絶対ダメ!スリに遭いやすい人に共通しているNGな特徴5選

通り際のスリ被害

観光地や満員電車など、人が集まる場所にはスリの出現率が高め!自分は大丈夫と思い込まず、しっかりと対策を練りましょう。今回は、スリに遭いやすい人の共通点をご紹介します。自分の持ち物などを見返し、あてはまっていないかチェック!スリに遭わないようするための注意点もまとめているので、参考にしてみてください。

生活の中に潜むスリ被害

スリが財布を盗む様子

観光や街中での移動、海外旅行など人が多い場所に出た際、スリには十分気を付けているにも関わらず、いつも狙われてしまう。実際に大切なものを盗られた経験があるという人は要注意!スリは多くの人の中から、ものを盗みやすい人を瞬時に見極めているのです。

今回は、スリの被害に遭いやすい人に共通しているよくない特徴をご紹介します。スリに遭わないような工夫も紹介しているので、初めての場所に出向く前にチェックしておきましょう。

スリに遭いやすい人に共通しているNGな特徴5選

女性のリュックから財布が抜き取られる様子

スリの被害に遭いやすい人には、どのような特徴があるのでしょうか。海外のみならず、日本の初めて行く観光地でスリに遭わないよう、対策を練りましょう。

1.スリが狙いやすいバッグを使っている

スリは、パッとものが取れるバッグを見つけ出して、音もなくものを盗みます。

  • リュックサック
  • チャック付きではないショルダーバッグ
  • 斜め掛けバッグ

チャックがついていたとしても、背中など自分の視野から外れた場所にバッグがある場合は、スリから狙われやすくなります。観光地などでは、バッグを体の前で抱えるようにして所持しておくと安心です。

2.ポケットに財布を入れている

ズボンの後ろポケットに財布やスマホを入れた状態で歩くのは、非常に不用心。電車などの混雑した場所であれば、すぐに貴重品が盗まれてしまうかも。スリに遭わなくても、落としてしまうリスクもあります。

チェーンなどをつけていたとしても、スリは中身だけを抜き取ることもできるので、ポケットに財布を入れて移動するのは危険です。

3.ブランド品を身に着けている

観光や旅行など、楽しみにしている場所に行くときは、思い切りおしゃれをして出かけたいものです。しかし、誰が見てもすぐにわかる、超有名ブランドのバッグなどを持ち歩くのはよくありません。

ブランド品はもともと高価なものなので、中古品としての買取価格は低くありません。ブランドのものを持っている=それだけの財力があり、所持金も期待できるとなると、スリからすぐに目をつけられてしまいます。

4.ながら歩きに集中している

初めての場所では、地図や観光案内のパンフレッド類が手放せませんよね。スマホにもたくさん情報が入っているため、つい手元に気を取られがち。

スリは、ながら歩きをする人を見逃しません。また、友人や恋人、家族との会話に夢中な人もターゲットになりやすいので要注意!

5.荷物で両手がふさがっている

遠い場所への旅行や出張などになると、自然と手荷物が多くなります。リュックに旅行ケース、お弁当などで両手がふさがりやすくなりがちですが、両手がふさがっているのはスリの目に留まりやすい傾向。

なにか盗んでもすぐに手が出せない、パッと相手の腕や服がつかめない状態はよくありません。できるだけ荷物はひとつにまとめ、お弁当などのゴミは近くのゴミ箱に捨てて片手は自由に使えるようにしておきましょう。

スリに遭わないために気を付けたいこと

財布からお金を抜き取る様子

外出先や旅行先でスリに遭わないよう、事前に対策を立てておきましょう。

  • ポケットに貴重品を入れない…財布・スマホ・パスポートなど
  • チャック付きのリュックやバッグを持つ…体の前で持っておくことが重要
  • 机や椅子にカバンを置きっぱなしにしない…通り際の持ち去りを防ぐ
  • 周辺の人や状況に目を向ける…視野を広く持ち、怪しい人から距離を取る

万が一バッグを盗まれたときのために、スマホやデジカメに自分のバッグと所持品すべての写真を撮っておくといざというとき重宝します。

まとめ

バッグから財布を奪う

初めて出向く場所は、必ずしも安全というわけではありません。今住んでいる場所にもスリが潜んでいるように、ほかの場所にもスリがいます。被害に遭うかもしれないことを想定して、自分の持ち物を守るよう工夫してくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
通り際のスリ被害

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる