  • JASPO規格の洋服サイズは、洋服の寸法ではなくヌード寸法。
  • ブランドやデザインによってサイズ感が違うため試着した方が良い。

サイズ0は「ゼロ」

0

ややこしいのですが、「サイズ0(オー)」ではなく、「サイズ0(ゼロ)」と呼ばれる表記もあります。「サイズ0(ゼロ)」は、アメリカの洋服サイズの1つで、バスト79、ウエスト58、ヒップ83の体型に相当するものです。

イギリスサイズでは「UK4」、イタリアサイズでは「IT36」日本では「XS」や「SS」「7号」などの小さいサイズとほぼ同じと考えてよいでしょう。

最近では極端に痩せたモデルを批判的に呼ぶときの総称として「サイズ0(ゼロ)」を使うことがあるようです。

ちなみに、イギリス女性の平均体型は「サイズ14」と言われていますので、「サイズ0(ゼロ)」がどれほど小さいのかわかりますよね。

海外の女性に多い高身長と「サイズ0(ゼロ)」とのバランスが取れていないことが健康上良くないと話題になったこともありましたが、日本人女性で「サイズ0(ゼロ)」に適した体型の人は意外といるようです。

《 ポイント 》

  • 「サイズ0(ゼロ)」はアメリカの洋服サイズの1つ。
  • 日本では「XS」や「SS」などの小さいサイズとほぼ同じ。

洋服のサイズの表記方法

洋服のサイズ

サイズ0とはアメリカの洋服サイズの1つだということは分かりましたが、洋服のサイズ表記はいくつもあってわかりづらいですよね。

なぜこのように何種類にも分かれているのでしょうか?先ほどお伝えしたように、洋服のサイズ表記の仕方には定められたなルールがありません。

それぞれの国や洋服メーカーによって、独自の基準でサイズ表記を決めているので、表記の仕方がいくつにも分かれているのです。日本国内で最もよく見かける一般的なものといえば、「XS」「S」「M」「L」「XL」…ですよね。

こちらは国内だけでなく、国際的にも通用する表記ですが、「5号」「7号」「9号」「11号」「13号」…となると、日本独自のサイズ表記になります。

また、アメリカのサイズ表記はいくつかあって、「S」「M」「L」の他に、「4」「6」「8」「10」「12」…がよく使われますし、イタリアを始め、ヨーロッパの洋服のサイズ表記には「36」「38」「40」「42」「44」…が一般的に使われています。

そしてヨーロッパの中でも、イギリスはアメリカとはサイズ感が違う「4」「6」「8」「10」「12」「14」…が使われています。

「1」「2」「3」のサイズ表記もある

一方では、「1」「2」「3」と表記されているものもあり、これはそのまま「S」「M」「L」とは限りません。

「ユニセックスで自由に着てもらいたい」というブランド側の意図が含まれていて、数字が何番だろうと自分の好みのサイズであれば構わないということでしょうか。

要は女性がサイズ「5」を着てもいいですし、逆にサイズ「1」を男性が着てもいいわけです。

これ以外にも世界各国、洋服にはさまざまなサイズ表記の仕方がありますので、外国から輸入されたものでは、また違うサイズ表記を見かけることがあるかもしれませんね。

《 ポイント 》

  • 国や洋服メーカーによって、独自の基準でサイズ表記を決めている。
  • 日本国内だけでなく国際的にも通用するサイズ表記は「XS」「S」「M」「L」「XL」…
  • 日本独自のサイズ表記は「5号」「7号」「9号」「11号」「13号」…
  • アメリカのサイズ表記は「S」「M」「L」の他に「4」「6」「8」「10」「12」…
  • イギリスは「4」「6」「8」「10」「12」「14」…
  • 「1」「2」「3」のサイズ表記はユニセックスで自由に着てもらいたいという意図。

最後に

洋服のサイズ

ここまで洋服のサイズ0とはなにか?をお話しましたが、いかがでしたでしょうか?

「0」は「Over Large」の省略形で「L」より一段階上のサイズで「XL」や「2L(LL)」と同じ意味と考えていいとわかりました。

「サイズ0(オー)」はアルファベットですが、JASPO(社団法人日本スポーツ用品工業協会)が定めた規格サイズの一つで、主にスポーツウェアのサイズ表記で使われています。

世界国、そしてメーカーごとにさまざまなサイズ表記があってわかりづらいですが、サイズ表記はあくまで目安として、自分の体に合った洋服を買うときの参考にしてみてくださいね!

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポーツウェア

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる