『自分が主人公になる夢』を見る心理とは?5つの意味や暗示を解説

ファンタジーの世界の中の少年

皆さんは夢で『自分が主人公になる夢』を見ることはありますか。ドラマや映画、ゲーム、アニメ、あるいは空想上の世界などで主人公になる夢を見た場合、どのような心理や暗示が隠されているのでしょうか。

夢にはその人の心理状態や暗示が隠れている

睡眠中の女性

皆さんは直近で見た夢を覚えていますか。多くの場合、就寝中に見た夢は忘れてしまいますが、中にはきちんと記憶として残っている夢もあります。

夢には、その人のその時の心理状態が映像として現れていたり、これからどうなるという暗示が隠されていたりします。そのため、もしも見た夢を覚えている場合は、その夢の意味を解くことで、現在の自分自身についてより熟知することができるでしょう。

『自分が主人公になる夢』を見る心理とは?

雄大な自然の中に立っている女性の後ろ姿

では、もし『自分が主人公になる夢』を見た場合、どのような心理や暗示が隠されているのでしょうか。直近で『自分が主人公になる夢』を見た方は、以下の5つの意味を参考にしてみてください。

1.自分の頑張りを認められたい

『自分が主人公になる夢』は、仕事や学業、子育て、趣味など、何かに頑張っている人が見やすい夢だと言われています。その上で「自分はこんなに頑張っているのに、なかなか評価されない」「頑張りをわかってもらえない」というジレンマが隠れています。

したがって、『自分が主人公になる夢』を見た人は、自分が達成したい目標が具体的に定まっていることが多く、なおかつその努力を周囲に認めてほしいと強く願っています。

しかし、なかなか上手く行かないからと焦ったり感情的になったりする行為はNGです。せっかく目標に近づいているのに、その頑張りを水の泡にしてしまう恐れがあります。

2.もっと活躍できるような力が欲しい

今自分が生活している環境において、もっと自分が活躍できるような力がほしいと願っている人も主人公になる夢を見やすいです。

例えば、学生であれば勉学で良い成績を残したり、社会人であれば皆に注目されるような実績を立てたりといった活躍です。

基本的に、こうした夢を見る人は少なからず他人から注目されたいという願望を持っています。活躍したい、注目されたいという思いが強すぎて、自意識過剰な行動を取らないよう気をつけましょう。

3.今取り組んでいることが実を結ぶ暗示

主人公として夢の中で活躍していた場合、いま取り組んでいることが実を結ぶことを暗示しています。ずっと努力してきた目標に向かって着実に前へ進んでおり、その結果がもう少しで形になるところまで来ています。

徐々に周囲からその頑張りを認められるようになっており、近いうちに掲げている目標や夢を達成することができるでしょう。

4.自分の意見を積極的に主張するべきという暗示

頑張っていてもなかなか周囲から認められないというジレンマを抱えている人に対して、夢が「他人の言うことばかり聞くのではなく、もっと自分の意見を積極的にアピールするべき」と伝えていることも多いです。

言われたことをただ淡々とこなしていたり、周囲に同調するばかりで自分の意見を主張していなかったりすると、周囲からは「自分の意見はないのかな?」「他人に任せっきり」などの印象を持たれてしまうこともあります。

意外ときちんと意見を発信することで、高評価を得ることができることを暗示しているので、もしも自分の意見があるならば、勇気を出して積極的に意見を述べてみましょう。

5.その人自身が周囲へ影響力があることを示している

主人公は物語の中でもメインキャラクターであり、その物語に与える影響力はとてつもなく大きいです。『自分が主人公になる夢』を見た人は、少なからず周囲に影響を与えるような魅力や人気を保っているのでしょう。

無意識のうちに自分でもそれを感じ取っており、夢はその現状を『自分が主人公になる夢』として知らせています。

良い方向に導くこともできますし、反対に悪い方向へと導くこともできます。そのため、言動には十分注意するようにしてください。

『主人公になる夢』は頑張りに対する心理や暗示が隠れている

いかがでしたか。『自分が主人公になる夢』は、自分のことを認めてもらいたいと言う心理や注目されたい、活躍したいという深層心理が現れていることが多いです。暗示夢であることも多いので、この夢を見た場合は、着実に目標に向かって前進していきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ファンタジーの世界の中の少年

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる