『他人の幸せを喜べない人』の心理や性格5選

頭を抱える女性

喜ぶべきとわかっているけれど、友人や同僚など他人の幸せを喜べない…。まずは、喜べない原因や理由をしっかりと把握しましょう。他人の幸せを喜べない人の心理や性格なども紹介しているので、自分と当てはまる節がないかチェックしてみてください。他人を祝福するために気を付けるべきことも紹介しています。

他人の幸せを喜べない…どうして?

悩む女性

本来ならば祝福すべきだとわかっているのに、友人や同僚など身近な人を祝福できないことは、誰にでもあることです。なぜ祝福できないのか、原因を知りましょう。

  • 自分が成し遂げられなかったことを達成した
  • 自分が手にできなかった幸せをあっさり手にした
  • 自分の方が実力があるにもかかわらず、他人が成功したなど

身近にいる人ほど、心から祝福できないというケースもあります。自分の心に耳を傾け、祝福できない原因を知ることからスタート!

『他人の幸せを喜べない人』の心理や性格5選

妬む女性

他人の幸せを喜べない人の特徴や性格についてまとめました。

1.他人と自分を比べている

他人と自分を比べ、相手よりも自分がすぐれているかどうかを常に意識していると、他人の幸せや成功を祝福しづらくなります。他人と自分をことあるごとに比べて自分が勝っているのであれば、他人の小さな成功や幸せを祝えるかもしれません。

しかし、自分が成し遂げていないことを他人が成功させた場合は、祝福よりも嫉妬心が勝ってしまう可能性があります。

2.人を見下して安心感を得ている

他人を見下すことで、自分の心の安定を保っている人は、他人の成功や幸せを祝えないことがあります。見下しているはずの人が自分よりも大きなことを成し遂げてしまうのが、どうしても許せないのです。

他人をどこかで見下して接するということは、あまりよい行為とはいえません。少しずつ改善していきましょう。

3.劣等感が強く、他人から見下されたくない意識が強い

劣等感が人一倍強い人は、人の成功を祝福しづらくなります。祝福することによって、相手から以下のように見られるかもしれないという心理が働くためです。

  • 見下されてしまうかもしれない
  • 馬鹿にされるかも
  • 自分の存在がかすれてしまうかもしれないなど

自分の成功を機に周囲の人を見下す人は、実際に存在しています。しかし、その人から見下されたからといって、周囲の人みんなからさげすまれてしまうわけではありません。冷静になって相手の人格や性格を観察し、警戒心をどう保つべきかを見極めてください。

4.自分が得られなかったものを他人が得てしまうのが許せない

自分はこんなにも努力しているにもかかわらず手にできないものを、他人があっさり手にしてしまった場合、嫉妬して祝福できないケースがあります。

  • 結婚
  • 出産
  • 出世
  • 仕事での大成功

上記のことは、人生の中でも大きな転換期となる可能性のある出来事です。だからこそ、自分が得られなかったものを手にした人を見ると、祝福しにくくなってしまうのかもしれません。

5.気持ちを静めるために悪口を言う

他人の成功や幸せを祝福できない場合、自分の気持ちを治めるために周囲に文句を言ったり悪口を言いふらす人がいます。むしゃくしゃする気持ちはわかりますが、周囲の人を巻き込んだ悪口や行動は、悪い印象を持たれてしまうためNG。

大切な人の幸せを喜べるようになるために

ハートをつまむ様子

他人といえど、大切な同僚や友人の幸せに直面したら一緒に喜んであげたいものです。他人の幸せを喜べるようになるためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

  • 少し心の距離を置き、冷静になって気持ちを切り替える
  • 無理に大喜びせず、祝福できないという自分の気持ちと向き合う

喜べないという自分の気持ちに対して、失望や悲しみを感じて背負う必要はありません。喜べない原因を把握し、相手を攻撃しないよう少し距離を取って冷静になれるまで時間を設けましょう。

まとめ

笑顔の女性

他人を祝福できないということは、誰にでもあることです。自分の性格や相手との関係性などを客観的に捉え、適度な距離を取って祝福できる気持ちが整ってお祝いの言葉を送りましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
頭を抱える女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる