クレジットカードを落とした時の『絶対NG行為』とは?すぐにすべき処置も解説

沢山のクレジットカード

クレジットカードが見当たらないと、どこかに落としたのかもと焦ってしまいますよね。しかし、そんな緊急事態こそ落ち着いて冷静に対処を!今回はクレジットカードを落とした時の絶対NG行為やすぐに取るべき処置をご紹介します。

クレジットカードを落とした…落ち着いて早急に対処を

ショックを受けている女性

近年、現金ではなくクレジットカードで買い物をする人が増えています。そのため、クレジットカードを持ち歩く際、どこかで落としてしまったり失くしてしまったりする事例が急増しています。

クレジットカードを落としてしまうと、拾った人に悪用され、不正利用されてしまう恐れがあります。自分が買ってもいない商品を代わりに請求されてしまうリスクがあるので、「クレジットカードを落としてしまった」「失くしてしまった」と判明したら、早急に必要な手続きが必要です。

「明日、手続きすればいいや」「まだ不正利用されていないし」と先延ばしにしていると、気付かぬ間に多額の買い物に不正利用されてしまうかもしれません。

クレジットカードを落とした時の『絶対NG行為』

では、クレジットカードを落とした時、どのような行為に気をつけるべきなのでしょうか。ここではクレジットカードを落とした時の絶対NG行為について解説していきます。

1.そのまま放置する

まず、クレジットカードを落とした時は、必ず必要な手続きを早急に済ませる必要があります。なぜならば、そのまま放置していると、拾った人に悪用されてしまう危険性があるからです。

「電話するのが面倒くさい」「手続き方法がわからないから、後で調べればいいや」と先延ばしにしている間に、他の人に不正利用されてしまう恐れがあります。

クレジットカードを落とした、紛失したとわかった時点で、まずはクレジットカード会社に電話しましょう。会社のホームページなどに、盗難・紛失の際の専用番号が載っている会社が多いです。

2.利用明細書を確認しない

クレジットカードを落とした後、その月の利用明細書が送付されてくると思います。最近では、ネットで利用明細書をリアルタイムで確認できるアプリを導入している会社も多いです。

クレジットカードを落としてしまった後は、必ず利用明細書をチェックしてください。ネットで確認する場合は、タイムラグがある場合もあるので、無効化手続きを行った後も1ヶ月ほどは確認するべきでしょう。

利用明細書を確認していないと、不正利用に気付かない場合が多く、知らないうちに登録している銀行口座から多額の金額が引き落とされてしまう恐れがあります。

クレジットカードを落とした時はすぐに対処を!必要な処置は?

コールセンターの女性オペレーター

クレジットカードを落とした時は、まずクレジットカードの会社に連絡を入れましょう。落としたことを伝え、カードを無効化してもらうことで、悪用されるリスクを回避することができます。

その後、警察の落し物窓口に行き、落し物として届いていないか確認しましょう。また、紛失届や盗難届を出しておくことで、もしもクレジットカードを不正利用された場合、補償を受けることができる可能性があります。警察署や交番で手続きすることが可能です。

その後、届いた利用明細書を確認し、不正利用されていないか確認してください。気付かれないよう、少額利用している可能性もあるため、少しでも不信に感じる利用情報が記載されていたら、カード会社に確認を入れましょう。

また、無効化したカードはすでに使えなくなっているため、再発行手続きをする必要もあります。再審査が必要となるので、再発行まで1週間〜2週間ほど要することが多いです。

クレジットカードを失くしたらまずはカード会社へ連絡を

買い物が手軽にできるクレジットカードは、便利な反面、紛失してしまうと悪用されるなど大きなリスクを持ちます。

もしもクレジットカードを失くしてしまったら、まずはカード会社へ連絡を入れ、警察に紛失届を出してください。また、再発行手続きやカード登録していた支払い契約先の再登録手続き(公共料金など)も忘れずに行いましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
沢山のクレジットカード

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる