ドーナツにしてはいけない『NG保存方法』4選

ドーナツは、比較的購入しやすい価格で売られているため、軽食やおやつ、手土産として人気ですよね。たくさん購入したドーナツを一気に食べきれなかった場合、どのようにして保存すべきなのでしょうか。間違った保存方法を実践していると、ドーナツがあっという間に傷んでしまうかも…。劣化を防ぐためにも、正しい保存方法を知りましょう。

ドーナツの賞味期限の目安

いろいろな種類のドーナツ

ドーナツは、比較的購入しやすい価格で売られていますよね。種類豊富なので、ついつい多めに買ってしまうということもあるのではないでしょうか。購入したドーナツの賞味期限は、以下のようになります。

  • 常温…約10時間前後
  • 冷蔵…1~3日前後
  • 冷凍…2~3週間前後

ドーナツは油やクリーム、チョコレートを使用しているものが大半です。そのため、保存場所が適切でなければ、あっという間に劣化が進んでしまうことがあります。

ドーナツにしてはいけない『NG保存方法』4選

制止する女性

ドーナツにすべきではない、NGな保存方法をご紹介します。ドーナツを購入した際には、以下のような保存方法を行わないようにしましょう。

1.高温多湿の場所に放置

ドーナツは基本的に揚げ調理をしているので、高温多湿の場所での保存には不向きです。生クリームやカスタードクリームを使用しているとなると、温度や湿度が高い場所で放置していた場合あっという間に傷んでしまうこともあります。

特に梅雨や夏の時期は、保存する場所に注意しましょう。

2.常温で保存

家族や友人とみんなでワイワイ楽しくドーナツを食べるときは、ドーナツを常温に置いておきますよね。短時間であれば、ドーナツが急激に劣化することはありません。

しかし、一晩などの長い時間常温で放置してしまうのはNG。室温が低い冬であっても、劣化して傷んでしまう可能性があります。

3.お皿に並べてラップをかけて冷蔵保存

余ったドーナツを保存する際、お皿に並べてラップをかけるか、購入時にもらった箱の中に入れて冷蔵保存するという人は多いのではないでしょうか。この保存方法だと、庫内の乾燥にドーナツが耐え切れず、時間経過とともに水分が蒸発してカリカリになってしまいます。

ドーナツを箱のまま冷蔵庫に入れてしまったら、臭いが庫内にこびりつく可能性があるので要注意!

4.ふんわりしたドーナツを冷凍保存する

口に入れた瞬間とろけるようなふんわりとしたドーナツは、基本的に長期間の保存には向きません。柔らかいドーナツは、その日のうちに食べきるのがベスト!

冷蔵であれば、翌日中をめどに食べきりましょう。冷凍保存には不向きなので、食べきれる量を購入してください。

ドーナツの正しい保存方法

冷蔵庫に入れたドーナツ

ドーナツの正しい保存方法は、とっても簡単です。

  • ドーナツを1つずつラップにくるむ
  • 密閉袋や保存容器に入れて保存

冷蔵と冷凍、どちらでも同じ保存方法で保存可能です。クリーム系のドーナツは長く持たないため、冷蔵保存する場合は上記の方法を実施の上1日を目安に食べきってくださいね。

チョコレートやクリームを使っているドーナツであれば、冷凍することで食感が変化し、さらにおいしくなるケースもあります。

まとめ

ドーナツを食べる女性

ドーナツは、正しい保存方法を守るとおいしさを保ったまま保存可能です。たくさん購入したら冷凍に回して、今までとは異なる食感を楽しんでみましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる