ブレーカーが落ちた時に絶対してはいけないNG行為3選

ブレーカーを操作する女性

ブレーカーが落ちたら、室内が暗くなるため非常に困りますよね。だからといって、無理やりブレーカーの電源をオンにするのは非常に危険!今回は、ブレーカーが落ちたときにしてはいけない行為をご紹介します。ブレーカーの種類や、ブレーカーが落ちた原因についてもまとめているので、もしものときのために知識を蓄えておきましょう。

電気が消えたらどこのブレーカーが落ちているかチェック!

暗い部屋を照らす懐中電灯

いつもと変わらないように生活していただけなのに、いきなり家の電気が消えてしまうと驚きますよね。そんなときにすぐチェックするのがブレーカーです。まずは、ブレーカーの種類を知っておきましょう。

  • アンペアブレーカー…自宅で使用できる電気の総合的な量を管理
  • 漏電ブレーカー…自宅内の電気機器の漏電を察知して、電流を遮断
  • 安全ブレーカー…家の中の各部屋への電気供給量をコントロール

ブレーカーが落ちたら、上げればいいと思っているのは危険!ブレーカーが落ちたときにすべきではない行動を、事前に知っておきましょう。

ブレーカーが落ちた時に絶対してはいけないNG行為3選

ブレーカーに触れる指

「ブレーカーが落ちた=電気の使い過ぎ」と決め込んでしまうのは危険です。火事などを招かないためにも、NG行動を把握して事故を未然に防ぎましょう。

1.無理やりつまみを動かす

ブレーカーのつまみを無理やり動かすと、以下のようなことが起こる可能性があります。

  • つまみの破損
  • ブレーカーのオーバーヒート…火災を招く原因にもつながる

ブレーカーのスイッチが上がらないのには、なにか原因があります。力任せにブレーカーのつまみを持ちあげてしまうと、ケガや火災につながるので絶対にすべきではありません。いろいろと手を尽くしてもブレーカーのつまみが上がらないときは、専門業者に相談するのがおすすめです。

2.ブレーカーを何度も上げ下げして様子を伺う

ブレーカーを上げても下げても反応しないとき、つい何度もつまみを上げ下げしてしまいますよね。一見なにも起こっていないように見えますが、ブレーカー内では電流が流れたり止まったりするので非常に危険!

電源を上げ下げすること自体ブレーカーにとって大きな負担がかかるため、オーバーヒートを起こす原因になります。

3.ブレーカーそのものの異常を無視

ブレーカーから煙や異臭がしているにもかかわらず、継続使用するのは絶対やめましょう。ブレーカーは永続使用できるものではないため、異音や異臭などを感じたらすぐに業者に連絡して交換するべきです。故障するまで使い切ろうとすると、発火してしまい火事を招く可能性があります。

ブレーカーが落ちた原因を把握しよう

スマホを操作する女性

ブレーカーが落ちる原因は、以下のようなものが考えられます。

  • 電気の使い過ぎ
  • 漏電
  • 落雷…近くで落雷があった場合、漏電ブレーカーが落ちることがある
  • 停電

ブレーカーのスイッチが上がらない場合は、いったんスイッチを下まで押し切って、スイッチを上げてみましょう。それでもスイッチが動かない場合は、専門業者に連絡して対応してもらうのが一番安全で確実な対処法です。

まとめ

電気をつける様子

ブレーカーが落ちる原因は、いくつかあります。自宅のブレーカーが頻繁に落ちるのであれば、原因を追究して早めに対処しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ブレーカーを操作する女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる