食べてはいけない『キウイ』6選!腐っているサインや賞味期限を徹底解説

お盆の上のキウイ

キウイは購入直後は完熟していないことが多いので、自宅でおいしい状態になるまで追熟させる必要があります。まずは、キウイの賞味期限の目安をチェック!完熟させすぎると劣化サインが出るため、それを見落とさないようにしましょう。キウイの正しい保存方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キウイの賞味期限の目安

二つのキウイ

キウイの賞味期限は、比較的長い果物です。

  • 常温…丸ごと未熟の状態で1~2カ月
  • 冷蔵…丸ごとで1~2週間、カットした場合は1~2日程度
  • 冷凍…皮を剥いてカットした状態で、1~2カ月

キウイは、購入してすぐ食べられるものと、そうでないものがあります。握ったときに実が固い場合は、追熟させてから食べるのがおすすめです。キウイを握ったときに弾力を感じたら、完熟しているサイン!完熟したサインを見落とさないようにしましょう。

食べてはいけない『キウイ』6選!

たくさんのキウイ

食べてはいけないキウイの特徴を把握して、傷んだものを食べないよう注意しましょう。

1.異臭を放つ

キウイから異臭がしているときは、劣化している可能性が高いです。

  • カビ臭い
  • 酸味の強い臭いがする
  • アルコール臭がする

キウイとは明らかに異なる香りがする場合は、要注意です。上記の臭いとは違っているけれど異臭がする場合は、食べない方が無難。

2.実が柔らかくなりすぎて、触れるだけで皮が剥ける

キウイは完熟期間が過ぎると、劣化して実に異変が現れます。

  • 持っただけで皮が剥ける
  • 触っただけで実が崩れる

上記のような状態になってしまったら、食べるのは不可能です。火を通しても食べることはできないので、破棄してください。

3.水分が飛ぶ

キウイの実は、みずみずしさが特徴です。実が劣化し始めると、時間経過とともに水分が飛んでしまい、カリカリの状態になってしまいます。キウイは乾燥に弱い果物なので、保存する際には乾燥対策を施しておきましょう。

4.実の中央部分が変色する

キウイをカットしたとき、中央部分が赤茶色っぽく変色しているのは劣化のサインです。ほかの部分に異変がなかったとしても、食べるのは危険!少しもったいないような気もしますが、破棄した方がよいでしょう。

5.泡や水分が出ている

キウイの実から、泡や水分が出ている場合は、劣化しているととらえて間違いありません。このような状態になったら、食べられる部分はなく、異臭も放っている可能性があります。さらに強い臭いを放つ前に、早めに破棄してしまいましょう。

6.食感が変化する

怪しいと感じつつも、キウイを少量かじってみたとき、下記のような異変があった場合は食べるのを断念してください。

  • 舌がピリピリする
  • キウイにあるまじき苦みを感じる
  • 不自然な柔らかさを感じる

食べてしまうと体調不良の原因につながる可能性があるため、吐き出して処理してください。

キウイの正しい保存方法

キウイの断面

追熟が必要なキウイを、最初から冷蔵庫に入れてしまうのは避けましょう。追熟させるときの保存方法は、以下の通りです。

  • ポリ袋にキウイを入れて、軽く口を縛る
  • クーラーや暖房、直射日光が当たらない常温で保存

追熟させるときは、りんごを一緒に袋の中に入れておくのがおすすめです。りんごが発するエチレンガスに触れることで、キウイが早く熟します。

冷蔵保存する場合は、以下の手順で行いましょう。

  • 濡れたキッチンペーパーにキウイを包む
  • ラップやポリ袋の中に入れて、野菜室で保存

キウイは乾燥が苦手なので、野菜室に入れる際は乾燥対策を施しておきましょう。

まとめ

おいしそうなキウイ

キウイは、追熟させることでおいしさが増す果物です。完熟させすぎてしまうと、劣化しておいしい時期を逃してしまうかもしれないので、毎日追熟具合をチェックしましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
お盆の上のキウイ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる