『マシンガントークする人』の性格や心理5選!話を一方的にされた時の対処法は?

マシンガントークする人の心理とは

一度話始めると止まらなくなる、いわゆるマシンガントークを展開する人はどこにでも1人はいるものです。相手の話を長々聞き続けると、疲れてしまいますよね。今回は、マシンガントークをする人の特徴と心理をご紹介します。相手の状態などを見ながら試せる対処法についても、まとめています。

話始めると止まらない!マシンガントークを展開する人

スピーカーでしゃべる女性

一度口を開くとマシンガントークが止まらなくなる人は、どこにでも1人はいるものです。ずっと喋られると、別の話題にも行けず相手の話を聞き続けることになるため困りますよね。

今回は、マシンガントークを展開する人の性格や心理をご紹介します。マシンガントークをする人への対処方法もまとめているので、困ったときに実践してみてください。

『マシンガントークする人』の性格や心理5選!

女性の口元

マシンガントークをする人の性格や心理についてまとめました。

1.とにかく喋ることが好き

とにかくおしゃべりすることが大好きという人は、マシンガントークをしやすい傾向です。そういった人は、自分の話を黙って聞いてくれる人や自分が話しやすい相手かどうかを見極めて話始めます。

2.自分の話は絶対に面白いと思い込んでいる

自分が話すことは、絶対に周囲の人を楽しい気持ちにさせられるという自信を持っている人も、マシンガントークを展開しやすい人です。

話の内容に起伏があり、起承転結が発揮されている話であれば、長く聞いていても苦ではありません。しかし、長く話す人はそのようなことはあまり考えておらず、自分が面白いと思っていることを話し続けやすいものです。

周囲は迷惑だと思っていても、それを察知できず話している人もいます。

3.周囲に特別な目で見られたい

長々話す内容が、自分の持っているものや家族などの自慢話である場合は、周囲から特別な目で見られたいという気持ちが強いのかもしれません。自分が特別で、ほかの人からの羨望のまなざしを独り占めしたいと思っているため、とにかく自慢話を連発しているのです。

4.相手の反応が悪いため焦って話続けている

一生懸命長く話しているにもかかわらず、相手の反応が悪いため、焦ってさらに喋っている可能性もあります。周囲の人は、もう静かにしてほしいと思って冷めた態度を取っていても、もっと喋らなければと勘違いしてさらに長くしゃべってしまうタイプの人です。

5.相手の話を聞こうという気持ちを持っていない

相手がどんなに嫌そうな雰囲気を出していようと、自分が喋りたいから話し続けるという人もいます。こういったタイプの人は、相手の気持ちや事情などにはあまり興味を持っていないことがほとんどです。

自分の行いによって相手が不快な思いをしていても、自分がやりたいことを優先し続けます。

マシンガントークする人への対処法

耳を塞ぐ女性

マシンガントークを聞き続けると、話を聞き終わったらどっと疲れますよね。それを回避するためにも、いくつかの対処方法を身に着けておきましょう。

  • 少し素っ気ないあいづちをする
  • マシンガントークをする人が入り込む隙を与えないよう、話を展開する
  • ある程度話を聞き、話題を全く別の分野のものに変える
  • 相手と一定の距離と保ち、話し始めそうになったら退却する

マシンガントークをしている人は、自分がものすごくしゃべっているという自覚を持っていない可能性があります。相手への配慮に欠ける性格であれば、多少相手が迷惑そうでも構いなく話し続けるかもしれません。

相手が入り込む隙を与えないことを念頭に置き、少し距離とをって必要最低限のことだけ話すようにしましょう。

まとめ

会話を楽しむ女性

マシンガントークを展開する人とまともに付き合い続けるのは、非常に体力を使います。自分だけが疲れてしまわないよう対策を取り、相手とうまく付き合っていきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
マシンガントークする人の心理とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる