鉄瓶の白湯がまずいと感じるのは体内の毒素のせい?

鉄瓶と白湯

白湯をまろやかにおいしくするには鉄瓶で沸かすのがよいといわれています。しかし「鉄瓶の白湯はまずい」と感じることはありませんか?なぜ鉄瓶の白湯がまずいと感じるかはいくつか理由があります。ここではまずいと感じる理由についてご紹介します。

鉄瓶で作る白湯がまずいと感じる理由

白湯がまずいと感じる女性

鉄瓶で沸かした白湯は「まろやかでおいしい」という意見が多数ですが、実際は「まずい」と言う人もいます。鉄瓶で沸かした白湯がまずいと感じる理由は2つ考えられます。

赤さびや水アカ

鉄瓶で沸かした白湯をすぐにポットなどに移さず鉄瓶の中にいつまでも残しておいたり、鉄瓶の中に水気をのこしている状態のままにしていると、赤サビや水アカの強いニオイが白湯に移ってしまいます。

腸内環境が悪い

鉄瓶に赤さびや水アカや汚れも無く鉄瓶の状態は良いのに白湯の味がまずいと感じる場合、腸の健康状態がいまひとつ良くないことがあるようです。ひとつの健康状態の目安として意識しておくと良いかもしれませんね。

【鉄瓶とは?】
日本での鉄瓶の歴史は古くおよそ600年前には使われていたのではと言われています。鉄瓶は名前の通り鉄製なので沸かしたお湯に鉄分が溶けこむため、体内に鉄分が程よく吸収されます。女性は鉄分が不足しがちなことから、健康のために鉄瓶で白湯を沸かして楽しむ人が増えてきているそうです。

鉄瓶で白湯を作る方法

鉄瓶と白湯

まずい白湯にならないために、鉄瓶を使っておいしい白湯を沸かすにはいくつかのコツがあります。

白湯の作り方

  1. 水を入れた鉄瓶にふたをして強火で沸騰させます。
  2. 沸騰したらいったん弱火にし、ふたを取ってさらに沸騰させます。
  3. 弱火で10分間沸騰させたら火を止めて出来上がりです。

白湯の飲み方

出来上がった白湯は50℃~60℃程度の温度になるまでまってから飲むようにしましょう。あくまでも目安ですが、カップを触ったときに人肌程度のあたたかさの温度感になったら飲み頃です。

白湯は一気に飲み干すのではなく、15分くらいかけて飲むようにするのもコツのひとつです。

白湯の飲み過ぎはダメ

いくら健康に良いと言われる白湯でも飲み過ぎには注意しましょう。

飲み過ぎると体に必要なものまで排出してしまい、胃液が薄まり過ぎて消化不良の原因になったり、水分の取り過ぎでむくみの原因にもなってしまいますので注意しましょう。

また、食後すぐの白湯は消化を遅らせる原因になることがあるので、食後30分は控えるようにしましょう。1日の白湯の適量は800ml程度が良いと言われています。

白湯で入れたものがおいしくなる!

鉄瓶で沸かした白湯は鉄分がふくまれるだけでなく、味がまろやかになり飲みやすくなると言われています。緑茶や紅茶、コーヒーもこの白湯で淹れたものを飲んでみると、角が取れたまろやかな風味で断然味がよくなるそうです。

この白湯をさまして炊いたお米は、鉄瓶から出てきた鉄分の影響で、固めの炊きあがりになるようです。こちらはお好みで試してみるとよいかもしれませんね。

鉄瓶で作った白湯の効果

便秘改善イメージ

鉄瓶の白湯には健康に良いさまざまな効果があります。

便秘改善

人間は水分が不足すると便秘になりやすくなります。その原因は内蔵の消化機能が弱まり便が出にくくなるからです。そんなときは白湯を飲むことでお腹の内臓が温められて腸の動きが活発になり便秘の改善に効果があります。

ダイエット効果

白湯を飲むとダイエット効果が期待できます。白湯を飲むことで体内の基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすくなるので痩せやすい体質になったり、体のむくみなどにも効果があります。

美白・美肌効果

白湯を飲むことで腸内環境を整え、体の中の老廃物を出しやすくなるので腸内がきれいになり美白や美肌に効果があります。

2日酔いに効く

2日酔いの主な原因はアルコールによる胃の内部が荒れることです。2日酔いになると脱水症状になる可能性がありますが、冷水を飲んでもあまり効果がありません。白湯を飲むと胃の内部が荒れるのを抑えることができ2日酔いの改善におすすめです。

風邪を引いてる時

風邪を引いたとき薬は白湯を飲む方が効果があります。白湯を飲むことで胃を温めることができ血液の流れをよくするので薬の吸収が早くなり薬の効果が上がるからです。

白湯にはデトックス効果があるので体内の悪い老廃物を出しやすくなるのでおすすめです。

鉄瓶で白湯を作った後のお手入れ方法

白湯を沸かす

鉄瓶でまずい白湯を作らないために鉄瓶を使った後のお手入れ方法についてご紹介します。

鉄瓶を使う前にすること

買った鉄瓶を最初に使うときは内部に付着した不純物を取り除くことが大切です。

<洗い方>

  1. 鉄瓶の中に水を入れて軽くすすいでから水を捨てます。
  2. 鉄瓶の中に水を入れて弱火にかけます。
  3. 鉄瓶の中の水が沸騰したら火を止めてお湯を捨てます。
  4. 鉄瓶で沸かしたお湯の濁りや、鉄のにおいがなくなるまで上記②③を繰り返しましょう。
【 注意 】
お湯が吹きこぼれる可能性があるので蓋は少しずらしてから沸かしてください。また持ち手は熱くなるのでやけどには注意してください。

鉄瓶を使い終わった後にすること

鉄瓶を使い終わったら必ず鉄瓶の水分をしっかり取り除きましょう。

<洗い方>

  1. 鉄瓶で水を沸かしたらなるべく早く中のお湯を別の容器に移しましょう。
  2. 鉄瓶の蓋を開けて余熱で鉄瓶内にある水分を飛ばします。
  3. 鉄瓶内にある水分が乾いていない場合、弱火で10~20秒ほど空焚きします。
  4. 鉄瓶の表面や蓋についた水滴は乾いた布巾かタオルなどでよく拭いてください。
【 注意 】
鉄瓶を熱したあと急激に冷やすと割れてしまう可能性がありますのでよく冷ましてから洗ってください。鉄瓶の内部は錆びにくい構造になっていますが、強くこすったり洗剤を使用すると内部が傷ついて錆が発生する可能性がありますので注意しましょう。

 最後に

鉄瓶と白湯

鉄瓶の白湯にはさまざまな効果がありますので改善したいと思うことがありましたらぜひ白湯を飲んでみましょう。

<鉄瓶の白湯の効果>

  • 血行が良くなる
  • 余分な水分を排出する
  • ダイエット効果がある
  • 便秘が改善する
  • 肌荒れに良い
  • 冷え症の改善
  • 寝起きが良い
  • むくみがとれる

健康で美味しい鉄瓶の白湯をぜひ飲んでみてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
鉄瓶と白湯

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる