肉じゃがを冷蔵庫で保存する時の『NG行為』3選

牛肉の肉じゃが

肉じゃがは家庭料理の代表とも言えるおかずです。各ご家庭によって味に少しだけ特徴が違うのも魅力ですよね!今回はそんな肉じゃがの保存方法やNGな冷蔵保存方法について解説していきます。

『肉じゃが』は作り置き料理としても人気の家庭料理

肉じゃがなどの和食

肉じゃがは昔から日本の家庭料理の代表的存在です。各ご家庭によって味付けが少しずつ違うという点も魅力の1つですよね。

そんな肉じゃがは、最近では作り置き料理としても人気が高まっています。保存容器に入れて冷蔵庫で保存しておけば、次に食べるときにレンジで温めるだけで美味しく食べられるため、余った肉じゃがを翌日の夕飯に保存しておく人も多いです。

肉じゃがは冷蔵保存が最適!何日持つの?

牛肉の肉じゃが

一般的に、食材は冷凍保存することで日持ちすると言われていますが、肉じゃがは冷蔵保存が適している料理です。ここでは肉じゃがの冷蔵保存について解説していきます。

肉じゃがは約3日間冷蔵保存が可能

肉じゃがを冷蔵保存した場合、通常約3日間の保存が可能です。3日を超えると徐々に雑菌が増殖してしまう恐れがあるため、念の為、食べずに廃棄することをお勧めします。

また、夏場は暑さで雑菌が活発化しやすい時期です。そのため、冷蔵保存していたとしても、3日を待たず、保存した翌日までに食べ切るようにしてください。

肉じゃがの冷蔵保存方法

冷蔵庫の中を見る女性

肉じゃがを冷蔵保存する際は、以下の方法で保存が可能です。

  1. 肉じゃがを鍋に入れたまま冷水につけて急速に冷やす
  2. 密閉保存容器に肉じゃがを移し替える
  3. 煮汁を少し加える
  4. 蓋をして密閉状態のまま冷蔵保存する

鍋のまま保存することもできますが、冷蔵庫の中に入りきらない可能性があることや、しっかりとラップをかけて密閉する必要があることなどを頭に入れておきましょう。

また、通常は汁などを入れずに保存することが推奨されますが、肉じゃがの場合は煮汁を入れることで腐敗を予防してくれるため、日持ちしやすくなります。こちらも水分で雑菌が繁殖しないよう、1日1回を目安に火を通すことをお勧めします。

肉じゃがの冷凍保存は不向き!

「肉じゃがは冷凍保存した方が日持ちするのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、肉じゃがは冷凍保存に向いていない料理です。

水分量が多いため、一度冷凍し解凍してしまうと、ボソボソとした食感になり、美味しくなくなってしまいます。もしも3日以内に食べきれないという場合は、一度肉じゃがを潰してマッシュ状にし、別の料理にリメイクしましょう。

肉じゃがを冷蔵庫で保存する時の『NG行為』3選

鍋に入った肉じゃが

最後に肉じゃがを冷蔵庫で保存する時のNG行為についてお話します。肉じゃがを冷蔵保存する際は、再度安全に食べられるよう以下のNG行為に気をつけましょう。

1.密閉せずに保存する

肉じゃがを保存する際は、必ず蓋を密閉して保存してください。鍋で保存する際も必ずラップなどで密封状態にして保存するようにしましょう。

密閉せずに保存してしまうと、空気中に漂うホコリや雑菌が入り込み、保存容器の中で雑菌が繁殖してしまいます。肉じゃがは水分量が多く、一度雑菌が入ってしまうと繁殖しやすくなるため、食中毒の原因になりやすいです。

このような理由から、肉じゃがは必ず密閉状態で保存するようにしてください。

2.熱いまま密閉容器に入れて保存する

肉じゃがは冷ましてから保存容器などに入れ替え保存することをお勧めします。熱いまま密閉容器に入れて保存してしまうと、保存容器の中で熱がなかなか冷めず、雑菌の繁殖原因となる恐れがあります。

また、熱気が容器から漏れでてしまい、冷蔵庫内の温度を上げてしまう可能性も考えられます。他の食材にも悪影響を与えてしまうので、必ず冷ましてから保存するようにしてください。

3.3日以上保存する

肉じゃがは水分を多く含む料理なので、3日以上は保存しないようにしてください。必ず3日目までに食べ切りましょう。食中毒を起こす危険性があります。

また、先にお話ししましたが、夏場は雑菌の繁殖リスクが高まります。3日を待たず、作った翌日までに食べ切るようにしてください。

肉じゃがは正しい方法で保存して美味しく日持ちさせよう

器に盛った肉じゃが

いかがでしたでしょうか。肉じゃがは冷蔵保存が最も適しています。しかし、正しい方法で保存しなければ、雑菌が繁殖してしまう恐れがあるので、今回紹介した保存方法やNG行為を理解した上で、正しく冷蔵保存するようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
牛肉の肉じゃが

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる