バレンタインデーにしてはいけない『3つのタブー』 渡すべきではないお菓子も?

バレンタインデーのイメージ

バレンタインデーは、男女どちらにとっても特別な日です。1年に1日しかない特別な日を楽しむためには、相手が不快に思うプレゼントを用意したり、迷惑な行動を取らないようにしましょう。今回は、バレンタインデーに取るべきではない行動をご紹介します。バレンタインを楽しく過ごすための工夫も紹介しているので要チェック!

思いを寄せる人にプレゼントを渡すバレンタインデー

ハートを持つ男女の手

バレンタインデーといえば、好意を寄せる相手にプレゼントを手渡して気持ちを伝える日として定着しています。昨今は従来の女性から男性にプレゼントを渡すという形式にとらわれず、男性から女性にプレゼントを渡すという人も増えています。

思いを伝えあう人してピッタリの日だからこそ、相手に不快な思いをさせてしまわないように注意しましょう。

バレンタインデーにしてはいけない『6つのタブー』

バツ印を出す女性

バレンタインデーにすべきではない、NG行動は以下の通りです。

1.冷蔵でないと溶けるものを渡す

バレンタインデーのプレゼントとして最も気をつけたいのが、溶けるものを手渡してしまわないかという点です。バレンタインデーの定番となっているチョコレートは、長時間温かい場所に置いておくと、形が崩れてしまうため要注意!

すぐに冷蔵庫に入れられないのであれば、チョコレートではなくクッキーやパウンドケーキなどを作るのがおすすめです。

2.失敗作を渡す

手作りのお菓子は、絶対に成功するわけではありません。不格好なものや、味が今一つ定まらなかった失敗作が出来上がることもあります。

失敗作を破棄するのはもったいないと思う気持ちはわかりますが、だからといってなんとも思っていない人に適当なラッピングをして手渡すのは非常に失礼な行為。失敗作を処理するのは、作った人の責任です。

3.思わせぶりな態度を取る

特に好意を抱いているわけではない相手に対して、手の込んだプレゼントを渡してしまうと勘違いされてしまう可能性が高いです。思わせぶりな態度を取ってしまうと、のちのち相手を傷つけることになってしまう可能性があるので注意しましょう。

バレンタインデーを楽しく過ごすための工夫

仲のいいカップル

バレンタインデーを楽しく過ごすためには、以下のポイントに注意してみてください。

  • もらってうれしいかわいらしいプレゼントを用意する
  • 失敗したお菓子などは、人に渡さない
  • お財布に大打撃を与えるような金額のプレゼントは用意しない
  • 相手の予定と、プレゼントを渡してもいいか事前に聞いておく
  • おいしく食べられるものを作る

バレンタインに思いを伝えれば、必ず成就するというわけではありません。相手がお返しに困るような高額なプレゼントを手渡すのもNG。渡した人ともらった人が笑顔になれるようなプレゼントを用意して、思いを伝えましょう。

まとめ

バレンタインデーは、1年に1日しかない特別な日です。プレゼントを渡す人も受け取る人も笑顔になれるようなものを準備して、特別な日を満喫してくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
バレンタインデーのイメージ

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る