洗濯機の中に洗濯物を放置するのが絶対NGな理由3選

洗濯機に入った洗濯物

日々いろいろな家事を同時進行させていると、仕上がった洗濯物を放置してしまった!洗濯物を洗濯機の中に放置してしまうと、菌が繁殖してしまい、マイナートラブルを招いてしまうかもしれません。カビの発生などのリスクも高まるので要注意!マイナートラブルを防ぐためにも、できるだけ洗濯物は早めに干してしまいましょう。

洗濯物の入れっぱなしはNG!

洗濯物を入れた洗濯機

毎日複数の家事を同時にこなしていると、洗濯が終わっていることを忘れてしまった!ついうっかりしてしまいがちなミスですが、洗濯機の中に洗濯物を放置してしまうのはNG行動といえます。

では、どうしてNGな行動なのかを見てみましょう。洗濯物を取り出し忘れたときのタイムリミットも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

洗濯機の中に洗濯物を放置するのが絶対NGな理由3選

洗濯物を取り出す様子

干し忘れて洗濯物が長時間放置してしまうのは、どうしてNG行為なのでしょうか。具体的な理由を解説します。

1.生乾き臭の原因になる

洗濯物の気になるニオイは、モラクセラ菌が原因です。この菌は常在菌といって、空気中にもいるほどどこにでもいるものですが、洗濯物に付着すると菌の数が急増!菌の急増に伴って、生乾きの気になるニオイも発生してしまいます。

菌が濡れた衣類で増殖しないためにも、できるだけ早く洗濯物を干してしまいましょう!

2.カビを招く

洗濯機の中に洗濯物を入れっぱなしにしてしまうと、洗濯機の中の気温が上がって菌が増殖し、洗濯槽にカビが発生するリスクが上がってしまいます。

また、洗濯物を取り出したあとは、洗濯機の中に水が多く残っている状態です。すぐにフタを閉めてしまうと、洗濯槽にカビが生えやすくなります。洗濯機の中から衣類を取り出したら、しばらくフタを開けて洗濯機の中を乾燥させましょう。

3.洗濯物がシワだらけになる

仕上がった洗濯物は、脱水まで完了して濡れている状態です。シワがたくさんついているため、早くシワを伸ばして、吊るして干してしまうのがベスト!

仕上がった洗濯物は、放置すればするほど衣類にシワが深くついてしまうため、最悪の場合シワが取れずに洗い直さなければならなくなってしまいます。二度手間を防ぐためにも、洗濯物はできるだけ早く干しましょう。

干し忘れのタイムリミットはどれくらい?

洗濯物の外干し

洗濯の干し忘れには、タイムリミットがあります。

  • 夏…1時間程度
  • 冬…2時間程度

夏は菌の増殖スピードが速いため、目安となるタイムリミット内の時間であってもニオイが気になったら洗濯物は洗い直すことをおすすめします。また、干し忘れていた洗濯物を広げてみたときにシワが深くついているときも、洗い直しが必要になります。

まとめ

仕上がった洗濯物の香りを楽しむ女性

洗濯物は、出来上がったらできるだけ速やかに洗濯機から取り出しましょう。取り出した洗濯物を放置してしまうのもNG!取り出した洗濯物は、早目に干してシワを作らないように仕上げましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
洗濯機に入った洗濯物

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる