冷凍に向かない果物5選!食感や味が悪くなることも

259889407

果物のなかには冷凍することで栄養価が高くなったり、長期保存できるようになるものがありますが、逆に食感や味が悪くなるものもあります。そこで今回は冷凍に向かない果物を5つ紹介します。

1.すいか

239693322

すいかの大半は水分です。そのため冷凍して解凍すると水分がぬけてパサパサとした食感になってしまいます。すいかを冷凍したら解凍せずにそのまま食べるのがおすすめです。シャーベットのような感覚でシャリシャリと食べられます。

2.りんご

144726846
りんごは日持ちするため大量に購入したり、箱入りでいただくことも多い果物です。しかし食べきれずに腐らせてしまったことがある方も多いのではないでしょうか。そんなりんごを冷凍できたら便利ですが、りんごは解凍すると水分が抜けてブヨブヨとした食感になってしまいます。

りんご本来のシャキシャキ感を味わいたいのであれば、生のまま食べたほうがおすすめです。冷凍した場合は、すりおろしてシャーベットにしたり、ジャムにしたりすることをおすすめします。

3.梨

90428383

水分が豊富でジューシーな梨は秋が旬の果物です。日持ちしないため冷凍保存をしたいと考える方もいますが、梨は冷凍して解凍するとシャキシャキとした食感が失われてしまいザラザラとした食感が口に残ってしまうこともあります。

梨を冷凍した場合は砂糖で煮てコンポートにしたり、凍ったまま食べることをおすすめします。

4.キウイ

251911150

栄養価が高く手軽に食べられるキウイはおやつや朝食でも定番の果物ですが、「熟すのを待っていたら、食べきれなくなってしまった」という方も多いでしょう。

キウイを冷凍して解凍するとドロッとしてしまうことがあります。とくに完熟のキウイは解凍するとドロッとした食感になりやすいようです。キウイは硬い固い状態で冷凍するとよいでしょう。細かくしてヨーグルトにかけたり、スムージーに使ったりして食べることをおすすめします。

5.マンゴー

52874381

南国気分を味わえるマンゴーは濃厚な甘さとトロッとした食感が魅力の果物です。1個の量が多いので食べきれないこともあるでしょう。

マンゴーを冷凍して解凍するとドロッとしてしまい食感が悪くなります。マンゴーを冷凍するのであれば1時間ほど冷蔵庫に移して半解凍で食べるのがおすすめです。シャーベットのように食べたり、スムージーに入れたりするのもよいでしょう。

冷凍に向かない果物は食べ方で工夫しよう

107569049

果物のなかには冷凍して解凍することで食感が変わってしまったりおいしくなくなってしまったりするものがあります。新鮮なうちに食べるのがベストですが、どうしても冷凍保存したい場合は食べ方を工夫しましょう。
解凍して食べるのではなく、冷凍のまますりおろしたり煮たりすれば新しい味わいを楽しめますよ。
この記事のタイトルとURLをコピーする
259889407

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる