食べるべきではない『グレープフルーツ』3選

NGなグレープフルーツとは?

グレープフルーツは、皮が厚くて剥くのに少し苦労しますが肉厚でジューシーな実を堪能できますよね。甘ずっぱくほんの少し苦みを感じるので、大人のおやつとしても人気が高い果物です。まずはグレープフルーツの旬と賞味期限をチェック!腐敗しているときのサインを知り、基本情報を把握しましょう。食べ合わせや飲み合わせについてもご紹介。

グレープフルーツの旬と賞味期限の目安

赤と黄色のグレープフルーツ

国内でのグレープフルーツの旬は4~6月ですが、スーパーでは海外産のものも販売されているため1年を通しておいしく食べられます。比較的安値で売られているため、手軽に購入できるのも嬉しいポイント。生の状態のグレープフルーツの保存期間は、以下の通りです。

  • 常温…約3~5日
  • 冷蔵…約2~3週間
  • 冷凍…約1か月

グレープフルーツは、皮が厚くて防腐剤なども使用されているので、比較的長持ちします。切ってしまった場合は、翌日中に食べきりましょう。

食べるべきではない『グレープフルーツ』3選

考える女性

長期間保存可能であるグレープフルーツですが、食べるべきではないサインが出ているものもあるかもしれません。腐敗のサインを見逃さないようにしましょう。

1.皮や見た目が変化する

腐敗が進んだグレープフルーツは、見た目が大きく変化します。

  • 皮がシワシワになって、乾燥しているのがわかる
  • 白や緑のカビが生える
  • 皮の表面にぬめりがでて、溶け始める

皮を剥いたときに実が縮んでいることがありますが、これは劣化ではないので食べても問題ありません。実の水分量が減少している状態なので、食感がパサパサで風味は落ちています。保存場所を見直し、水分が飛ばないような保存方法を試してみてください。

2.実の水分量に変化がみられる

グレープフルーツが傷むと、実の水分量が変化します。

  • 実の水分が内側の皮からにじみ出て、ぶよぶよになる
  • 外の皮から内側の汁がにじみ出る

購入したときと見るからに水分量が変化しているときは、食べない方が無難です。味見をして食中毒にかかることもあるので、水分量が変化しているものは口に入れないようにしましょう。

3.ニオイが変わる

グレープフルーツが腐敗すると、香りにも変化がみられます。

  • カビっぽい臭いがする
  • ツンと鼻を刺すような刺激臭がする

グレープフルーツはかんきつ類なので、酸味のある香りだけで腐敗を見抜くのが難しいかもしれません。香りだけでは判断が難しい場合は、皮の様子や触感などを頼りに腐敗しているか見極めてください。

グレープフルーツを食べるときの注意点

グレープフルーツを差し出す様子

グレープフルーツを食べるときは、食べ合わせや飲み合わせに注意してください。

  • 薬…高血圧・狭心症・てんかん・慢性動脈閉塞症・脳梗塞・免疫抑制剤・肺高血圧症・副甲状腺機能亢進症・高脂血症など
  • 牛乳…消化が悪く、下痢をしやすくなる
  • お酒…アルコール中毒の引き金になるかも
  • きゅうり…ビタミンC吸収の妨げに

上記のものとグレープフルーツは相性がよくないので、同時摂取は控えましょう。薬は原則水や白湯で服用し、グレープフルーツを食べるときはフルーツと一緒に楽しむか単体で食べるよう心がけると安心です。

まとめ

グレープフルーツを食べる女性

グレープフルーツは、実ひとつが大きく食べ応え十分な果物です。食べ合わせや飲み合わせ、腐敗サインには十分注意してグレープフルーツの風味を満喫しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
NGなグレープフルーツとは?

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる