ペットボトルを電子レンジに入れてはいけない『絶対NGな理由』とは?

ペットボトルが電子レンジNGな理由とは

ペットボトル飲料を楽に温めたいと思ったとき、電子レンジで加熱しようと思ったことがある人は少なくないと思います。しかし、ペットボトルは基本的に電子レンジ不可のアイテムです。どうして電子レンジで加熱してはいけないのか、具体的な理由をチェックしておきましょう。ペットボトル飲料を温める方法も紹介しています。

ペットボトルは電子レンジでの使用不可!

ペットボトルで水を飲む女性

ペットボトル飲料は、スーパーや自動販売機などで気軽に購入できるものです。あたたかい飲み物を購入しても、時間が経過すると飲み物が徐々に冷えてしまいますよね。

冷めた飲み物を温めるには、電子レンジで温めるのが出がるですが、ペットボトルはレンジ加熱不可!どうして電子レンジでペットボトルを温めてはいけないのか、理由を知っておきましょう。

ペットボトルを電子レンジに入れてはいけない絶対NGな理由

バツ印を出す女性

電子レンジでペットボトルを温めてはいけない理由を、具体的に解説します。

1.ペットボトルが変形してしまう

ペットボトルを電子レンジで加熱すると、レンジの高温加熱に容器が耐えられず変形する可能性が高くなります。ペットボトルはポリエチレンテレフタレートという素材でできており、この素材は50℃前後で変形し始めるため高温に耐えられないのです。

ホット専用のペットボトルも、85℃前後の耐熱性しか持っていないため、ホットであっても電子レンジで加熱は不可!少しならいいのでは?という考えは、持たない方が無難です。

2.ペットボトルが破裂する恐れがある

電子レンジでペットボトルを温めると、中の水分が温まり圧力が上がるため破裂する恐れがあります。これは、生卵を電子レンジで加熱したときに起こる破裂と同じ原理なので、生卵の破裂をイメージすれば危険度の高さは明確。

卵よりもペットボトルの方が大きいので、破裂の威力も大きくなる可能性があります。ペットボトルの破裂だけでなく、電子レンジの破損やケガにもつながるため、電子レンジでの加熱はおすすめできません。

ペットボトル飲料を温める方法

たくさんのペットボトル

ペットボトル飲料を安全に温めるためには、以下のことを行うのがおすすめです。

  • ペットボトルの飲み物を、電子レンジ対応の容器に移して温める
  • 電子レンジ対応のペットボトル飲料を購入する

大半のペットボトルは、電子レンジでの使用は不可となっています。しかし、数は非常に少ないものの、電子レンジに対応しているペットボトル飲料も販売されていますよ。

レンジ対応のペットボトル飲料を温める場合は、キャップを外し、加熱時間の目安を守って1本ずつ加熱しましょう。正しい方法で使用しなければ、ペットボトルの変形などが起こる可能性があるので、十分注意してくださいね。

湯煎での加熱を思い浮かべがちですが、85℃を超えるとペットボトルが変形してしまうので、湯煎での温めも不可です。

まとめ

電子レンジでペットボトルを温めることは、基本的に不可です。レンジ対応のもを購入した場合は、正しい方法でペットボトルの飲料を温めましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ペットボトルが電子レンジNGな理由とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる