人参の旬は何月ごろ?美味しい季節や選び方、おすすめの調理法まで徹底解説

3本のにんじん

多くの料理で活用できる人参は、まとめ買いしているというご家庭も多いでしょう。人参は通常、1年中スーパーで見かけますが、やはり旬の時期の人参が最も美味しいとされています。今回は、人参の旬の季節や美味しい人参の選び方、さらにはオススメ調理法を解説します。

人参はアンチエイジングにも効果のある定番食材

カゴに入った複数のにんじん

人参は炒めたり茹でたり、カレーや汁物の具材にと、幅広く活躍する野菜です。常に大量にストックして、おかずに困った日には人参だけでもう1品作るという方も多いのではないでしょうか。

そんな大活躍の人参ですが、実は栄養素がたっぷり詰まっていることをご存知でしょうか。

  • β-カロテン
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • 食物繊維
  • カリウム

これらの栄養素が豊富に含まれています。β-カロテンは、抗酸化作用があるため老化防止に効果があり、ビタミンA、ビタミンCは髪や皮膚の健康を維持したり、コラーゲンを生成することで美肌効果が期待できます。

このように、人参は積極的に取り入れることで、アンチエイジング効果が期待できる上、塩分の排出を促す働きもあるため、女性に嬉しい効果が多く期待できる食材なのです。

人参の旬はいつ頃?美味しい季節や選び方を徹底解説!

にんじんの収穫

女性に嬉しい健康効果が期待できる人参は、一般的に1年中スーパーで見かけます。しかし、人参も旬の時期のものが最も美味しいので、ぜひ旬の時期に意識して人参を取り入れてみてはいかがでしょう。

通常の人参は秋〜冬が旬!10〜12月が美味しい季節

私たちが普段よく食べている人参は、西洋人参と言われる種類です。この一般的な人参は、秋から冬にかけて旬の時期を迎えます。10月から12月が旬の時期となり、より人参が美味しい時期になるので、この時期に人参をいただきましょう。

旬の人参は、通常よりも甘みが強く出る傾向にあります。人参が苦手な人でも、普段より甘みの強い人参は食べやすいので、小さなお子様がいるご家庭などでは、この時期に積極的に取り入れてみると良いでしょう。

美味しい人参の選び方

ざると5本のにんじん

スーパーには多くの人参がずらりと並んでいます。その中から、美味しい人参を見極めるポイントを紹介します。

  • 滑らかでツヤがある
  • 茎の切り口が茶色く変色していない
  • 茎の切り口の軸部分が小さい
  • 赤みが濃く色鮮やか

以上の4つのポイントを押さえている人参は、新鮮で甘みが強く、栄養がたっぷり詰まった人参です。せっかく人参をいただくのであれば、美味しくて栄養たっぷりな人参を厳選していただきましょう。

栄養も逃さない!人参のおすすめ調理法を紹介

にんじんのスライス

最後に、人参のおすすめ調理法を紹介します。人参は調理法によって、甘みが引き出されたり、栄養を効率的に吸収できたりします。食べるのであれば、効率的に栄養を吸収しつつ、美味しく食べたいですよね。ぜひ以下の調理法を実践してみましょう。

皮には栄養たっぷり!人参の皮も活用して

にんじんのスライス

人参を調理する際、皮を剥いて捨ててしまう人が多いですが、実はこの行為はとても勿体無いです。人参の皮には栄養が豊富に含まれているので、人参に含まれている栄養を効率的に吸収するためには、人参の皮も活用することをおすすめします。

人参の皮は、みじん切りにして具材として活用したり、人参の皮を綺麗に向き、オリーブオイルと塩で塩もみするだけでも美味しい副菜に早変わりします。このように、皮は捨てずに有効活用するようにしましょう。

油を使って調理すると栄養素の吸収率が上がる

人参に含まれているβ-カロテンやビタミンAは、油を使うことで人参から溶け出し、より効率的に吸収できるようになります。そのため、油を使い炒め物や和え物にすると、人参に含まれる栄養をより吸収しやすくなり、健康維持に効果を発揮します。

茹でたり焼いたり…しっかり加熱して甘みUP

にんじんのボイル

食材によっては、茹でたり焼いたりと加熱することで栄養素が逃げ出してしまうものもありますが、人参はそうではありません。むしろしっかり加熱することで、人参の甘みをより引き出すことができます。

さっと加熱するだけでは人参の生臭さが残ってしまいますが、油でしっかり炒めたり茹でたりすることで、人参の持つ自然な甘みを強く出せるので、小さなお子様でも美味しく食べられるようになります。

お湯で茹でた時は茹で汁も活用するのがオススメ

人参をお湯で茹でた際は、お湯にも人参に含まれていた栄養素が溶け出しています。そのため、茹で汁も捨てずに、そのまま汁物として活用することをおすすめします。

野菜スープにしたり、あんかけにしたりと様々な活用法があります。人参の出汁が取れているので、お茶漬けのお湯として活用するのもおすすめですよ。

人参は旬の時期のものを選んで美味しく食べよう

カゴに入ったにんじん

いかがでしたでしょうか。旬の時期の人参は、通常より甘みが強く、栄養価も高いものが多いです。人参をより美味しく食べるためにも、新鮮で美味しい人参を選び、人参にあった調理法を実践することをおすすめします。

この記事のタイトルとURLをコピーする
3本のにんじん

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる