電気を使うべきではない『時間帯』がある!?電気代は時間によって金額が変わる!

電気を使うべきではない時帯とは

電気代は、毎月必ず支払わなければならないものです。だからこそ、できる限り料金を抑えたいですよね。今回は、プランによって電気を使うべきではない時間帯があることを解説!自宅の契約プランを見直し、ライフスタイルに合わせたプランに乗り換えて賢く節電しましょう。節電するときのポイントも紹介しているので、要チェック!

1日中電気を使いっぱなしにするのはNG!

家と電気のイメージ

家にいるとき、常にテレビや電気をつけっぱなしにして電気をずっと消費している状態にしてしまうのはNG。常に電気を消費していると、電気代がどんどん高くなってしまいます。

また、契約プランによって電気の使い方を間違えてしまうと電気代が高くなってしまう可能性があるので注意しましょう。プランと電気の使い方は、こまめに見直すのがおすすめです。

電気を使うべきではない『時間帯』とは

コンセントとコード

通常のプランではなく、時間によって電気代が安くなるプランを契約している場合、どのような電気の使い方をすべきなのでしょうか。

時間帯によって電気代が変動するプランに加入している

電力会社によって、契約できるプランは複数あります。その中でも、電気を使用する時間によって電気代が変わるプランに加入している場合は、電気を使用する時間に注意する必要があります。

夜間の電気代が安くなるプランに加入している場合、日中のかかる電気代は若干割高です。テレワークの導入によって日中も家にいる時間が増えたにもかかわらず、夜間割安で日中割高なプランに加入し続けていると想像以上の電気代を請求されてしまうかもしれません。

生活リズムと電気会社の料金プランを見合わせて節約!

日中家にいないのであれば、衣類洗濯などを夜間にまとめて行いなどの工夫を実践することによって、料金プランを見直して生活リズムに合うものに組み替えることも可能です。

現在契約している会社に自分に合うプランがないのであれば、契約会社を変更することも視野に入れてみるのもアリ!生活リズムに合った料金プランを契約することで、今よりもさらに電気代を節約できるかもしれません。

賢く電気を使うためのポイント

手の上の家

電気を賢く使って節電するためには、いくつかのポイントがあります。

  • 電気代が安くなる夜間を利用し、洗濯物などをまとめて洗う
  • ライフスタイルに合わせたプランに加入し、無理なく節電できるよう工夫する
  • 使いっぱなしを避け、使い終わった部屋や満タンになったスマホの充電などはこまめに切る

電気は、使った分だけ料金が発生します。仕事で日中家にいないのであれば、日中は少し料金が割高になるけれど夜間の電気代が安くなるプランに乗り換えるのもアリ!

ライフスタイルが変化したら、そのタイミングでプランの見直しを行って変更することで、電気代を抑えやすくなりますよ。

まとめ

電気代の節約は、こまめな節電と加入プランが大きなカギを握っています。電気代を安く抑えたい場合は、今のライフスタイルと電気の使い方を見直し、自分にできることを行いましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
電気を使うべきではない時帯とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる