満員電車にベビーカーは危険?3つのリスクやさまざまな意見を解説

電車の車椅子優先スペース・ベビーカー優先席

近年、一昔前よりは子育てに関して寛容な見方をする人が増えてきた一方で、女性の社会進出などに伴い、以前はあまり問題視されなかった子育て問題が注目を集めています。今回はその中でも特に賛否が分かれている『満員電車のベビーカー』問題について考えてみたいと思います。

さまざまな意見が飛び交う論争『満員電車にベビーカー』問題

電車内のベビーカー

近年、子育てするお父さんお母さんに寄り添う社会的な流れが広がっています。施設の利便性や公共交通機関での移動手段などが、以前に比べて格段に使いやすくなっていると感じる人も多いでしょう。

また、ここ数年で女性の社会進出が進み、子育て中のお母さんも子どもを保育園に預けて働く人が多くなっています。このように、子育て中の人々の環境も大きく変わっていることも、子育て中の人々に寄り添う社会的な流れが広がっている理由の1つでしょう。

とても良い流れですが、その中でも意見が大きく分かれ、一向に終着点の見えない問題が注目されています。それが『満員電車にベビーカーを乗せるのはアリか、ナシか』という論争です。

賛成派の意見

まずは満員電車にベビーカーを乗せることに賛成、あるいはある程度寛容な目で見るべきだという人の意見を見ていきましょう。

  • わざわざ満員電車に乗っているということは、乗る必要があるのでは?それならば仕方がないのではと思う。
  • 乗らなきゃ移動できない人もいるのだから仕方がない。むしろ満員電車になる場所や路線がわかっているならば、車両を増やすとかできないのだろうか。
  • 子育て中のお母さんはみんな必死。みんな赤ちゃんの時があったのだから譲り合い、助け合うべきでは?

たしかに他の人に普段以上に気を使わなくてはいけない満員電車は、お母さんとしてもわざわざ使いたくないのが本音のはずです。しかし、それでも使っているということは、やむを得ぬ事情があるのでしょう。

反対派の意見

賛成派とは反対に、満員電車にベビーカーを乗せることに反対の意見もとても多く見られます。その中でも特に多く見られる意見をご紹介します。

  • 満員電車は避けるべきだと思う。子どもも危ないし、周囲の人にとっても迷惑だから。
  • できれば危ないのでやめてほしい。急な揺れなどで自分が怪我をさせてしまったらと思うととても怖い。
  • ベビーカーは幅をとるから、満員電車は避けてほしい。ベビーカー1台分で、朝の通勤ラッシュ時に多くの人が乗り込むことができる。

反対派の意見も理解できます。実際、通勤ラッシュ時は混雑することでストレスが溜まりますし、満員だからとギュウギュウに詰めて乗り込んでいる人が多いのが実情です。

その中にベビーカーを乗せると考えると、赤ちゃんに気を遣う必要が出てきますし、何より「自分が怪我をさせてしまうかも」という怖さもあります。

お母さんたちも「乗りたくて満員電車に乗っているわけではない」

先ほども少し出てきましたが、決してお母さんお父さんも乗りたくて満員電車に乗っているわけではありません。仕事でその時間帯に乗らなくてはいけないという他の人と同じ事情がありますし、「時間を少し遅くしてほしい」という申請が会社で通らなかったというケースもあります。

お金に余裕があればタクシーを使いたいところですが、毎日タクシーを使うのは余程お金を持っている人でなければ現実的ではありません。また、会社の場所や事情、免許の有無などを考えると、全ての人が車通勤できるとも限りません。

他にも「抱っこ紐の方が危険だった」という声や、「ベビーカーを折り畳んで少しでも邪魔にならないように乗りたいけれど、赤ちゃんを抱っこ紐に移し替えてベビーカーを畳む過程を考えると、大荷物もあり2本の手では難しい」という事情も垣間見られます。

満員電車にベビーカーで乗ることで危険も…3つのリスクとは

電車を待つ駅のホームに並ぶ人々

どちらの意見も理解ができますし、公共交通機関であることもあり、なかなか状況を改善する対策を個人で取ることが難しいという問題点もあります。しかし、やはり満員電車にベビーカーで乗ることで考えられるリスクは知っておくべきでしょう。

1.急停車などで他の人が赤ちゃんの上に倒れてしまう恐れ

満員電車の中は、言わずもがな多くの人がギュウギュウに押し込められるようにして乗車しています。そのため、急停車や急発進などで立っている人たちが左右に大きく揺れたり、倒れそうになったりする場面は少なくありません。

そんな中、赤ちゃんを乗せたベビーカーを乗せることで、周囲の人が倒れこんだ時に赤ちゃんを踏み潰してしまったり、とっさに手をついた場所が赤ちゃんの首元や胸元、顔であった場合に恐ろしい事態に発展したりする恐れがあります。

満員電車にベビーカーを乗せることに反対する人の意見の中には、こうした「自分が赤ちゃんを害してしまうのでは」という恐怖から反対している人も多いです。

2.電車の激しい揺れで赤ちゃんが手や指を挟んでしまう恐れ

通常時でもベビーカーの扱い方によって、赤ちゃんが手や指を挟んでしまうトラブルに注意喚起されています。激しい揺れや周囲の人からの圧迫がある満員電車では、そのリスクはより大きくなるということを忘れてはいけません。

電車が激しく揺れた時、その揺れや周囲の人がぶつかった衝撃、前後左右から人に押される圧迫感などで、赤ちゃんが誤ってベビーカーの隙間に指や手、足、皮膚などを挟んでしまう恐れがあります。非常に危険なので、こうしたリスクを少しでも下げる工夫や配慮が必要です。

3.周囲の人の足をベビーカーで踏んでしまう

満員電車にベビーカーを乗せることに反対する人の意見には、周囲の人の足をベビーカーで踏んでしまうのではという意見も見られました。実際、ベビーカーを満員電車に乗せたことがある人の経験談の中に、「足元が見えなくて怖かった」という意見も見られます。

また、「ベビーカーに足を踏まれたけれど、お母さんが気付かず痛い思いとフラストレーションを感じた」という意見もあるため、周囲とのトラブルにつながりやすいというリスクもあります。

少しでも歩み寄れるようお互いが取り組みたいポイントは?

電車の車椅子優先スペース・ベビーカー優先席

満員電車にベビーカーを乗せる行為には、反対意見も多い上、ある程度のリスクも伴います。しかし、働いているお母さんが多い現代では、どうしても通勤に満員電車を使わなければいけないというお母さんお父さんも少なくありません。

根本的に「電車の本数を増やす」「車両を増やす」「1時間に1本、子連れ専用車両を作る」といった問題解決策が新たに提案、可決されれば良いですが、なかなかこうした問題を解決するには、多くの人の同意や調整、そして解決までにかかる時間が必要です。

こればかりは完全に解決することは難しいため、社会全体で少しでもお互いに歩み寄り、不満を和らげることができるよう、配慮や協力が必要となります。できる範囲でお互いに歩み寄る姿勢を持ちましょう。

ベビーカーを使う親側

ベビーカーを使うお母さんお父さん側は、以下の3つのポイントからできる範囲で意識的に取り組んでみましょう。

  • 周囲の人への配慮と感謝を言葉や態度で伝える
  • ベビーカー専用スペースのある車両を使用する
  • 可能な人は混雑しにくい時間帯の利用や出勤を検討してみる

まず、ベビーカーで満員電車に乗らなければいけない時は、周囲の人へのできる限りの配慮や感謝の姿勢を忘れてはいけません。「子どもがいるんだから仕方がないでしょう」という姿勢では、寛容にみている人も良い気がしないからです。

仕方のないこととはいえ、通勤ラッシュ時に人2〜3人分の幅を使ってベビーカーを乗せているという意識を忘れず、周囲にいる人に頭を下げたり、降りる時に余裕があれば感謝を述べるなど配慮しましょう。

また、最近では電車によってベビーカーや車椅子専用のフリースペースが設けられている車両も増えてきています。事前にこうした車両を持つ電車の時間帯や車両の場所を調べ、なるべくその車両を利用するようにしましょう。

最後に、会社の雰囲気や状況によって異なりますが、可能な人は混雑しにくい時間帯の利用や短時間勤務、時差出勤の申請などを検討してみましょう。

周囲の人が協力したいポイント

続いてベビーカーを使用している親子と同じ車両に乗る人たちに歩み寄っていただきたいポイントをご紹介します。「これから仕事」という時に不満を感じてしまうことはわかりますが、少しでも歩み寄ってあげられると、お互いが気持ち良く乗車できるきっかけになるはずです。

  • ベビーカー専用スペースのある車両をなるべく避けてみる
  • 余裕のある日は少しだけ時間帯を早めて出勤してみる
  • ホームなどでベビーカーを畳もうとしている人に手を貸す

ベビーカーを利用する人とは反対に、ベビーカーなどを置くフリースペースが設けられている車両をなるべく避けてみてはいかがでしょう。

「少しでも邪魔にならないように」とフリースペースのある車両を利用する親子は多いので、こうした車両を自ら避けることで、お互いに不満や不安を少しでも軽減することができるかもしれません。

また、毎日ではなく、体力や気力、心にゆとりがある日は少しだけ家を出る時間帯を早め、混雑が少しでも緩和されている電車を利用するというのも強力につながります。

他にも「本当はベビーカーを畳み、赤ちゃんを抱っこ紐にして電車に乗りたい」というお母さんを見つけたら、荷物を持ってあげる協力をしてあげるのも、とてもうれしい配慮です。

赤ちゃんを片手に抱っこし、片手に大荷物を持っていると、ベビーカーを畳むことができません。そのために「ベビーカーを開いたまま乗るしかない」という状況に置かれている人は多くいるからです。ぜひ余裕がある時は手伝うなど協力してあげてください。

終着点の見えない問題…根本的な社会的改善が求められる

満員電車のベビーカー論争は、完全な解決がなかなか難しい問題です。ですが、避けることもできない終着点の見えない問題だからこそ、お互いの歩み寄りが重要となります。根本的な社会的改善がなされるまで、ぜひご協力をお願いいたします。

この記事のタイトルとURLをコピーする
電車の車椅子優先スペース・ベビーカー優先席

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る