実は間違い?パスタを食べる時にするべきではない『NG行為』5選

クリームパスタ

パスタの食べ方は、簡単と思っている人が多いかもしれません。しかし、普段の食べ方をレストランで行ってしまうと、マナー違反を連発してしまい恥ずかしい思いをするかもしれません。パスタを食べるときのNGマナーをチェックして、普段の食べ方と照らし合わせてみましょう。正しいパスタの食べ方も紹介しているので、要チェック!

パスタを食べるとき、どうしていますか?

ミートソーススパゲティ

パスタは、本格的なものから自宅で楽しめるものまでさまざまなものがあります。自宅でパスタを食べる場合は、あまり周囲の目を気にしなくてもよいことがほとんどです。

しかし、レストランに出向いてNGな食べ方をしてしまうと、マナーが身についていない人と思われてしまうかもしれません。日本人がついやってしまいがちな食べ方は、本場ではNGというケースもありますよ。

パスタを食べる時にするべきではない『NG行為』5選

パスタを楽しむ女性

パスタを食べるときにすべきではない行為は、以下の通りです。

1.フォークに巻いたものを数回に分けて食べる

フォークにパスタをたくさん巻き付けて、巻き付けたパスタを数回に分けて食べるのはNGマナー。

フォークからパスタが垂れ下がると、見た目がよくありません。食べこぼしながらの食事にもつながるので、一緒に食事をしている人に不快な思いをさせてしまう可能性もあります。

2.スプーンとフォークを使ってパスタを巻き取る

日本人の女性に多く見られるパスタの食べ方の中に、スプーンとフォークを併用してパスタを巻きとって食べる方法があります。

これは、本場であれば幼児のパスタの食べ方にあてはまるので大人がするのはNG。恥ずかしい行為であり、マナー違反とみなされることが大半です。

3.ソースをかき混ぜる

カレーのように、パスタソースをパスタ全体に混ぜ込んで食べるのはマナー違反。お皿を汚してしまうため、食べ終わったときに汚い印象を持ちやすくなります。

カレー同様、パスタもかき混ぜて食べるべきではありません。ソースが全体に行き渡るよう工夫しつつ、かき混ぜずに食べましょう。

4.パスタをすすりながら食べる

パスタをラーメンやうどんと同じように、すすりながら食べるのは絶対NG!自宅であれば許されますが、レストランや本場イタリアですべき行為ではありません。

食べ物を音を立てながら食べるのは、基本的にNGであることが大半です。パスタもその例外ではないことを、知っておきましょう。

5.お皿を手で持ったり、お皿に顔を近づけて食べる

和食であれば、食事をするときにお皿を手で持って食べるのがマナーとされています。しかし、パスタはお皿をテーブルに置いたまま食べるのがマナー。

また、お皿に顔を近づけて食べるのは、マナー違反になります。こぼれないよう上手にパスタを巻き取り、食べる練習を重ねておきましょう。

パスタの正しい食べ方

パスタを巻き付けた様子

パスタの正しい食べ方は、決して難しいものではありません。

  • 一度に食べきれる量だけを、フォークに巻きつける…3~5本が目安
  • フォークに巻き付けたパスタは、ひと口で食べきる
  • パスタをすすりながら食べない
  • ソースは混ぜずに、上手に絡めながら食べる
  • フォークで巻き取ったパスタを、スプーンに乗せて食べない

食べこぼさない、音を立てないというのは、料理を食べるときの基本です。ほかのジャンルの料理を食べるときにも適応されるマナーなので、ぜひ身に着けておきましょう。

パスタをスプーンで食べるのは、小さな子どもの食べ方です。マナー違反をするだけでなく、幼くて一緒に食事をするのが恥ずかしいと思われてしまう可能性があります。

まとめ

パスタの正しい食べ方は、イメージトレーニングを行うことで身に付きやすくなりますよ。普段家でパスタを食べるときにも実践し、正しいマナーを身に着けておきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
クリームパスタ

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る