スニーカーがすぐにダメになる『NG行為』4選 ソールが擦れやすい人は何が原因なの?

かっこいいスニーカー

スニーカーは、足の裏側がしっかり地面につくため、歩きやすくて疲れにくい使いやすい靴です。幅広い年齢の人が使用でき、デザインもさまざまあるので、スニーカーが好きという人もたくさんいます。しかし、管理方法がよくないと劣化が進んで、すぐに履けなくなってしまうかもしれません。NGな使い方を把握し、長くスニーカーを履きましょう。

スニーカーの買い替えサイン

白いスニーカー

スニーカーの買い替えサイン、ご存じですか?買い替えサインを把握しておかないと、外出先でスニーカーが破損してしまうかもしれません。

  • 洗っても汚れが落ちない
  • 臭いが取れない
  • ソールが擦り切れている
  • 変形している

上記のような変化がある場合は、スニーカーを買い替える頃合いに差し掛かっています。すぐにスニーカーが傷んでしまうNG行為をチェックし、長くスニーカーを使用しましょう。

スニーカーがすぐにダメになる『NG行為』4選

ボロボロのスニーカー

スニーカーがすぐにダメになってしまう、NG行為は以下の通りです。

1.水分・湿度が高い場所に置く

スニーカーに水は触れてしまうと、早めに拭き取らなければソール部分と靴底が分離してしまいやすくなります。水たまりを歩いたり、雨の日にスニーカーを履いていた場合は要注意!

濡れたままスニーカーを放置してしまうと、まだ使い込んでいなかったとしても、靴底とソールが分離してしまうかもしれません。

また、湿度が高い場所に保管しておくと、カビが生えてしまうかもしれません。

2.汚れを落とさず継続使用する

スニーカーは、地面と接するものなので、どうしても汚れやすくなってしまいます。泥汚れや水撥ねの汚れなどを放置してしまうと、素材の劣化につながります。汚れがひどいときは、できるだけ早く手洗いするのがおすすめです。

3.ひとつのスニーカーのみを履き続ける

お気に入りのスニーカーは、毎日履きたいですよね。だからといって、毎日同じスニーカーだけを履き続けていると、ソールが早くすり減って汚れが蓄積されやすくなります。毎日スニーカーを履くのであれば、複数のスニーカーを使ってひとつを使いこまないように注意しましょう。

4.形状が変わる履き方をする

スニーカーの形が変わってしまうような履き方をするのはよくありません。

  • かかとを踏む
  • 側面に重心をかけるなど

スニーカーは、一度癖がつくと元通りにするのは難しいものです。できるだけ形状が変わらないよう、大切に履きましょう。

お気に入りのスニーカーを長く使うコツ

おしゃれな足元

お気に入りのスニーカーを長く使うためには、以下のコツを試してみてください。

  • 収納するときは、除湿剤を靴の中に入れる
  • 定期的に使用し、素材の劣化を防ぐ
  • こまめにメンテナンスを行う
  • 形状が変わってしまうような履き方はしない
  • 防水スプレーなどを使用し、できるだけ水に触れないよう注意する

スニーカーの平均寿命は、約1~2年ほどです。使用頻度やメンテナンスの仕方によっては、平均寿命よりも長く使用できますよ。

しかし、使用方法や保存環境が適切ではない場合は、早くて数か月で劣化し、使用不可能になってしまいます。スニーカーの履き方には注意し、長く使用できるよう注意しながら使ってくださいね。

まとめ

スニーカーは、使い方によって使用できる期間がかなり違ってくるアイテムです。長く使用できるように、こまめにメンテナンスを行って、正しい使用方法を守りましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
かっこいいスニーカー

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる