『声が大きい人』の心理や特徴3選!苦手な人がやるべき対処法は?

声が大きい人の心理とは

声が大きな人がいきなりしゃべり始めると、想像を超える声量だった場合驚いてしまうものです。声が大きな人にはどのような特徴があるのかを知り、相手への理解を深めてみましょう。大きな声が苦手という場合の対処方法についても、紹介しています。自分と相手、双方が気持ちよく付き合っていくための方法を見出しましょう。

声が大きい人はどこにでもいるもの

耳を覆う女性

普段の会話の声量が大きな人は、どこにでもいるものです。そんなに大きな声じゃなくても、と思うくらいかなり大きな声で話す人もいますよね。どうして声が大きいのか、声が大きな人の心理や特徴を知りましょう!

声が大きな人に声量を落としてもらう工夫も、紹介しています。声の大きな人とうまく付き合うため、理解を深めてお互いが居心地のよい空間づくりをしましょう。

『声が大きい人』の心理や特徴3選!

話し続ける女性

声が大きな人の心理や特徴とは、どのようなものがあるのかをご紹介します。

1.耳が遠い

人間は、加齢とともに誰しも聴力が落ちて耳が遠くなっていくものです。耳が遠い人は、音を拾う能力が落ちているため、自然と声が大きくなってしまいます。

身近な人が補聴器などを勧め、本人がそれを受け入れれば改善する可能性があります。そうでなければ、改善は難しいかもしれません。

2.自分の意見を通したい気持ちが強い

自分の意見を相手に伝えたい、意見を聞いてほしいという思いが強い人は、声が自然と大きくなりやすい傾向です。自己主張が強い傾向がある人は、自分の意見を聞いてもらうことを優先したがることもあるので、まずは話を聞いてあげるよう配慮してあげましょう。

あえて大声で話して、ほかの人の話を遮ってしまうタイプの人もいるので、その点には注意が必要です。

3.感情に任せて声を出している

相手の意見をねじ伏せたり、相手を威嚇するためにわざと大きな声を出す人もいます。普段の話し声と明らかに違った大きな声を上げているのであれば、相手を自分より下の存在にしたいと思っているのかもしれません。

また、感情的になっているときに、声が大きくなる人もいます。切羽詰まると声が大きくなるタイプなので、少しヒステリーな印象を持つ人もいるかもしれません。

大きな声が苦手!どう対処すべき?

嫌がる女性

声が大きな人に声量を抑えてほしいときの対処方法は、以下の通りです。

  • 相手を傷つけないよう、ふんわりと柔らかに指摘する
  • 苦手意識のある相手である場合は、友人などに頼んで声量を落としてもらうよう頼む
  • 相手だけでなく、自分も小声で話して、小さな声で話すよう促す

悪意を持って大きな声で話しているのでなければ、相手からの指摘で声の大きさを調整する努力をしてくれるはずです。

相手との相性が悪く、お互いあまり印象がよくないときは、無理をせず周囲の人に助けを求めて声量を落としてもらうよう頼んでみてくださいね。

まとめ

声が大きな人は、無意識に声が大きくなってしまっていることが多い傾向です。無意識のことを指摘されてもピンとこないという人もいるため、まずは声量を抑えるよう頼み、様子をみてみましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
声が大きい人の心理とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる